腰痛に安静はもう古い!

LINEで送る
Pocket

腰が痛くなったら安静にして冷やす

腰痛で悩んでいる方にはこれはまだ常識なのかもしれません。
ところが最近になって(といってもかなり経つが)腰痛に対する考え方が変わってきています。

腰痛に対する研究が進み、安静にしているよりもなるべく日常生活動作を維持したほうが回復が早いことがわかっていて、世界的に腰痛の新常識になりつつあるそうです。

■急性腰痛患者186例を対象としたRCTによると、安静臥床群、ストレッチ群、日常生活群のうち、最も早く回復したのは日常生活群で、最も回復が遅かったのは安静臥床群だった。腰痛には安静第一は間違い。むしろ回復を妨げる。http://1.usa.gov/mOolz9

■急性腰痛患者203名を対象に2日間の安静臥床群と7日間の安静臥床群を比較したRCTによると、3週間後の欠勤日数は2日間の安静臥床群の方が45%少なかった。急性腰痛に対する安静臥床は欠勤日数を増やすことが証明される。http://1.usa.gov/jFHMqM
TMS JAPAN長谷川先生より

オオカンガルー

安静は有害無益です。
痛くて大変ですが、無理のない範囲で少しずつ動かすといいかもしれませんね。

従来の損傷モデルから生物心理社会的疼痛モデルへ。
今、痛みに対する考え方は大きな転換期を迎えています。

●今までの常識
ぎっくり腰は安静にしていたほうが良い
・腰痛があるので負担をかけないようにしている
椎間板ヘルニアがあるので腰痛とは一生の付き合いだ
・腰が痛い時はコルセットをしたほうが良い

●新しい常識
・痛みを恐れて安静にしていると治りが悪くなるし再発しやすくなる
・腰に意識を向けすぎると腰痛発症率が上がる
・腰痛未経験者にも画像上椎間板ヘルニアは普通に存在する
・無理のない範囲で動かしたほうがよい

危険信号(レッドフラッグ)の無い腰痛は腰の風邪みたいなものです。
怖がらず、無理のない範囲で動かして早く痛みを解消しましょう(^^)

Orthopäde, Rückenuntersuchung

cropped-cropped-cover_img1.png

LINEで送る
Pocket

オーストラリアでの腰痛に屈するなのキャンペーン

LINEで送る
Pocket

1997年、オーストラリアにおいて「腰痛に屈するな」というメディアを使った一大キャンペーンが行われました。これはテレビラジオ新聞ポスター看板小冊子などを使い、腰痛の新しい常識を広く普及させ、腰痛は決して怖いものではないこと、安静にするよりも日常生活動作を続けたほうが改善が早いことなどを紹介したのです。

スクリーンショット 2015-08-09 14.59.35オーストラリアも国民の五人に一人が慢性的な痛みで悩まされています。

キャンペーンの結果、医療費の大幅な削減に成功しました。

これは何を意味するのでしょうか。

腰痛だけではないですが、運動器の痛みに対する誤った思い込みを修正することで痛みから開放される方がたくさんいる、ということではないでしょうか。

事実、オーストラリアなどでは思い込みを修正したことで医療費を削減することに成功しています。

ノートパソコンと犬骨の変形や神経に対する圧迫を痛みの原因とする考え方を「損傷モデル」といいますが、いろんな矛盾や、説明できないことが多くなってきたために現在は生物心理社会モデルに移行しつつあります。

痛みがあるからと活動性が低下するとより痛みが増えてしまうことがあります。ですから勇気を持って知識を得て体を動かしましょう。

多くの場合、痛みは筋膜性疼痛症候群だったり関節の固有受容器の誤作動だったりですから、適切な対処をすれば痛みから開放されることが多いのです。

空を見上げる3世代家族cropped-cover_img.png

LINEで送る
Pocket

ぎっくり腰になったら無理のない範囲で動くこと

LINEで送る
Pocket

毎日毎日暑い日が続きますね。

さて、今日はぎっくり腰になったら無理のない範囲で動かすことをお勧めします。

オオカンガルー一昔前まではぎっくり腰(急性腰痛)になったらまずは安静、冷やして湿布が定番でしたが、現在ではなるべく早い段階で無理のない範囲で動かすように、と考え方が変わってきています。

これは急性腰痛の方を対象に安静にするグループ、ストレッチするグループ、日常生活動作を続けるグループに振り分けてランダム化比較試験(RCT)をおこなった結果、最も回復が早いのは日常生活動作を続けるグループで、最も回復が遅かったのは安静にするグループだった、という結果がでているからです。

急性腰痛患者186例を対象としたRCT(ランダム化比較試験)によると、安静臥床群、ストレッチ群、日常生活群のうち、最も早く回復したのは日常生活群で、最も回復が遅かったのは安静臥床群だった。腰痛に安静第一は間違い。むしろ回復を妨げる。http://1.usa.gov/mOolz9 (TMS JAPAN様より)

dog in bed痛みがあるときは動かないで安静にしたいとは思いますが、無理のない範囲で動かすようにしてみてください(^^)

