pickup記事

ランセット特集:口腔衛生の重要性

口腔疾患はその重要性にも関わらず、長い間伝統的なヘルスケアと健康政策には含まれなかった。今回『ランセット』誌は、英国ユニバーシティコレッジロンドンの研究者が率いる、米国を含む10カ
国13人の専門家による口腔疾患の専門シリーズを掲載する。

現代の歯科治療は、世界的な口腔疾患の蔓延に効果的に対処することに失敗しており、よりラジカルな歯科治療のリフォームが叫ばれるようになったという。

口腔疾患の流行は、多くの人々が口腔疾患のリスク因子、砂糖やタバコ、飲酒などに曝露するようになったためである。

食品、飲料、製糖企業が歯科学研究や歯科医師会などに影響を及ぼしているという証拠などもでてきているという。

「現在の歯科医療および公衆衛生の対応は、概して不適切、不公平、そして費用がかかり、数十億人もの人々が基本的な口腔医療にアクセスできないままになっている。患者の世話をするには、口腔疾
患の世界的負担に効果的に取り組むために根本的に異なるアプローチが必要である」とシリーズの主要執筆者であるユニバーシティコレッジロンドンのリチャード・ワット教授はコメントしている。

https://www.thelancet.com/jour
nals/lancet/article/PIIS0140-6736(19)31146-8/fulltext

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

健康に役立つ情報をお届けします^^

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事