野球肘の治療 その2

野球肘の痛みを我慢して、中々医療機関を受診しないことがありますが、障害が強くなってからですと可動域障害や痛みなどの症状が残ってしまうこともあり、早めの受診が大切です。

早めに治療できればそれだけ回復も早くなりますし、障害も残さず治ることが多いですよ。

投球時に痛みや違和感を感じたらすぐに医療機関へ行きましょう。

下の写真は極端ですが、両肘を曲げたり伸ばしたりして角度に差がでるようでしたら速やかに医療機関を受診してください。

当院ではACT療法で関節反射の治療を行い、野球肘の早期回復を目指しています。

 

野球肘の治療について詳しくはおおしま接骨院オフィシャルサイトを御覧ください。http://s621.com

野球肘の原因と治療

野球肘とは投球などの動作の繰り返しによって肘関節に繰り返しのストレスがかかり、痛みや可動域障害を起こすスポーツ障害です。別名にリトルリーガーズエルボー、ペースボールエルボーなどがありますが、正式名称は内側型が上腕骨内側上顆炎、外側型が上腕骨外側上顆炎です。

繰り返しの動作によって痛みだす事がほとんどで、一回の投球で痛くなることはあまりありません。

初期の症状は投球時の違和感や痛みですが、重症化してくると可動域が低下し、肘が伸ばせなくなったり曲げられなくなったりしますので、痛みが発生したらすぐに医療機関を受診するようにしましょう。特別な状況で無い限り、早めに治療したほうが治りも早いです。

野球肘の原因ですが、関節の反射機能が障害されて発生する事が非常に多いです。これは使いすぎのストレスにより、関節の反射機能が障害されるからです。当院ではACT療法でコントロールセンターである骨盤の仙腸関節から肘にかけてのネットワークを矯正し、早期の治癒を目指します。もちろん治療中に痛みはありません。

 

 

野球肘と治療について詳しくはおおしま接骨院オフィシャルサイトを御覧ください。http://s621.com