pickup記事
腰椎ヘルニアは怖くない 早く治すための対処法
ポイント

腰椎椎間板ヘルニアは、背骨と背骨の間にある椎間板が後ろに出っ張ってしまい、神経を圧迫して痛みやしびれなどの症状を引き起こすとされてきましたが、
・腰痛未経験の人をMRI撮影しても8割近くにヘルニアが見つかること
・ヘルニアがあっても数ヶ月で白血球のマクロファージに食べられて小さくなること
・画像検査をすると不安を与えてかえって治りが悪くなること
・手術してもしなくても数年後には自然治癒と変わらないこと
などが分かってきて考え方が変わってきています。
各国の診療ガイドラインでは危険信号(レッドフラッグ)の無い腰痛に画像検査は勧めれられないとされています。
痛みは単純では無く、様々な要因が重なって影響しあって続いています。
それらを知り、適切に対処しましょう。

腰椎ヘルニアはあっても心配いりません

腰椎ヘルニアは痛みのない方にも普通に見られる変化です。
触っても分からない知覚麻痺、動かしづらいなどの運動麻痺、尿や便が漏れる、出ないなどの馬尾症候群が無ければ心配いりません。

腰や足に痛みやしびれが起き、病院でMRIを撮影したら椎間板ヘルニアと言われてショックを受ける方は多いようです。
ネットや書籍などで調べればろくな情報が書いてない・・・、そりゃ不安やストレスに悩まされますよね。
もしかしたら椎間板ヘルニアに対してもう治らないとか、ずっと付き合っていかなければならないと考えている方もいるかもしれません。

ポイント

ヘルニアは痛みのない人にも普通にある
麻痺が無ければ心配ない

椎間板ヘルニアは背骨と背骨の間にあるクッションの役割をする「椎間板」が後方に出っ張ってしまい、神経を圧迫することによって痛みやしびれを引き起こすと説明されています。そのため、医療機関によっては手術を勧めたり、手術が嫌なら騙し騙し付き合うしか無いなどと説明されているようです。

しかし、近年(もうだいぶ昔ですが)の研究によって、腰痛がなくても椎間板ヘルニアは普通に見られること、出っ張った椎間板ヘルニアを体内の組織が食べてくれるので小さくなっていくこと、手術しなくても問題なく治ることが多いことが分かってきました。

椎間板ヘルニアは腰痛を経験したことが無くてもMRI撮影で80%近くに写る

1995年に医学界のノーベル賞にあたるボルボ賞を受賞した有名な研究論文では、腰痛を一度も経験したことが無い方46名をMRI撮影したところ、そのうちの76%に腰椎椎間板ヘルニアを認め、85%が椎間板が潰れていたそうです。繰り返しますが、腰痛を一度も経験したことが無い方をMRI撮影しています。
https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/8747239

ポイント

腰椎椎間板ヘルニアは腰痛未経験でも8割近くに写る自然な変化

椎間板ヘルニアは自然に消える

椎間板ヘルニアは大体2~3ヶ月で自然に小さくなることが少なくありません。
飛び出した椎間板ヘルニアが小さくなって消えてしまうのです。

これは白血球のマクロファージという細胞の働きによるものです。
マクロファージは体内の壊れた組織や、体内に侵入した細菌などの異物を捕らえて掃除してくれる、体内の掃除屋さんです。
このマクロファージが飛び出してしまった椎間板を食べてくれるというわけです。

腰椎椎間板ヘルニア診療ガイドライン 改訂第2版
https://minds.jcqhc.or.jp/n/med/4/med0017/G0000309/0015

ポイント

椎間板ヘルニアは数ヶ月するとマクロファージに食べられて小さくなる

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

健康に役立つ情報をお届けします^^

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事