pickup記事
3d rendered illustration of an active receptor

久喜市よりお越しのAさん、以前より腰痛と左下肢に痛みがありました。来院する3ヶ月前より痛みが強くなり、整形外科を受診したそうです。整形外科さんでは椎間板ヘルニアと脊柱管狭窄症と言われたそうです。

当院受診時は痛みで体が曲がっていました。疼痛性側湾ですね。その他腰の伸展制限、筋肉の圧痛が多数ありましたが、神経脱落症状はありませんでした。

先ほど4回目の施術をしましたが、大分良くなってきたそうです。現在30分ほど歩くと痛くなりますが、今後歩ける距離と時間も回復とともに伸びていくと思います。

色々な病名が存在しますが、痛みの本態は実は筋肉や靭帯などからだったというのはよくあることです。ですからうちでの施術で回復するのです。

関節や神経ばかりに目が行き、肝心な軟部組織の異常は注目されていないのです。もっと筋肉や靭帯、皮膚などの異常に目を向けてはいかがでしょうか。

今年も残り僅かですね、皆さん今年はどんな年だったのでしょうか(^^)

skeleton holding something

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

健康に役立つ情報をお届けします^^

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事