pickup記事

「痛みの正体を知れば、腰痛は治せる」
くつがえった腰痛の常識

◎本書目次◎
プロローグ 腰痛の正体に迫る
第1章 腰痛はなぜ治りにくいのか
第2章 痛みの「過去の常識」を捨てよう!
第3章 痛みをすみやかに緩和する施術法
第4章 「痛みの知識」のアップデート
第5章 筋肉が原因となっている痛みへの対処法

<書籍内容>著者の整骨院では、痛みの知識を正しく理解してもらうことで治療の半分が達成されると考えており、そこに施術が加わることですみやかな改善がなされます。多くの痛みは患者さん自身で治せますし、事実、中には話をしただけで回復していく方もいます。
「生物心理社会的モデル」という新しく知られるようになった「痛みのしくみ」について理解を深めて頂き、腰痛などの体の痛みを解消するために本書を「痛みに効く、読む薬」として活用頂きたいと思います。

<著者プロフィール>おおしま接骨院院長。1978年生まれ。新潟県出身。柔道整復師。高校生の時に始めたボクシングを通じて、整体治療の素晴らしさを知り、治療家を目指して柔道整復師資格を取得。
2004年、おおしま接骨院開業。皮膚の機能を活かした施術法や、心理学や心理的な方法を用いた施術を得意とする。
https://s621.com

からだサイエンス  http://www.karadascience.com/

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

健康に役立つ情報をお届けします^^

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事