施術の感想をいただきました(^^)

椎間板ヘルニアでお悩みだった患者さんから施術の感想をいただきました。
悩んでいる方は参考にしてみてくださいね(^^)

知人に紹介され通う様になりました。
ヘルニアで仕事も休み辛い痛みとの戦いの日々でした。
しかし通院する様になってから、痛みも和らいできて、今では仕事も以前同様にできるまでになりました。
同じ症状で苦しんでいる方は迷わず通院してもらいたいですね。
自分は宇都宮から通院してますが、遠方の方で迷ってる方も行動に移してみて下さい。 松本孝行様

感想をありがとうございました(^^)
松本さんは10年ほど前から度々痛みが出ていたそうです。
今回は3ヶ月ほど前左下肢に激痛で発症し、整形外科でMRIを撮影したところ腰椎椎間板ヘルニアと診断され安静を指示されていました。

初回来院時神経脱落症状もなく、アチコチに筋肉の圧痛があったことから筋膜性疼痛症候群かもしれないと施術したところ初回で大きく改善しました。

その後の施術も反応良く、二度目の施術で九割ほど回復したそうです。
本日四度目の施術をしましたが、大丈夫な様子なので本日で一度施術は終了しました。

また痛くなったらいつでも来てくださいね(^^)

腰痛のない方でもMRIを撮るとヘルニアは多くの方にみられますから、麻痺がない場合はそんなに心配ないものです。

 

***************************************************************************************************
【おおしま整体院(接骨院)のご案内】

【施術時間】
午前9:00~12:00 午後14:00~18:30(土日は17:30) 水曜定休その他都合でお休み

【場所】
埼玉県蓮田市末広2-1-2
JR宇都宮線(東北本線)蓮田駅西口徒歩1-2分、ダッシュ30秒

【電話】
048-764-1190

初めての方へ 
施術時間アクセス(駐車場8台分あり)
患者さんの喜びの声
施術費用
施術者紹介
よくある質問など

※予約制ではなく来院してお待ち頂いた方から順番で施術をしています。
予約制かどうかの電話は必要ありませんので施術時間内にご来院ください。
また「いつが混んでいるか?」と度々質問をされますがいつが混んでいるかはわかりません。
※保険診療でできることには限りがあり、より良い施術を提供したいという思いから当院では保険診療は行っておりません。

椎間板ヘルニア=痛みではない

椎間板ヘルニア腰痛ではない

椎間板ヘルニアと言えばかなりの方が患っていて、まだ痛みの原因と思い込んでいる方が多いでしょう。
しかし、椎間板ヘルニアが突出して神経を圧迫しているからといって、必ずしも痛みにつながらないのはご存知でしょうか?

ある研究論文によると、腰痛のない方のMRIを撮影したところ、なんと76%の方に椎間板ヘルニアが認められました。

痛みがなにもないにもかかわらずです。

backache - isolated on white digital composition

椎間板ヘルニアで悩んでいる方、多いですね。

腰痛の原因を知りたい方にとって、画像診断はわかりやすく、かつ説得力のある証拠になりますし、今までそうやって教育されてきたのですからそう思ってしまうのも至極当然といえば当然かもしれません。

先日NHKさんで放送されたNHKスペシャル「腰痛治療革命-見えてきた痛みのメカニズム」では椎間板ヘルニアの90%は放っておいても自然治癒するといっていましたね。

医療機関で診断を受けると何かしら病名がつけられると思いますが、これは必ずしも痛みを引き起こしている原因が分かって付いているわけではないのです。

坐骨神経痛腰部脊柱管狭窄症などは字を見ただけでいかにも恐ろしい病気のような感じがしますが、必ずしも心配し過ぎることはありません。(馬尾症候群麻痺は除く)

骨の変形やヘルニア、脊柱管狭窄などは年をとれば誰でもあるものです。
健康な70歳代の腰をMRI撮影したら60%に脊柱管狭窄が見られたそうです。

ですから画像検査=痛みではないということですね。

痛みを知ることがカギ

先日のNHKスペシャルでは脳のDLPFC(背外側前頭前野)の衰えが長引く腰痛の原因の一つと言われていました。

痛みが起きると痛みの情報は電気信号となって神経を伝い、脳へ伝達されます。すると脳では神経細胞が興奮し、痛みの回路が生まれます。

通常であれば大本の原因が治れば痛みは引くのですが、DLPFCが衰えて働きにくくなっているといつまでも痛みが続くことがあります。

ではなにがこのDLPFCの働きを衰えさせてしまうのでしょうか。

長くなったのでまた次回に(*^^*)

cropped-cropped-cover_img1.png

 

