pickup記事
施術の感想をいただけました(首痛・坐骨神経痛・変形性膝関節症の痛み)

Q7
痛くない怖くない。一回目から痛みがやわらぎ不思議。二回目は不思議から確信に変わりました。
安心して任せられる感じでした。院内はリラックスムードです。

Q8
浦和から友人数人を紹介して皆で通っています。
できれば出張治療とか(笑)ジョークです。
たった一度で永年の足のしびれから解放された友人は誰かに教えたくてチラシを大量に持ち歩いているらしいです(笑)

Q9
痛みが取れて治ると通う回数も当然減りますが永年爆弾を抱えた様な体だったので大信頼して一生頼りにしていきます。
これからもよろしくお願いします。

kansou素晴らしい感想をありがとうございました。
顔は少し怖いかもしれませんが、実は優しいんですよ。

手や足、腰や首に発生する痛みやしびれは多くが筋肉の緊張のし過ぎによって起こります。
これを筋膜性疼痛症候群といいますが、最近雑誌などでも「トリガーポイント」などで特集されることもあるようになりましたね。

日本の痛み医療は世界から比べると20年以上遅れをとっているそうです。
今だに関節の変形や神経に対する圧迫が痛みやしびれの原因と説明されていますが、多くの場合筋肉が過緊張して起こった筋膜性疼痛症候群(MPSまたはトリガーポイント)です。

なぜ筋肉が過緊張するに至ったかを考えるのが重要になります。

緊張する時間が長すぎる

対人関係のストレス

悩み

運動不足

栄養欠乏

などは筋膜性疼痛症候群の原因になります。

ただ、矯正して筋肉柔らかくするとそれをキッカケとして治る方も多いんですけどね(笑)

Physiotherapie

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

健康に役立つ情報をお届けします^^

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事