pickup記事
3d rendered toon character - cute baby

1997年、オーストラリアのビクトリア州にてメディアによるキャンペーンが行われました。

タイトルは「腰痛に屈するな!」最新の科学的根拠に基づき、腰痛は重篤な疾患では無いこと、危険信号(レッドフラッグ)の無い場合、画像検査も不要で予後が良好であること、腰痛があっても日常生活を維持するように、安静にしないで仕事を続けるようにと訴えかけました。

「The Back Book」から抜粋したメッセージを新聞やテレビなどで告知し、さらにこのThe Back Bookを配布したところ、医療費が33億円削減でき、腰痛による欠勤日数なども減少しました。

腰痛に対する誤った考え方や行動がよくない事が分かりますね。
過剰な不安や恐怖は痛みを強くします。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

健康に役立つ情報をお届けします^^

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事