誤った思い込みを矯正すること

先日NHKスペシャルで「腰痛治療革命・見えてきた痛みのメカニズム」というタイトルで腰痛に関して放送されていましたね。

NHKスペシャル様のサイト

backacheその中でも述べられていましたが、痛みに対する不安恐怖が脳の機能を低下させ、痛みをとれづらくさせてしまう。

誤った思い込みが恐怖や不安を招いているのです。

多くの場合、腰痛は改善しますから心配のないものです。

骨の変形は心配ありません。

神経に対する圧迫麻痺がなければ心配ありません。

Radiography of Human Bones痛みは様々なものが組み合わさって起こりますが、
不安、恐怖、怒り悲しみ焦りは痛みを永続化させるきっかけになってしまう可能性があります。

・誤った思い込み

・痛みに対する恐怖や不安

はなるべく早く解消しましょう。

事実を知れば考えが変わります。
考えが変われば行動が変わります。
行動が変われば痛みが変わります。

事実を知り、痛みを乗り越え楽しく生活しましょう。

dramatized x ray of a hand thumbs upcropped-cover_img.png

 

脊柱管狭窄症への減圧術と理学療法、二年後の身体機能に差なし

症候性の腰部脊柱管狭窄症患者をランダムに外科的減圧術群と六週間の理学療法群に割付、二年後の身体機能を比較した臨床試験で両群に有意差がないことが明らかになった。両群とも二年後に身体機能が同程度に回復しており、効果に男女差は見られなかったという。米Pittsburgh大学のAnthony Delitto氏らが、Annals of Internal Medicine誌2015年4月7日号に報告した。 http://annals.org/article.aspx?articleid=2214174

とまあ、こんなデータもあります。

脊柱管狭窄症で苦しんでいる方、多いですよね。
手術するのか、保存的に治療するのか、様々なデータを集めてよく考えてくださいね。

椎間板ヘルニアや脊柱管狭窄症と病名はついていたが、実は痛みは筋膜性疼痛症候群MPS)だったなんてことはよくあることです。

手術しても保存療法でも二年後に差はなく、症状がない方をレントゲン撮影しても関節の変形や神経に対する圧迫が普通に見られるものなら、あまり脊柱管狭窄症などの病名に執着することなく、別の可能性を考えることが必要かもしれませんね。

もちろん麻痺があれば別ですが。

Radiography of Human Bones

春の防痛安心週間開催中です。

今回の防痛チェックは「

今は痛くないけど心配な方、日本防痛安心協会加盟の施設で無料チェックを
おこないましょう。

日本防痛安心協会
http://makikomi.jp/bo2/

防痛安心協会ロゴ

大嶋大輔初の電子書籍、発売中です(^^)
http://s621.com/blog/
スクリーンショット 2015-03-12 22.14.52cropped-cover_img.png

もう夏ですね

梅雨時だというのにおかしな天気が続いていますね、日本気候はどうなってしまったのでしょうか。

当院の治療筋肉皮膚などに存在しているセンサーに触刺激を与えて軟部組織(筋肉や皮膚)などを柔らかくする施術方法です。諸説ありますが、何故軽微な触刺激で興奮している痛みセンサー(ポリモーダル受容器)が沈静化するかは分かっていません。

痛みは電気現象です。痛みを含め、触覚、温冷覚等の感覚は電気信号のやりとりによって成立しています。痛みがあるということはどこかで痛みのセンサーが興奮しているということです。変形神経に対する圧迫がエネルギーを生む訳ではありません。
理論的に考えれば、それが痛みの原因ではないことはお分かり頂けると思います。その多くは軟部組織である筋肉や皮膚、靭帯であることが分かっています。

つまり、発生している多くの痛みやしびれは、軟部組織(筋肉や皮膚)由来のものなのです。

例えば、変形性膝関節症。変形があっても痛みがない方とある方がいますが、その差は一体何でしょうか?
これは椎間板ヘルニア脊柱管狭窄症でも同じことが言えます。もし神経を圧迫して痛みが発生するならば、足の裏の神経や、座り仕事の方の坐骨神経は大変なことになるはずです。

しかしそうならないという事を考えると、どんな答えが出てくるでしょう??
つまり、神経を圧迫して起こるのは「麻痺」であり「痛み」ではないですし、変形=痛みではないわけです。

