pickup記事
両手両足のしびれ
3d rendered illustration of an active receptor

埼玉県内よりお越しのAさん、1ヶ月程前より首痛、両手のしびれ、腰痛、両足のしびれがあります。来院する1週間前より症状が酷くなってしまいました。ストレスを強く感じた時期があったそうです。

当院を受診しようとしたら急に楽になったそうです。プラシーボ効果でしょうか。

頚部は胸鎖乳突筋に浮腫があり、筋肉の圧痛が多数ありました。神経脱落症状はありません。腰も伸展制限があるくらいで特に問題はありませんでした。

治療直後はさほど変化が無かったようですが、翌日から楽になったそうです。先ほど2回目の治療をしましたが反応がとても良くなっていました。後数回の治療で大丈夫そうです。(もちろん全ての方がすぐに良くなるわけではないですよ)

痛みやしびれが発生する原因は様々ですが、一番多いのは筋肉や靭帯、皮膚の緊張からポリモーダル受容器(痛みセンサー)を興奮させた場合だと思います。

交感神経緊張→皮膚、靭帯筋肉の緊張→局所循不全→ポリモーダル受容器(痛みセンサーの興奮)→筋緊張の亢進→循環不全→痛みの増強→以下繰り返し が多いわけです。

しかし、生物学的な損傷だけを症状の原因だと思い込んでいる方が多いため、治療をすすめるのが難しくなることがあります。それでも大抵の方は治療すれば反応しますから、それをきっかけに治っていくものですが。

筋肉が過緊張を起こして痛みやしびれが発生している方がたくさんいます。なんでもかんでも痛みの原因を神経のせいにしないことです。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

健康に役立つ情報をお届けします^^

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事