3d rendered toon character - cute baby

今、日本には大きなパラダイムシフトが訪れています。

パラダイムシフトとは、その時代や分野において当然のことと考えられていた常識として認識されている「思考の枠組み」が劇的に変化することをいいます。

パラダイムが変化する。
つまり、今まで常識とされていたことが大きく移り変わっているのです。

それは、レントゲンやMRIなどの画像検査が痛みの医療にはあまり役に立たなかったということ。

ナゼこのように変化してきているのでしょうか。

一番古くに行われた比較対照試験では、1953年に行われたものですが、
腰に痛みがある方を100名、痛みのない健康な方を100名を集めてレントゲンを撮り比べた結果、どちらのグループにも同程度骨の変形があったり、椎間板が潰れていたという研究がありました。

その他にも、腰や足の痛みがある患者に対する早期画像診断(レントゲン・CT・MRI)の有効性に関するランダム化比較試験を詳細に分析した結果、レッドフラッグ(危険信号)のない患者に画像検査をおこなっても臨床転帰は改善しないことが判明しています。 http://1.usa.gov/rpcVg2

この他数多くの論文が危険信号の無い痛みに画像検査は意味がないと結論しています。

※危険信号とは、腫瘍、感染症、馬尾症候群、強直性脊椎炎など、重大な病気が疑われる症状です。

これらを受け、各国の腰痛診療ガイドラインにも結果が反映されています。

しかしながら、我が国に関しては遅れに遅れているのが現状です。
相も変わらず行けば必ずと言っていいほど画像検査をしますし、痛みと関連が無いにもかかわらず「骨の変形が」「骨盤の歪みが」「老化が」などと盛んに言われています。
言われる方は医療関係者が言うことは間違いないという「前提」がありますので、鵜呑みにして心身に影響をきたします。
この他にも経済的な理由などもあるのでしょうが、画像検査しないと患者側から文句を言われたりなど、いろんな問題を抱えて変化していけないようです。

今までの考え方は失敗に終わった

体の部品の損傷を痛みの原因とする損傷モデルは失敗に終わりました。
これでは痛みを抱える方が増えるだけだったのです。
日本の腰痛人口はこの30年間で1,6倍に増え、2670万人にまで増えてしまいました。
これはオーストラリアの全人口2460万人を上回っています。

先にも書いたように画像上の変化と痛みは相関関係に無いこと、撮っても治りに影響を与えないことなどのデータからこの考え方は否定され、人を全人的に見ていこうとする生物心理社会的疼痛モデルに変化しています。

国際疼痛学会ではこの生物心理社会的モデルを次のように説明しています。

生物心理社会モデルとは、慢性的な筋肉や骨格系の痛みを理解するときに、生物学的(身体的)な要素だけでなく、心理学的、社会的な要素も考慮しなければならないということを提唱するものです。
このモデルでは、痛みというものを、心理的・社会的な要素と身体的な要素にはっきりと区別するのではなく、その双方の相互作用としてとらえます。
この考え方は、身体的な要素だけを考慮するこれまでの医療のあり方に取って代わりつつあり、生物心理社会モデルに基づく医療は、慢性的な痛みの患者にとって、最も効果的で費用対効果が優れています。
そのような医療において、生物学的、心理学的、社会的要素はすべて同時に扱われなければなりません。

人間関係・悩み・疼痛行動・栄養欠乏・誤った考え方・仕事の満足度、うつ状態、過剰な不安、認知機能などが複雑に絡み合って痛みは慢性化していきます。

痛みを知り、行動しましょう

難治化させないで早く治すためには自分の体をもっとよく知り、信頼しましょう。
痛みの知識を得て、適切な行動をとりましょう。
治療に通うのも良いですが、多くの痛みは自分自身で治せます。

オススメは痛みを知るための読書療法です。
これは心理的に働きかけ、自分自身の感情や状態に気づくことで、痛みと向き合い、考え方や日常生活動作の変化を促すものです。
オーストラリアの腰痛に屈するな!のキャンペーンが有名ですが、2015年末に放送されたNHKスペシャル「腰痛治療革命」も書籍化されて話題になりましたね。
書籍代も1500円ほどのものが多いですから、費用対効果に優れた方法と言えます。

読書療法にお勧めの書籍は

  • 腰痛は怒りである 長谷川淳史著
  • 腰痛ガイドブック 長谷川淳史著
  • 人生を変える幸せの腰痛学校 伊藤かよこ著
  • 日本の腰痛 誤診確率80% 北原雅樹著
  • 痛みの正体を知れば、腰痛は治せる 大嶋大輔著

などがお勧めの書籍になります。

徐々に変化している余裕は日本にはない

徐々に変化していけばいいのかもしれませんと言いたいところですが、そんな悠長なことはこの日本では言っていられないのです。

日本は今後先進国の中では他に類を見ないペースで少子高齢化が進み、2060年までに人口32,1%減、2015年から2060年までの間に生産年齢人口が3264万人も減ります。
世界第5位の経済規模を誇るイギリスの労働者人口は3211万人ですから、イギリスの労働人口を上回る生産年齢人口がいなくなってしまうのです。
かつ64歳以下の人の収入に対する社会保障の負担率は2015年の36.8%から2060年に64.1%になります。
これでは生活できるはずがありません。

このままでは社会保障費のために国が破綻してしまいますから、
子どもたちに負の遺産を残さないためにも、この苦難を力を合わせて乗り越えていく必要があります。

労働者の賃金を大幅に上げて生産性を向上させたり、必要のない医療費を削減していかなければならないのです。
そのためには医療側だけ変わっても変わりません。
医療を受ける患者側も同時に変化しなければならないのです。

学習することによって痛みは減らすことが実証されているのですから、読書で痛みの知識を得たり、好きな運動、活動をしてみる。
教育機関で痛みの教育講座を設けてもいいかもしれません。
欧州では小学校から痛みの教育が始まると聞きますが、日本でも検討したほうがいいかもしれませんね。

痛みの治療は時間との勝負

いつまでも時代遅れの情報を頑なに信じて話を聞かないでいると時間がもったいないと思いますよ。
つまりそれは「私は◯◯だから痛い」という「呪い」から変化させないとの決意でもあります。 

認識や言葉を変えたくらいで私の痛みは変わらないと信じている方、たくさんいますよね。

これはとても勿体無いことです。

日本には言霊という言葉があるように、言葉には力があります。
先の記事「病は口ぐせで変化する」にも書いたように、人がある状況を現実と定義すればそれは現実になるんです。
無意識的にそれを実現しようとカラダは動きますから。

うまくそのへんに気がついて、快適な生活が送れるようになると良いですね。
当院では快適な生活を送れるようにサポートをしています。

created by Rinker
現代書林
¥1,404 (2019/07/21 04:37:06時点 Amazon調べ-詳細)
pickup記事
おすすめの記事