Orthopäde, Rückenuntersuchungcropped-cover_img.png

LINEで送る
Pocket

変形性股関節症と痛み

LINEで送る
Pocket

久喜市よりお越しのAさんは5年ほど前より右股関節に痛みがありました。レントゲン上は変形があり、変形性股関節症と言われています。

当院受診時は可動域の障害と、鼠径部臀部に多数の圧痛がありました。特に鼠径靭帯を押すと物凄く痛がります。

昨日5回目の治療をしたら最初に比べてほとんど痛みはとれたそうです。

関節が変形しているから痛い

軟骨がすり減っているから痛い

骨盤や関節が歪んでいるから痛い

筋力がないから痛い

安静にしてなるべく足に体重をかけないようにしなければいけない

これらは間違った思い込み、考え方です。

痛みは電気現象ですが、変形はエネルギーを生じるのでしょうか。軟骨がすり減ると痛みセンサーは興奮するのでしょうか。骨盤や関節が歪むとどうして痛みセンサーが興奮するのでしょうか。筋力がないとどうして痛みセンサーが興奮するのでしょうか。安静にすると筋力が無くなりますが筋力つけるとの矛盾は生じないでしょうか。年取れば骨も変形しますが、周りの方は皆さん痛がっていますか。温めたり運動したりで楽になる方がいますがどうしてですか。そもそもレントゲンに痛みは写りませんが。手術受けても痛みがとれない場合がありますがなぜでしょうか。

股関節が変形していても痛い方と痛くない方がいます。

この様な違いはどうして生じるのでしょうか。

あなたの痛みは本当に変形によるものなのですか。

light bulb Alternative energy concept

LINEで送る
Pocket

ぎっくり腰になったら動きましょう

LINEで送る
Pocket

ここの所急に寒くなったせいか、風邪を引く方が多いみたいですね。

風邪が流行ると、クシャミをしてぎっくり腰になり来院する方が増えます。

一昔前まではぎっくり腰になったらとにかく安静と言われていました。

しかし現在では日常生活の動作をできるだけした方が回復が早いことが分かっています。

以前こんな事が行われました。

急性腰痛になった方々186人を

1,安静にするグループ

2,日常生活動作を続けるグループ

3,ストレッチをするグループ

に分けて経過を見たのです。その内最も早く回復したのは日常生活動作を続けたグループで、その次がストレッチをするグループ、最も回復が遅かったのは安静にしていたグループでした。http://1.usa.gov/mOolz9

昨年末策定された日本版腰痛診療ガイドラインでも「急性腰痛に対して痛みに応じた活動性維持は、ベット上安静よりも疼痛を軽減し、機能を回復させるのに有効である」と書かれています。

激痛で動けない場合は別ですが、動ける範囲で日常生活動作を続けたほうが治りが早いということですね。

私もぎっくり腰は経験がありますが、痛みがある時はなかなか動かせないですよね。でも頑張って無理の無い範囲で動きましょう。その方が治りが早いのですから。

LINEで送る
Pocket

腰痛にストレス関与、安静は有効と限らない

LINEで送る
Pocket

腰痛ストレス関与、安静、有効と限らず 学会が診療指針 2012/12/30

http://www.nikkei.com/(クリックするとページを移動します)

 

日本整形外科学会と日本腰痛学会が診療ガイドラインをまとめたそうです。

それによると

重篤な脊椎疾患の兆候(レッドフラッグ)が無い限り、全ての患者さんにレントゲンやMRIによる画像検査の必要性は無い。(レッドフラッグに関してはこちらをクリック

1,悪性腫瘍や外傷、感染などの重い脊椎疾患の疑われるもの

2,まひやしびれ、筋力の低下など神経症状を伴うもの

3,原因が特定できない非特異的腰痛

上記3つに分類することが重要とした。

 

腰痛のほとんどは上記の3です。

しびれ=麻痺ではありません。関節や軟部組織の反射異常でもしびれや感覚異常、筋力低下や筋萎縮は発生します。もちろん症状が進行していく場合や、明らかに麻痺の症状である場合には検査が必要になります。

しかし、こうして腰痛の診断ガイドラインが出たことで少しは私も奇人変人扱いされなくなるでしょうか、期待です。

 

あなたの痛み、教えてください。一緒にがんばりましょう。詳しくはおおしま接骨院オフィシャルサイトをご覧ください。https://s621.com

act therapy explanation

LINEで送る
Pocket

腰痛と安静

LINEで送る
Pocket

腰痛になるとまず安静にと言われる事が多いです。また、そうした方が良いと考えている方も多いと思います。

何故安静にと言われるのでしょう?それは椎間板内の圧力が高くなると痛みが発生すると考えられているからです。仰向けになって寝ると椎間板などの内圧が低くなります。しかし腰痛の際、立っていたり、座っていたほうが楽な場合もありますし、必ずしも横になって椎間板内圧を下げることが腰にとって良いとは限りません。

安静にしているよりできる限り通常通りの生活を送ったほうが回復が早い、という事も知られていますし、よほど動けないような痛みでない限り安静にはしないほうが良いでしょう。

腰痛は骨盤にある仙腸関節のセンサーが障害を起こして痛みを発生させることが多いですから、おおしま接骨院ではACT療法で関節センサーの治療を専門に行なっています。もちろん治療中は触られている感じしかしません。

 

腰痛は我慢しないで私達に相談してください。詳しくはおおしま接骨院オフィシャルサイトを御覧ください。https://s621.com

 

LINEで送る
Pocket