pickup記事

米国整形外科学会(AAOS)は6月4日、変形性膝関節症治療に関する診療ガイドラインの改訂版を発表し、ヒアルロン酸の使用を推奨しないと明記した。

変形性膝関節症は摩擦による軟骨の消耗が原因の関節炎として知られ、65歳以上に発症することが多い。

米国では約3300万人が変形性関節症にかかり、身体障害の主因になっている。

http://newsroom.aaos.org/media-resources/Press-releases/aaos-releases-revised-clinical-practice-guideline-for-osteoarthritis-of-the-knee.htm

そうなんですね。

これはお隣アメリカでのお話ですので、お間違えのないようにお願いしますよ。

研究が進むにつれて変わっていきますね。

10年後、20年後の痛み医療はどうなっているでしょうか。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

健康に役立つ情報をお届けします^^

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事