pickup記事

ストレス下での持続的な筋緊張が、深部感覚の持続的で過剰な興奮を生じ、慢性的な痛みにつながるー。名古屋大学大学院の木山博資教授と愛知医科大学の安井正佐也助教の研究グループがラットを用いた研究で明らかにした。
▶︎ PRESS RELEASE 名古屋大学
 
筋痛性脳脊髄炎/慢性疲労症候群(ME/CFS)や線維筋痛症(FM)は、身体に炎症や損傷など明らかな原因がないのに、慢性的な異常筋痛や過度の疲労感が生じる。近年の研究では、原因は脳や脊髄内の炎症の可能性が示されているが、なぜ脳や脊髄に炎症が生じるのか原因は不明であった。
 
今回研究グループは、持続的な筋の緊張が生じるストレスモデルを用いて原因を解析。その結果、筋肉や皮膚での炎症や神経・筋損傷が生じなくとも、重力に抗して姿勢を維持する抗重力筋の過緊張が、意識しにくい固有感覚を持続的に刺激させ、反射弓に沿ってミクログリアを活性化させ、痛みが生じていることが明らかになった。
 
今回の研究成果は、ストレス等によって一部の筋緊張が長期におよぶことにより、通常では、意識しない固有感覚の過興奮がミクログリアを介して痛みを引き起こすことを示しており、ME/CFS などの患者さんの痛みを和らげる治療の標的として、筋緊張の抑制が有効である可能性がある。本研究成果は国際科学誌「Journal of Neuroinflammation」の電子版に掲載されている。

https://www.med.nagoya-u.ac.jp/medical_J/research/pdf/Jou_Neu_20190422.pdf

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

健康に役立つ情報をお届けします^^

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事