おすすめ記事

肩の痛みで来院する方はたくさんいます。

多くは野球肩や四十肩・五十肩ですが、腱板断裂でいらっしゃる方もたまにいます。

腱板とは主に棘上筋腱の事を指しますが、この腱板は年齢とともに切れている方が増えていきます。痛みがあって腱板が断裂していても痛みが発生する前に元々切れていたかもしれませんし、そうでないかもしれません。

○無症候性肩における腱板完全断裂の頻度
造影による腱板断裂の頻度を調べたところ、125肩のうち腱板完全断裂を認めたものは44肩,35.2%であった。

腱板断裂があっても痛くない方はたくさんいます。もちろんスポーツなどで怪我して断裂した場合は痛いのですが。

肩痛の多くは侵害受容性疼痛ですから、痛みのセンサーが興奮しているのです。筋肉や靭帯、関節包の受容器を正常化すれば一部を除き痛みは改善していく例がほとんどですから、いつの間にか断裂していた腱板は痛みの原因にはなりにくいので、(ほとんどないと思いますが)気にしなくていいと思います。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

健康に役立つ情報をお届けします^^

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事