変形性股関節症と痛み

LINEで送る
Pocket

久喜市よりお越しのAさんは5年ほど前より右股関節に痛みがありました。レントゲン上は変形があり、変形性股関節症と言われています。

当院受診時は可動域の障害と、鼠径部臀部に多数の圧痛がありました。特に鼠径靭帯を押すと物凄く痛がります。

昨日5回目の治療をしたら最初に比べてほとんど痛みはとれたそうです。

関節が変形しているから痛い

軟骨がすり減っているから痛い

骨盤や関節が歪んでいるから痛い

筋力がないから痛い

安静にしてなるべく足に体重をかけないようにしなければいけない

これらは間違った思い込み、考え方です。

痛みは電気現象ですが、変形はエネルギーを生じるのでしょうか。軟骨がすり減ると痛みセンサーは興奮するのでしょうか。骨盤や関節が歪むとどうして痛みセンサーが興奮するのでしょうか。筋力がないとどうして痛みセンサーが興奮するのでしょうか。安静にすると筋力が無くなりますが筋力つけるとの矛盾は生じないでしょうか。年取れば骨も変形しますが、周りの方は皆さん痛がっていますか。温めたり運動したりで楽になる方がいますがどうしてですか。そもそもレントゲンに痛みは写りませんが。手術受けても痛みがとれない場合がありますがなぜでしょうか。

股関節が変形していても痛い方と痛くない方がいます。

この様な違いはどうして生じるのでしょうか。

あなたの痛みは本当に変形によるものなのですか。

light bulb Alternative energy concept

LINEで送る
Pocket

The following two tabs change content below.
アバター
新潟県新潟市産まれ。1歳半の時に埼玉県蓮田市に。小さい頃からケガばかりして整形外科や接骨院にお世話になり治療家を目指す。施術中偶然発見した現象からACT療法を開発。全国から来院する患者さんの施術に明け暮れる。現在書籍の執筆中。趣味はスキューバダイビング、ロードバイク、万年筆、料理、ボクシング、野球、ゴルフなどなど。 あなたの痛み、教えて下さい。私と一緒に改善に向けて頑張りましょう(^^)