pickup記事

当院のホームーページには便利な機能が付いていて、どのような検索キーワードで訪れたのか分かるようになっています。便利ですね、つけてもらったのですが使いこなせません(笑)

先日このページを見ていたら「異常がないのに痛みがある」というキーワードで訪れた方がいました。

異常がないのに痛みとは?
恐らくレントゲンやMRIの画像上の異常の事だと思いますが、レントゲンやMRIなどの静止画の検査は骨折や悪性腫瘍、感染症などの特異的な疾患を鑑別するものです。

椎間板ヘルニアや脊柱管狭窄症があっても必ず痛みがあるわけではありません。

運動器に発生する痛みはそのほとんどが侵害受容性疼痛といって、痛みセンサーが興奮することにより発生します。痛みセンサーの異常は可視化できません。ですから痛みがあっても画像所見は異常がない事が多いのです。

もうすでにその事を知っている方も多いですが、制度上の問題でなかなかうまく行きませんね。

行政側に制度を変更してもらう必要があると思いますが、まあ期待できないでしょう。

ですから、痛みの難民にならない為には患者さん自身の痛みに対する知識のアップデートが必要になってくるのです。

これはとても重要です。

腰痛になったことも足の痛みも経験したことのない健康な方67名を対象にMRI検査で腰を調べた結果、椎間板ヘルニア、脊柱管狭窄症、椎間板変性、変形性脊椎症などの構造の異常はごく一般的な所見であることが判明した。
http://1.usa.gov/10SgXcQ

TMSJAPAN

新潟がんセンターの整形外科が行なった研究によると、非内包性椎間板ヘルニアは手術をしなくても約8週間で自然に消える事実が判明し、椎間板の手術の年間件数を50%低下させることに成功。
http://p.tl/Nipw

TMSJAPAN

椎間板ヘルニアと診断された強い腰痛と下肢痛を訴える方46人と、年齢、性別、職業などを一致させた症状の無い健康な方46人の腰部椎間板をMRIで比較した結果、健康な方の76%に椎間板ヘルニアが見つかり、85%に椎間板の変性が確認された。http://1.usa.gov/iN3oKG

TMSJAPAN

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

健康に役立つ情報をお届けします^^

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事