どのような問題にも言えることですが、人から言われたことを「鵜呑み」にするのではなく、常に「自分で調べ、考えて」行動したいですね。

 

夏の時期に注意したいこと

脱水」と「痛み」には深い関係にあります。実際に、暑い時期になると患者さんが増えます。これは体内の水分消失筋肉痛が関係しているためだと考えられています。
大量にをかくことで、足がつるなどの経験をした方は多いのではないでしょうか。

現代は糖質過多ミネラルが足りていない方が多いです。ですから、水分とミネラルの補給は重要になってきます。
暑い日が増え、汗をかくようになれば、水に天日海塩などの塩をひとつまみ溶かして飲むといいでしょう。但し、食卓塩などは生成する際にミネラルが失われていますので、お勧めしません。もちろん食事から摂取するのも忘れずにしましょう。

もう一つ、夏の時期に注意したいことといえば蚊取り線香などの殺虫剤でしょうか。最近では色々なタイプの製品が出ていますね。玄関先などにかけているお家 もかなり見るようになりました。蚊取り線香などに使用されている薬品神経毒です。有機リン系ネオニコチノイドを使った防虫剤、殺虫剤は神経伝達を狂わ せ、体に様々な症状を発生させる可能性がありますから、使用はなるべく控えたいところです。

WS000129

【画像クリックで拡大】

ネオニコチノイドの毒性の説明はサイト「ミツバチからの警告」様より

続く。

bee on echinops

もっと単純に考えよう

痛みやしびれはほとんどが筋肉由来のものです。

現代医学は幸か不幸か、画像診断機器が発達してしまったおかげで痛みの原因を骨の変形神経への圧迫に求めるようになってしまいました。

確かに、体の内部を画像化することで救われる方もいます。しかし痛みに関してはなかなかうまくいっていないのです。

それはすでに様々な研究により明らかにされていますが、知らない方はまだまだ多いようです。

昨年末日本でも腰痛診療ガイドラインが発表されましたね。「腰痛の発症と慢性化には心理社会的因子(ストレス)が関与していて、危険信号(レッドフラッグ)がない限り画像検査は不要」とされたものです。http://www.nankodo.co.jp/wasyo/search/syo_syosai.asp?T_PRODUCTNO=2269421

「痛みの発症と慢性化に心理社会的因子が関与する。」

これは腰痛に限ったことではありません。肩や膝などでも同じことです。

心が痛いと体も痛い」

まさにその通り、心身一如なんですね。

ストレスで胃潰瘍十二指腸潰瘍になることは皆さんご存知だと思います。

しかし全てではないですが、心理社会的要因が原因で手や足などの運動器に痛みが出ることは以外に知られていません。様々な要因によりココロに問題が生じ、体の生理的な機能が障害を起こす。逆もまた然り。体の痛み→不安恐怖でストレス→痛み増強が多いのですが。

それが胃に出れば胃炎や胃潰瘍などと言われるし、手や足などの運動器に出れば五十肩や腰痛、坐骨神経痛などと言われます。

体にでる症状は生理的な機能の障害なのです。

昔は画像診断機器も無かったし、軟骨や神経などという概念もありませんでした。しかしかえってその方が重く考えることもないし、苦労なく治っていたのではないでしょうか。痛みが出たら近所のマッサージ指圧鍼灸などで治癒したことでしょう。運動器に発生する痛みやしびれはその多くが筋肉や関節包靭帯などの軟部組織由来だからです。

ですから、筋肉が柔らかくなれば多くの痛みは消えます。

もっと単純に考えましょう。複雑に考えることにより治癒が難しくなるケースが多々見られます。人は不安や恐怖が増すと痛みを制御する機能が低下して痛みの強度が増すからです。

骨の変形や神経への圧迫で痛みは発生しにくいのです。強い力で締め付ける(絞扼する)と麻痺になります。これはそうそう見るものでもないです。知覚鈍麻知覚脱失神経原性筋萎縮など、見ればすぐに分かるものです。

痛みに対する不安や恐怖が痛みを雪だるま式に増やします。だからそうならないためにも、なかなか治らない方は痛みに対する知識のアップデートや運動が必要になります。

 

 

 

