pickup記事

痛みの九十%ぐらいは自己限定生であるということ、痛みは常に健康不良のしるしとは限らないということ、また痛みはたいていの場合、緊張、ストレス、煩悶、怠情、倦怠、欲求不満、内攻した怒り、睡眠不足、暴飲暴食、不均衡な食事、喫煙、運動不足、換気不足、その他現代社会で人体が遭遇する一切の悪条件の結果であることなどについての知識ははるかに乏しい。痛みを除く最善の道は、その原因となっている悪条件を除くことだが、痛みについてのあらゆる事実の中でこれほどおざなりにされている事実はない。

ノーマン・カズンズ著「笑いと治癒力」より

痛みは自己限定生で、特に治療しなくてもある一定の経過を経て終息する事が多いということですね。

痛みはストレスととても関係があります。(不安、恐怖など)このブログを見てうちにいらっしゃった方にはそれを説明しやすいですが、それ以外の方は説明しづらいですね。

大抵の方はストレス=心理社会的要因を複数お持ちです。

これが原因で各種症状で悩まされるのが一番多いんです。大抵の方はこの話をしなくても治療すれば軽快しますから、それをきっかけに治癒していくものです。痛みは外からの刺激に良く反応しますからね。

どこへ行っても改善しない、なにをしてもダメという方は生物学的損傷が痛みを引き起こすことは稀であること、心理社会的要因が原因で起こされるものが多いということを理解する必要があります。

本日も3度の治療で反応が悪かった方に不安やストレスに感じていることはないかと聞いたところ、色々とありました。その事を話した途端に少し楽になったそうです。

そうです、痛みは内に秘めた怒りや不安が生理的機能を傷害して発生するものが多いのです。緊張して下痢したり具合が悪くなったことあるでしょう?

治療が成功するか失敗するかはここを理解できるかできないかにかかっていると言っても問題ないぐらい、これは重要な事なのです。

この事実にいい加減に気づく時がきています。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

健康に役立つ情報をお届けします^^

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事