日本人に多い貧血

日本は貧血の人が多い国と言われています。
特に女性や子どもに多く見られます。 
貧血は鉄不足とタンパク質不足が原因の場合が多いので、鉄分とタンパク質の豊富な食べ物を摂ることが大切です。

なぜ貧血の記事を書くのかというと、体の痛みと貧血は密接な関係にあるからです。

貧血とは

貧血とは、赤血球やヘモグロビンの量が少なくなり、酸素不足になる状態です。

貧血にはさまざまな種類がありますが、もっとも多いのは鉄欠乏性貧血です。

鉄欠乏性貧血は、世界保健機関(WHO)が公衆衛生の重大な問題と位置づけをしている「疾患」です。そのため、多くの国では食品に鉄分を添加することや、サプリメントを摂取することなどで、鉄欠乏性貧血の予防や治療を行っています。

鉄欠乏性貧血の原因は、食事や出血による鉄分の不足です。
貧血の症状は、頭痛やめまい、肩こりや手足の冷え、息切れや動悸、倦怠感や冷え性などです。
重度の場合は失神や心不全を起こすこともあります。

貧血の診断は、採血検査で行われます。
貧血の治療は原因によって異なりますが、鉄欠乏性貧血では鉄剤や鉄分補給剤を服用したり、鉄分の多い食事を摂ったりします。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

健康に役立つ情報をお届けします^^

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事