施術に対する考え方

施術に対する考え方

自己紹介

初めまして、「おおしま接骨院」院長の大嶋大輔です。

私がこの仕事を選んだのは、自分自身がスポーツ活動で怪我をする事が多く、近所の先生によくお世話になったのがきっかけでした。 以来クリニックの理学診療科・整骨院等で大勢の患者さんを治療してきましたが昔も今も変わらない「治療」方法に疑問を抱いていました。 何か患者さんにとってもっと良い治療方法は無いものかと模索し、答えが見つからない日々が続きましたが、ようやく見つけることができました。

現在は皮膚の機能を使った施術、言語・非言語コミュニケーションを有効に使っています。

体の痛みやしびれをレントゲンやCT、MRIの様に画像上の異変を痛みの原因とするのではなく、関節胞や靭帯、軟部組織のセンサーの異常、つまり生理的な機能の問題を原因ととらえることにより様々な痛みやしびれがとれるようになりました。

からだに発生する痛みは多くが痛みセンサーの機能障害です。
backache
画像上の異変が痛みやしびれに直結するとは限りません。

変形性腰椎症、椎間板ヘルニア、分離すべり症、脊柱管狭窄症などは健康な人にも普通に見られます。

これは様々な対照試験から判明したもので、諸外国ではレッドフラッグ(危険信号)の無い腰痛に対しては画像検査はしないように推奨されています。

Radiography of Human Bones

痛みの多くは痛みセンサーの興奮によるものですが、この痛みセンサーの異常に「機能」を戻すように関節や軟部組織の受容器を優しく刺激すると多くの腰痛は治癒、又は改善します。 痛みやしびれで悩んでいる患者さんが1人でも多く解放されれば幸いです。

大嶋大輔の趣味・スポーツ歴

小学校から高校1年生までは野球を朝から晩まで泥だらけになるまでしていました。 高校2年生から現在までボクシングをしています。 その他柔道、スキューバダイビング、ロードバイク、ゴルフ、ドライブ、水中写真、文房具(万年筆)、珈琲焙煎など。

最近は植物の世話、特に食虫植物のモウセンゴケの美しさに魅了されて毎日眺めてます。