施術の感想をいただけました(肩と膝の痛み)

施術の感想をいただけましたので掲載します。

Q7
痛さがない

Q8
やさしい対応です

Q9
通院2回での痛みが取れて
先生の神の手は凄いの一言です
本当に感謝しています。

kansou※画像をクリックすると大きく表示されます。

素晴らしい感想をありがとうございました。

さいたま市よりお越しのAさんは、だいぶ前から両肩と両膝に痛みがありました。

整形外科さんでは五十肩神経障害性疼痛と言われたそうです。

Acute pain in kneeうちにいらっしゃった時、肩は肩甲骨の動きがかなり障害されていて、体中のあちこちに筋肉圧痛がありました。

膝は軽い屈曲制限と筋肉の圧痛があるくらいでした。

初回の施術でかなり良くなったみたいでして、先程3回目の施術をおこなったのですがほとんど大丈夫な状態だそうです。

もう大丈夫だと思いますが、心配ならあと1,2回施術、というところでしょうか。

Aさん回復して良かったですね。

3d rendered illustration of an active receptor一般的に言われている急性痛慢性痛は痛みが出ている期間をもとに言いますが、慢性痛でもすぐに痛みがとれる方はたくさんいますし、急性痛でもなかなかとれない方もいます。

痛みには様々なものが複雑に関係してきますので、その痛みがどの位でとれるかはなかなか判断できないのです。

痛みは個人の経験ですから。

五十肩や神経障害性疼痛と言われていたけれども実は筋肉の痛みだったなんてことはよくあることです。

痛みに対する恐怖不安は痛みを頑固にして難治にしてしまう傾向があります。

Depressed 3d man sitting in corner of room病名を付けられてしまうとそればかりを考えて一日を痛みばかり考えて過ごしてしまうようになる方がかなりいますね。

読んでいてギクッとした方はいるのではないでしょうか。

痛みのことばかり考えて生活していると痛みがとれづらくなってしまいますよ。

痛みには原因があり、大抵の場合は解決可能なのです。

何ヶ月、何年と痛みが続いている場合、現在の対処が適切で無い可能性があります。
その場合、痛みに対する考え方、捉え方を少し変えてみてはいかがでしょうか。

運動しているシニアの3人組cropped-cover_img.png

 

長く続いた腰と膝の痛み

茨城県古河市よりお越しのAさんは10年前に自転車転倒してからと両に痛みがありました。

膝は検査の結果半月板を損傷したらしく、手術を勧められていたそうです。

knie schmerzen 2初めていらっしゃった時腰は筋肉のバランスからか、左に傾いていました。その他伸展制限と筋肉の圧痛。

膝は屈曲と伸展時の動く範囲が制限されていました。

本日6度目の施術をしましたが、大分良いそうです。
痛みで一段ずつしか降りれなかった階段もスムーズに降りれるようになったそうです。

Aさん良かったですね。

あともう少しで大丈夫になるかと思います。

長く痛みが続いた方でもすぐに良くなる方はたくさんいますし、半月板が画像上損傷したり摩耗していても痛みがとれる方はたくさんいます。

今の痛みがなかなか改善しない場合、筋肉や靭帯の痛みを疑ってみてはいかがでしょうか。

Physiotherapie

年だからしょうがないはそろそろやめよう

痛み、年だからしょうがないとはよく聞く言葉ですね。

ですが、全ての人が年をとるから痛むわけではありませんよ。年をとれば皮膚シワができますが、同じように関節老化して変形したりするのです。

骨の変形や軟骨の摩耗が痛みになるのなら、変形や軟骨の摩耗がある方は全ての方が痛みを抱えていなければおかしいことになりますが、実際はそうではありません。

痛みを抱えた方々と健常者をグループ分けしてレントゲン画像を比較したら同程度変形や軟骨の摩耗が見つかった、なんて研究たくさんあります。

決して変形=痛み

ではないわけです。

それに「年のせいだから」と諦めさせてしまえば、ますます痛みがとれづらくなりやすいのです。

痛みの多くは筋肉靭帯に存在する痛みセンサー(ポリモーダル受容器)の興奮によって起こります。

これをいかに沈静化させるか。

外側からのアプローチとしては、様々な徒手療法ストレッチ、体を動かすなどで良いと思いますが、痛みがこじれてなかなか取れない方は内側からのアプローチが必要になることがあります。

