pickup記事
脊椎分離症、腰痛と痛み、スポーツ

腰椎分離症という疾患があります。脊椎の椎体と椎弓の骨の連続性が断たれてしまい、離れてしまった状態を「腰椎分離症」といいます。原因は色々と言われています。使いすぎによる疲労骨折、外傷性、先天性のもの。

レントゲン検査して分離部を見せられるといかにも痛そうですね。しかし、分離していても痛みがない方がいるのはご存じですか。

こんな論文があります。

・18~50歳までの腰痛患者807名と健常者936名を対象に、腰部X線撮影で脊椎分離症の検出率を比較した結果、腰痛患者群は9.2%、健常者群は9.7%だった。脊椎分離症が腰下肢痛の原因と考えるのは非論理的ではないのか?http://1.usa.gov/j2Jw5aTMSJAPAN長谷川先生より提供

TMSJAPAN

腰痛持ちのグループと、健常者のグループ、どちらも同程度脊椎分離症が認められたというものです。

・画像検査で確認できる脊椎すべり症、脊椎分離症、腰仙移行椎、変形性脊椎症、潜在性二分脊椎、ショイエルマン病は腰痛とは無関係で、全腰痛患者の85%以上は原因が特定できない非特異的腰痛(van Tulder MW et al Spine 1997)

TMSJAPAN

画像検査とはレントゲン、CT、MRIなどのことです。画像検査では腰痛の原因は85%以上が特定不能ということです。

・青少年の脊椎分離症、すべり症が腰痛の原因となることはまれである
脊椎分離症、辷り症が青少年のスポーツ選手にみつかると、その選手の将来性に関して悲観的な説明をしがちであるが、それは間違いである。Muschikはプロのバレェダンサーの分離辷り症を検索したところ、被験者の32%に発見した。しかし、腰痛の発症率は分離辷り症のないダンサーの腰痛発生率と差がなかったという。また、青少年のスポーツ専門学校で平均10.1%のすべり度をもつ86症例に数年間の集中的トレーニングを行ったが、5年経過の間に腰痛を生じた者はいなかったという。このことから青少年の脊椎分離症、辷り症と腰痛の関係はないといってよい。 

「整形外科プライマリケアハンドブック」より

そもそも痛みが出た日に分離したのか、それ以前から分離していたのか、証明することはできません。

脊椎分離症は疲労骨折と言われていますから、分離した当初は痛いと思います。しかし時間が経ったものは分離していてもしてなくても痛みは発生しないのだから、くっつけることに一生懸命にならなくてもよいとは思いませんか。

分離しているから痛いというのは誤った思い込みですよ。

あなたの痛みは本当に分離症による痛みなのでしょうか。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

健康に役立つ情報をお届けします^^

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事