骨格筋の機能維持には性別に関係なくビタミンCが不可欠

○ 発表内容の概要

東京都健康長寿医療センターの石神昭人研究部長、滝野有花研究員、滝沢晶子連携大学院生らは、韓国釜山大学の Jaewon Lee 教授、順天堂大学の町田修一教授らと共同で、骨格筋でのビタミン C 不足は、性別に関係なく筋萎縮や身体能力の低下をもたらすことを明らかにしました。この研究成果は、骨格筋におけるビタミン Cの機能解明に大きく貢献するものと期待されます。本研究成果は、2022 年 6 月 23 日に Biology の電子版に掲載されました。

日本の研究.com

続きはこちらから→https://research-er.jp/articles/view/112565?utm_source=pocket_mylist

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

健康に役立つ情報をお届けします^^

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事