脊柱管狭窄症、画像と臨床症状に相関なしという研究もある

埼玉県内よりお越しのAさん。1ヶ月半前より腰痛と両下肢のしびれがあります。

整形外科では脊柱管狭窄症手術の必要性を指摘されています。下肢痛が発生する前に足底筋膜炎があり、足をかばいながら歩いていたようです。ということは足底の痛みが腰と下肢全体に広がってきたと考えるべきでしょうか。盛んに麻痺の言葉が出てきていました。とても心配だったのでしょう。麻痺は神経脱落症状です。知覚鈍麻知覚脱失運動麻痺。痛みは麻痺ではありません。痛みは電気信号です。痛みがあるということは、どこかで痛みセンサーが興奮し続けているのです。

当院受診時、とても歩くのが辛そうでした。やっと動いている感じです。影響を与えそうな既往歴は特に無し。疼痛性側湾と腰の伸展障害、足背屈力が軽度ですが低下していました。これはセンサーの異常でも発生します。どちらかは経過を見ないとですね。深部腱反射異常なし、病的反射異常なし、筋萎縮異常なし。

その場ではあまり変化が無かったように思います。本日2度目の施術にいらっしゃいましたが、だいぶ正常に近い歩行になっていました。とても楽になったそうです。まだ負荷をかけると痛むそうですが、それも徐々に無くなるでしょう。問題なければ後1,2回の施術で終了するとおもいます。Aさん良かったですね。

症状がなくても脊柱管の狭窄がある方がたくさんいます。症状があっても画像上何も異常がない方がいます。この差は一体何でしょうか?

 

高性能な画像診断機器の普及によって1990年代ころから脊柱管狭窄症と診断される患者が増加したが、平均年齢59歳の脊柱管狭窄症の患者100名の画像所見(レントゲン撮影・CT・脊髄造影)と臨床症状を比較した結果、画像所見と臨床症状の間に関連性は見出せなかった。http://1.usa.gov/RxEUW4

腰痛にストレス関与、安静は有効と限らない

腰痛ストレス関与、安静、有効と限らず 学会が診療指針 2012/12/30

http://www.nikkei.com/(クリックするとページを移動します)

 

日本整形外科学会と日本腰痛学会が診療ガイドラインをまとめたそうです。

それによると

重篤な脊椎疾患の兆候(レッドフラッグ)が無い限り、全ての患者さんにレントゲンやMRIによる画像検査の必要性は無い。(レッドフラッグに関してはこちらをクリック

1,悪性腫瘍や外傷、感染などの重い脊椎疾患の疑われるもの

2,まひやしびれ、筋力の低下など神経症状を伴うもの

3,原因が特定できない非特異的腰痛

上記3つに分類することが重要とした。

 

腰痛のほとんどは上記の3です。

しびれ=麻痺ではありません。関節や軟部組織の反射異常でもしびれや感覚異常、筋力低下や筋萎縮は発生します。もちろん症状が進行していく場合や、明らかに麻痺の症状である場合には検査が必要になります。

しかし、こうして腰痛の診断ガイドラインが出たことで少しは私も奇人変人扱いされなくなるでしょうか、期待です。

 

あなたの痛み、教えてください。一緒にがんばりましょう。詳しくはおおしま接骨院オフィシャルサイトをご覧ください。http://s621.com

act therapy explanation

脊柱管狭窄症

脊柱管狭窄症について

脊柱管とは、脊髄神経が納まっている管の事です。その管、脊柱管が何らかの原因で狭くなってしまい脊髄神経を圧迫して色々な症状が発生する病気を脊柱管狭窄症といいます。

しかし、この脊柱管狭窄症には色々と疑問があります。

・全く症状が無い方にも脊柱管狭窄はよく見つかります

・神経が圧迫されて痛みが発生する、というのは実はおかしな事です

・ACT療法で治ることが多々あります

腰痛下肢痛が全くない方にも脊柱管狭窄症はよく見られます。神経管は受容器が無いために途中で圧迫されても痛みやしびれは発生しないはずです。圧迫されて起こるのは麻痺ですが、実際に麻痺を見るのは極稀です。これは椎間板ヘルニアにも同じことが言えます。

ACT療法で治ることが多々あります。脊柱管が狭窄して神経が症状を発生しているのならありえない話です。関節反射が関わっている腰痛下肢痛がかなりあります。

痛みしびれ=神経の症状、しびれ=麻痺ではありません。下肢の麻痺や膀胱直腸障害が発生した場合は手術が必要です。

おおしま接骨院では脊柱管狭窄症の施術をしています。もちろん治療中に痛みは発生しません。

 

脊柱管狭窄症、我慢しないで私達に相談してください。詳しくはおおしま接骨院オフィシャルサイトを御覧ください。http://s621.com

act therapy explanation