交通事故の怪我(むち打ちなど)の治療

LINEで送る
Pocket

交通事故の怪我(むち打ちなど)でお困りなら「おおしま接骨院へ」

むち打ちは交通事故による怪我としては高い比率で発生します。
むち打ちとは事故で体が大きく揺さぶられた場合、首が鞭のようにしなるような状態になるので「鞭打ち」と言われています。

症状は多彩で、痛みやしびれ、頭痛、吐き気、めまいなどが代表的な症状です。

追突された際に体に巨大な力が加わり、筋肉や関節を構成する靭帯が損傷を受けます。むち打ちと診断されるものの殆どが靭帯や筋肉の損傷である頚椎捻挫型と考えられています。

筋肉や靭帯の損傷、痛みは可視化することができませんので病院で症状を訴えてもレントゲンやMRIなどの画像検査をしても「異常ありません」で終わってしまったりしますが、当院ではACT療法、理学療法器などにより、症状が出ている場所だけでなく、全身の機能を改善する施術を行います。

痛みは長く続くと痛みそのものが病気の状態になることがありますので、症状が良くなるまで施術をしっかりとすることをお勧めします。

****************************************************************************************************
交通事故Q&A
Q1:施術費用はどうなりますか?
A1:通常交通事故の場合は自賠責保険適用となり窓口負担はありません。健康保険を使用しての施術は当院では行っておりません。

Q2:病院と並行して通院できるのでしょうか?
A2:整形外科などの病院と並行して接骨院(整骨院)で施術を受けるのは可能です。

Q3:軽いけがなので病院で検査は受けていませんが…。
A3:軽い怪我だと油断せず、病院でレントゲンやMRIなどの精密検査を受けましょう。

Q4:自賠責保険を使う場合の手続きはややこしいのでしょうか?
A4:保険会社の担当者さんに「おおしま接骨院」で治療を受ける旨ご連絡ください。後の手続きは当院と保険会社との間で行います。

Q5:事故のことはよく分からなくて不安です。
A5:私の方でも分かる範囲で質問にはお答えしています。
当院では弁護士事務所と提携していて、弁護士の先生に無料で相談ができますのでご安心ください。

Q6:保険会社が医療機関を決めるのでしょうか?
A6:どこで治療を受けるかは患者さんが決定できます。ご自分で納得できる治療先を決めてください。

Q7:整形外科と治療とはどう違うのでしょうか?
A7:整形外科ではレントゲンやMRIで画像検査を実施した後は病院にもよりますが投薬や湿布、牽引や理学療法が中心です。むち打ちの治療には実際に患部に触れてみる、おかしくなった所を触診で探っていく手技での施術が不可欠です。当院では手技と理学療法器による施術を中心に患者さんの状態に合わせた施術法を実施しています。
****************************************************************************************************

 

LINEで送る
Pocket

The following two tabs change content below.
新潟県新潟市産まれ。1歳半の時に埼玉県蓮田市に。小さい頃からケガばかりして整形外科や接骨院にお世話になり治療家を目指す。施術中偶然発見した現象からACT療法を開発。全国から来院する患者さんの施術に明け暮れる。現在書籍の執筆中。趣味はスキューバダイビング、ロードバイク、万年筆、料理、ボクシング、野球、ゴルフなどなど。 あなたの痛み、教えて下さい。私と一緒に改善に向けて頑張りましょう(^^)

最新記事 by 大嶋 大輔 (全て見る)