pickup記事

■1958年の英国出生前向きコホート研究のデータから社会経済的状況と成人期の筋骨格系疾患の関連を調査した結果、社会経済的地位が低いと腰痛・肩痛・腕痛・膝痛だけでなく全身の筋骨格系疼痛の発症率が高くなる傾向にあることが判明。http://bit.ly/t6KS0C

格差社会が筋骨格系疾患に大きな影響を与えているということです。
ブラックフラッグは医学的介入の適応にならない政策上の問題。
がんばろう日本!

TMSJAPAN  https://www.tms-japan.org/

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

健康に役立つ情報をお届けします^^

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事