pickup記事
【ようこそ疼痛マネージメントネットワークへ】

【ようこそ疼痛マネージメントネットワークへ】
(オーストラリア ニュー サウスウェールズ州保健省制作)
http://goo.gl/phWj46


オーストラリアでは、5人のうち1人の人々が慢性痛を持っています。
多くの人々が、あなたと同じように慢性痛によって日常の簡単な活動さえ妨げられてしまっています。
また、周りの人が彼らの窮状を理解してくれないと分かり、孤立と孤独を感じます。
もし、あなたもそうなら、このウェブサイトがぴったりです。
このウェブサイトは、疼痛患者と医師(GP)、その他多くの医療専門家の充分な議論の上で作られました。
これは、最新の科学的研究の成果をまとめています。それは希望のメッセージ、それは慢性痛の治療成果を本当に変えることができる新しい知識と新しい技術のメッセージです。
このウェブサイトに載っている全ての情報が、こうやって慢性痛をもつ人たちに提供されていることは、一般医としてとても嬉しいことです。
これは,じっくり取り組んで全ての情報を1回のセッションで理解しようなどとしなくてもよいように作られています。
好きな時にいつでも戻ってきて,数日,あるいは数週間かけて見たっていいのです。家族や友人にウェブサイトを見てもらうのもいい考えですね。
家族や友人が痛みの仕組みについて理解し、あなたにできる方法で痛みを管理することについて分かっていくにつれて、彼らはあなたがすることをサポートできるからです。
このウェブサイトの情報があなたの役に立つことを願っています。質問があれば、遠慮なく医師や医療専門家に質問してください。我々は、あなたを助けるためにいるのです。
これによって、人生の全く新しい可能性が開きました。それまでは、人生の終わりみたいに感じていました。
しかし今は違います。新しい人生の始まりです。
半年前の私には想像もできなかったでしょう…今日みたいな、状況になれるだなんて。
だんだん簡単になるとは思いもしませんでした。
私は、希望を失ってはいけないと学びました。必要なのは、だんだんと管理できるようになる、少しずつよくなると信じることなのです。
私が学んだのは、自分が痛みをコントロールできるのだということでした。そしてそのことで、私の人生、私ができることは大きく改善されました。
私は基本的には自由な人間だったのです―12ヵ月前、慢性痛という独房に捕えられていましたが。
今も痛みはあるし、これからもなくならないでしょう。でも素晴らしいことに、痛みをコントロールでき、痛みに私をコントロールさせず、十分に自分の人生を送ることができ、より質の高い生活を送ることができるのです―私たちがいつもやっている簡単なことを行うだけで。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

健康に役立つ情報をお届けします^^

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事