痛みに気持ちで負けちゃ駄目ですよ

の痛みで悩まされていたSさんからお礼のお手紙をいただきました。

詳しくは書けませんが、一度の治療で階段の昇り降りがとても楽になったそうです。

良かったですね。お手紙をいただけると大変嬉しいですし、また頑張ろうと思えます。患者さんから元気を頂いています。(本来逆な気がしますが)

もちろん、一度の治療で改善する方ばかりではありません。本人の気質や体質、普段どのような生活をしているかによっても変化します。Sさんは非常に治療に積極的でした。して良いことや悪いことなどを熱心に聞いてきました。こういった積極的な方は改善するのが早い気がしますが・・・。

Sさんは変形性膝関節症と言われて長いこと痛みと戦っていたわけですが、痛みが楽になったのは変形から痛みが発生していていなかったからです。

変形=痛みではありません。

変形があっても痛みのない方はたくさんいます。

今日も電話で3件程どのような治療なのか?と聞かれました。当院での治療は関節や軟部組織にある受容器に働きかけ、機能を回復させる手技療法です。

関節周囲や軟部組織にある受容器が機能異常を起こすと痛みやしびれが発生する事が多いですから、受容器に対して極僅かに触れたり圧迫したりして刺激をしていきます。

関節のズレや骨格の矯正手技ではありませんから、施術中は触れられている感じしかしません。治療に刺激を求める方には物足りないでしょうね(笑)

 

診療時間や駐車場などの情報はオフィシャルサイトをご覧ください。こちらをクリックするとページを移動します。

act therapy explanation