pickup記事
backache - isolated on white digital composition

70代の男性Aさん、2年前の9月に中腰で作業をしてから腰から両足が痛くて悩んでいました。整形外科にてレントゲン撮影をしたところ脊柱管狭窄症との診断を受け、服薬で治療をしていました。歩くと足が痛みますが、自転車をこぐのは平気です。

当院にいらっしゃった時は痛みで体が傾いていました。
オオカンガルー

疼痛性側湾ですね。
痛みで筋肉が緊張して傾いた状態です。
痛みが改善してバランスがとれれば傾きは改善します。

その他は腰を伸ばすのがキツイのと、骨盤の仙腸関節周囲にブヨブヨした腫れがありましたが、神経脱落症状はありませんでした。体のアチコチに押すと痛む場所があります。

もしかしたら筋膜性疼痛症候群かもしれないと判断して施術を開始しました。

2回目の施術までは施術後改善するのですが、時間が経つと痛みが戻ってきていました。3回目の施術後からは徐々に回復し始め、4回目の施術後には大分回復したようです。

お忙しい方なので疲れがたまると痛みが出てきますから現在は定期的に施術しています。

最近は筋膜性疼痛症候群についてテレビや雑誌でも特集されているのを目にするようになりました。

痛みの特効薬は「情報」だと言われています。

痛みに対する古い知識、考え方はアンインストールして新しい知識、考え方をインストール、痛みとはサヨナラしたいですね(*^^*)

症候性の腰部脊柱管狭窄症患者をランダムに外科的減圧術群と六週間の理学療法群に割付、二年後の身体機能を比較した臨床試験で両群に有意差がないことが明らかになった。両群とも二年後に身体機能が同程度に回復しており、効果に男女差は見られなかったという。米Pittsburgh大学のAnthony Delitto氏らが、Annals of Internal Medicine誌2015年4月7日号に報告した。 http://annals.org/article.aspx?articleid=2214174

とまあ、こんなデータもあります。

脊柱管狭窄症で苦しんでいる方、多いですよね。
手術するのか、保存的に治療するのか、様々なデータを集めてよく考えてくださいね。

おすすめの書籍
[amazonjs asin="4393713753" locale="JP" title="腰痛ガイドブック 根拠に基づく治療戦略(CD付)"] [amazonjs asin="4393713281" locale="JP" title="サーノ博士のヒーリング・バックペイン―腰痛・肩こりの原因と治療"] [amazonjs asin="4331519880" locale="JP" title="トリガーポイント療法でツライ痛みが解消するーーーーその腰・肩・ひざの痛み治療はまちがっている! (廣済堂健康人新書)"]

Orthopäde, Rückenuntersuchung

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

健康に役立つ情報をお届けします^^

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事