pickup記事

体の声を聞くようにした方が良いかもしれません。

日常体に現れる症状とは体の声(警告信号)です。

busy_woman

寝不足や働き過ぎ、暴飲暴食などを繰り返していると様々な不調が体に現れると思います。最初はなんてことのない小さな症状であってもその声を聞いて対処してくれないと体は更に強い信号(症状)を出すようになります。

頭痛、めまい、吐き気、脱力、発熱、皮膚の発疹、体の痛みやしびれ、寝れなない(寝にくい)、口が渇く、多汗、のぼせる、便秘、下痢、アゴが痛いなど、具合が悪いなと感じ取れたらいつもより少し体を気遣ってあげてください。

ashiyu

  • いつもより少し早く寝る。
  • いつもよりテレビやスマホをいじる時間を減らす。
  • 冷たいものや冷たい飲み物は飲まない。
  • しっかりと湯船に浸かり体を温める。
  • 暴飲暴食は避け体に優しい物を食べる。
  • 農薬や殺虫剤などの化学物質はなるべく頼らないようにする。

病気になってから対処するよりも、病気にならないようにすることのほうが本当は大事ですよね(^^)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

健康に役立つ情報をお届けします^^

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事