脊椎分離症の患者さんその後

先日脊椎分離症ですと言われ腰痛を訴えて来られた患者さん、本日2回目の治療にいらっしゃいました。痛みは大分改善したそうです。本日は診察室に入ってくる時から表情が明るくなっていました。良かったですね、もう大丈夫そうです。

彼は高校生で野球部に所属しています。腰痛になって整形外科を受診したところ、レントゲン撮影して脊椎分離症と言われたそうです。初回うちに来た時は表情も少なく、とても落ち込んでいるように感じました。

脊椎分離症は疲労骨折だと言われていますから、分離した当初は痛いと思いますが、時間が経ったものは痛みの原因としては考えにくいのです。(過去記事:脊椎分離症と痛み)

気持ちが落ち込んでいると治療に対する反応も悪くなりやすいですし、痛みの回復も遅くなりやすいです。

ですから彼には初診時に脊椎分離症は腰痛の無い方にも腰痛ある方と比べて同程度存在すること、腰痛が無くても背骨骨盤の異常はあること、痛みは電気現象だということ等を時間をかけて説明しました。

Bigos SJ. et al : Clin Orthop,1992

WS000138

Oblique lumbar spine radiographs: importance in young patients.

私も高校時代は野球部に所属していましたが、大人の事情で辞めさせられたのです。ですから彼には痛みで野球を諦めるなどしてほしくありませんでしたから、説明にはつい力が入ってしまいました(笑)

制度の問題やらなにやらたくさんあるのですが、腰椎椎間板ヘルニア脊柱管狭窄症、脊椎分離症、すべり症変形性脊椎症などの疾患は実は筋肉の痛みだった、ということはよくあることです。

現状、皆さんが痛みの難民にならないためにはご自身でも痛みの勉強をする必要があると思いますが、一緒にがんばりましょう。

ノートパソコンと犬

変形性股関節症と痛み

久喜市よりお越しのAさんは5年ほど前より右股関節に痛みがありました。レントゲン上は変形があり、変形性股関節症と言われています。

当院受診時は可動域の障害と、鼠径部臀部に多数の圧痛がありました。特に鼠径靭帯を押すと物凄く痛がります。

昨日5回目の治療をしたら最初に比べてほとんど痛みはとれたそうです。

関節が変形しているから痛い

軟骨がすり減っているから痛い

骨盤や関節が歪んでいるから痛い

筋力がないから痛い

安静にしてなるべく足に体重をかけないようにしなければいけない

これらは間違った思い込み、考え方です。

痛みは電気現象ですが、変形はエネルギーを生じるのでしょうか。軟骨がすり減ると痛みセンサーは興奮するのでしょうか。骨盤や関節が歪むとどうして痛みセンサーが興奮するのでしょうか。筋力がないとどうして痛みセンサーが興奮するのでしょうか。安静にすると筋力が無くなりますが筋力つけるとの矛盾は生じないでしょうか。年取れば骨も変形しますが、周りの方は皆さん痛がっていますか。温めたり運動したりで楽になる方がいますがどうしてですか。そもそもレントゲンに痛みは写りませんが。手術受けても痛みがとれない場合がありますがなぜでしょうか。

股関節が変形していても痛い方と痛くない方がいます。

この様な違いはどうして生じるのでしょうか。

あなたの痛みは本当に変形によるものなのですか。

light bulb Alternative energy concept

産後腰痛で苦しんでいる方、多いですね。

産後腰痛で悩んでいる方は多いですね。

産後腰痛とはそのままなのですが、出産後の腰痛です。赤ちゃんの出産には大きな痛みを伴います。その痛みの入力と共に、赤ちゃんが産道を通る際、骨盤仙腸関節周囲の反射が障害され、痛みの元になります。

骨盤の仙腸関節は全身の関節のまとめ役なので、ここがおかしくなると手首が痛くなったり膝が痛くなったりと、体の色々な場所に痛みやしびれの症状が発生しやすくなります。出産直後は心身ともに不安定ですし、心理的な事も関係してきます。

産後腰痛は心理社会的な問題が強く影響していなければ比較的痛みが引きやすい疾患です。(どなたにも多少はありますが)

ホルモンのバランスや、出産後の体力の関係で矯正は産後1ヶ月経ってから受け付けていますが、痛みは入力が長く続くと慢性痛に移行しやすくなりますので、なるべく早い段階で痛みの治療が大切です。慢性化しても大半の方は痛みがとれるのですが、一部痛みがとれづらい状況になる方がいるからです。

 

妊娠している方としていない方の腰部椎間板をMRIで比較した結果、どちらも椎間板膨隆、椎間板ヘルニアに差はなかったhttp://1.usa.gov/luz28A

 

腰痛発症後1年以内の144名と腰痛の無い方138名を対象に骨盤の歪みなどを測定して腰痛との関わりを調べた結果、骨盤の歪みと腰痛とは関連していないことが分かった。http://1.usa.gov/kIBHZm

 

おおしま接骨院では産後腰痛の治療をしています。

おおしま接骨院について、詳しくはオフィシャルサイトhttp://s621.comを御覧ください。

act therapy explanation