pickup記事
レントゲンで異常がない膝痛が増えている

アメリカで症候性変形性膝関節症の急増が年齢、肥満に関係するかを研究。膝痛がある方は年齢、BMIとは関係なしに、過去20年間で大幅に増えたが、肥満は原因の極一部に過ぎない事が示唆された。症候性変形性膝関節症は急増したが、レントゲン検査上の変形性膝関節症は増えていなかった。

Annals of Internal Medicineよりhttp://annals.org/article.aspx?articleid=1033191

***********************************************************************************************

NHANES研究参加者では膝の痛みの年齢とBMI調整、有病率は1974年から1994年まで非ヒスパニック系白人とメキシコ系アメリカ人の男女、アフリカ系アメリカ人女性で約65%増加した。

FOA研究参加者におけるX線上の変形性膝関節症有病率の頻度では差は見られない。年齢、BMI補正後、膝痛や変形性膝関節症の有病率は10%~25%減少した。

膝の痛みの有病率は年齢、BMIとは独立し、この20年間で大幅に増加していることを示唆している。症候性の変形性膝関節症は増加したが、X線上の変形性膝関節症は増加していない。

***********************************************************************************************

肥満と変形性膝関節症の痛みはよく言われていますが、実は原因の極一部の可能性であるということですね。

極端に重たければ筋肉や靭帯に負荷はかかるでしょうから痛みは発生しやすいような気がしますが、どうでしょうかね。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

健康に役立つ情報をお届けします^^

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事