おすすめ記事
高齢者の転倒リスクを高める薬剤の処方が増加中

転倒が原因で死亡する高齢者が急増しており、その背景として、転倒リスクを高める薬剤処方の増加が関係している可能性を示すデータが報告された。20年ほど前は、転倒リスクを高める薬剤を服用していた米国の高齢者の割合は約57%だったが、2017年には94%に増加し、転倒による死亡件数は2倍以上になったという。

Care net

原著論文はこちら:https://pmc.carenet.com/?pmid=33534172

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

健康に役立つ情報をお届けします^^

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事