HOME >

院長プロフィール

院長プロフィール

初めまして、院長の大嶋大輔です。

私がこの仕事を選んだのは、自分自身がスポーツ活動で怪我をする事が多く、近所の先生にお世話になったのがきっかけでした。
以来、クリニックの理学診療科、整骨院等でたくさんの患者さんを治療してきましたが昔も今も変わらない「治療」方法に疑問を抱いていました。
何か患者さんにとってもっと良い治療方法は無いものかと模索し、答えが見つからない日々が続きましたが、ようやく見つけることができました。

その答えがACT療法です。

この治療法は体の痛みやしびれをレントゲンやCT、MRIの様に画像上の異変を痛みの原因とするのではなく、関節胞や靭帯、皮膚や軟部組織のセンサーの異常、つまり機能の問題を原因ととらえることにより様々な痛みやしびれがとれるようになりました。

センサーの異常から発生する痛みを侵害受容性疼痛といいます。

画像上の異変が痛みやしびれに直結するとは限りません。(骨折や悪性腫瘍除く)
椎間板ヘルニア、脊柱管狭窄症、分離すべり症、変形性腰椎症などは健常人にも普通に見られます。
これは様々な対照試験から判明したもので、諸外国では危険信号(レッドフラッグ)の無い腰痛に対しては画像検査はしないように推奨されています。

これは腰に限ったことではなく、首や肩、膝や足などでも同じ事が言えます。

痛みの多くは侵害受容器(センサー)の興奮によるものですが、この侵害受容器の異常に「機能」を戻すように
関節や軟部組織の受容器を優しく刺激すると大部分の腰痛やその他体の痛みやしびれは治癒、又は改善します。

痛みやしびれで悩んでいる患者さんが1人でも多くこのACT療法で治れば幸いです。

【趣味・スポーツ歴】
小学校から高校1年生までは野球を朝から晩まで泥だらけになるまでしていました。
高校2年生から現在までボクシングをしています。
その他柔道、スキューバダイビング、ゴルフ、ドライブ、写真等。

  • 腰痛・
  • 椎間板ヘルニア・
  • 脊柱管狭窄症・
  • 坐骨神経痛・
  • しびれ・
  • 頚椎ヘルニア・
  • むちうち・
  • 五十肩・
  • スポーツ障害などの
  • 痛みやしびれ(
  • 痺れ)の
  • 治療で来院される患者さんは、
  • 埼玉県では
  • 蓮田市・
  • 伊奈町・
  • さいたま市・
  • 白岡町・
  • 上尾市・
  • 久喜市・
  • 春日部市・
  • 越谷市・
  • 加須市・
  • 鴻巣市・
  • 北本市・
  • 桶川市・
  • 蕨市・
  • 川口市・
  • 川越市から
  • 多数来院され、
  • 遠方では
  • 東京都
  • 北区・
  • 荒川区・
  • 杉並区・
  • 中野区・
  • 新宿区・
  • 江戸川区・
  • 中央区・
  • 港区・
  • 大田区、
  • 神奈川県
  • 横浜市・
  • 川崎市、
  • 栃木県
  • 宇都宮市・
  • 小山市・
  • 足利市、
  • 群馬県
  • 前橋市・
  • 太田市・
  • 館林市、
  • 千葉県
  • 松戸市・
  • 野田市、
  • 大阪府
  • 大阪市から
  • 来院されています。