慢性的な腰痛で医療機関を受診した際、X線やMRIの画像などを見せられて、医師にヘルニアや狭窄を指摘され、手術を強く勧められることがしばしばある。それは本当に正しいのだろうか。慢性痛の専門医らは、こうした診断や手術について「多くは医師の勉強不足によるもの」と否定する。

続きは引用先で御覧ください→ https://diamond.jp/articles/-/203176
created by Rinker
現代書林
¥1,404 (2019/06/18 23:54:58時点 Amazon調べ-詳細)
pickup記事
おすすめの記事