pickup記事

60代男性、2ヶ月前より右足踵に痛みがあり、近くの医療機関でレントゲン検査をしたところ踵の骨に骨棘が見つかり、「足底腱膜炎」と言われ、加齢のために発生しているもので、痛みと付き合っていくしかなく、治らないと言われたそうです。

先程いらっしゃって見てみたのですが、足裏と足の甲、すねの部分に圧痛がありました。腰から足にかけて柔らかくなるように刺激したらその場でかなり痛みは引いたそうです。

筋肉が痙攣してつっているだけなんですよね。これを筋筋膜性疼痛症候群といいます。首や腰、手や足にでてくる痛みやしびれは多くがこの筋筋膜性疼痛症候群です。

よく話を聞いてみたら痛みが出始める頃に靴を新調して痛かったけど我慢して歩いていたそうです。恐らくそれが原因でなかなか引かない痛みになってしまったのでしょう。

治せる方法を持たない、知らない方から見れば「治らない」になりますし、治せる方法を持つ、知っている方から見れば「治る」になりますね。

痛みは電気現象ですから、痛みがあるということはどこかで痛みセンサーが興奮しているということです。

骨棘は痛みセンサーを興奮させるのでしょうか!?

骨棘があって指摘されている方でも痛みがとれる方はたくさんいますがどうしてでしょうか!?

どこの痛みやしびれにしてもそうですが、人から言われて「はいそーですか」と鵜呑みにしてはダメですよ。

Wellness, Massage

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

健康に役立つ情報をお届けします^^

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事