痛みを知る、ということです。

痛みは電気現象です。末端にある痛みセンサーが興奮して発電します。発電された電気は神経管を通ってに到達し、そこで情報解析されて初めて「痛み」として感じます。

・変形があっても痛みのない方がたくさんいること。

・痛みの多くは筋筋膜性疼痛症候群であること。

マッサージや種々の徒手療法によって楽になる方がたくさんいること。

などを知ってもらえれば考え方も変わってくるかと思いますが、考え方が変わることによって痛みがひきやすくなると思います。そういったことを知っていれば余計な不安が軽減しますからね。

今まで痛みがとれてこなかった方はそれではダメだったわけですから、行動しなくてはですよね。

まずは行動をすることです。

Sick dog with bandages lying on bed

痛みが治まったら他が痛くなった

さいたま市よりお越しのAさん、ストレッチをした後から右に痛みが発生し、徐々に手が挙がらなくなってきたそうです。レントゲン検査では骨に異常はなく、五十肩と言われたそうです。

当院受診時、腕の挙がりが少し悪くなっていましたが、それほどではありませんでした。筋肉の圧痛があちこちにあります。

先日2回目の治療前にお話を聞いたら右肩は大分良くなったそうですが、数日前より右が痛くなってきたそうです。ご本人に痛めた記憶は特に無いようでしたが。

「痛い所が良くなったら他が痛くなった。」

これはよく聞く話ですね。これには広汎性侵害抑制調節が働いている可能性があります。これについて過去に記事を書いてありますので、興味のある方はご覧ください。

痛みで痛みが抑えられる

先日の台風が去ってから毎日暑い日が続きますね。水分とミネラルの摂取は積極的に行ってくださいね。

aquarium window in Okinawa, Japan

治療の感想を頂けました(^^)

本日も治療の感想を頂けました。

Q9
治療についての細かな説明で安心しています
Q10
痛みの原因を知り、自分でコントロールも出来ています。
安心しておまかせしています。
知人にも話のですが説明がむずかしいです。パンフレット等があれば良いかもですね。

Aさんはと右が痛くて昨年末来院されました。3年ほど前より痛みがあったそうですが、整形外科さんでは腰椎すべり症変形性膝関節症と言われていたそうです。来院前に右下肢にしびれがでてきていました。

2回目の治療前にお話を聞くと、8割ほど回復したそうです。肩こりもあるとのことで2回目の治療から肩こりも一緒に治療しています。

本日6回目の治療をしましたが、あと一歩ですね。

Aさん、パンフレットに関しては、「紹介したいけど説明が難しい。」と要望をたくさん頂いていますので、現在作成中です(^^)

もう少々お待ちください・・・。

治療の感想をいただけました(^^)

本日も治療の感想をいただけました。

Q9
これで本当に良くなるのか?と不安になるほどさわっているだけのような治療ですが、痛みがとれてきたような気がします。

Q10
痛む期間が長かったので、本当に痛くなくなるのか、自分でも信じられないのですが、先生の「治ると信じれば治る」という言葉を信じてみようと思います。

これからもよろしくおねがいします。

おおしま接骨院HP「患者さんの声」に掲載させて頂きました。(ページ最下部に掲載) http://s621.com

Aさんは数ヶ月前より右に痛みがありました。ちょうどその時期にランニングしたり登山したりと、膝にとっては過酷な状況だったのでしょうか。

来院された時はあちらこちらに筋肉の圧痛があり、皮膚も硬くなっていました。

本日2度目の治療をしましたが、最初に比べて3分の1ほど痛みが引いたそうです。残り3分の2ですね、Aさんがんばりましょう(^^)

「治る」と強く思うことで治りが良くなったり、「治らない」と思うことで治りが悪くなることがあります。そりゃあ、治らないと思って治療しても結果はよくないでしょうよ・・・w

痛みが長く続いたり、治療しても結果がよろしくないと治らないものだと思い込んでしまう方がたくさんいます。

ナゼ痛いのか?

ナゼ治らないのか?

なかなか痛みが引かない方は、この辺を考える必要があると思います。だからこそ「痛み」について本を読んだりして「痛みを知る」事が必要だとお伝えしています。

 

非がん性慢性疼痛患者ではしばしば、抑うつや不安といったネガティブ感情がみられる。こうしたネガティブ感情は疼痛の強さと関連している。 http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/22681407

ネガティブ思考の力 http://www.berkeleywellness.com/healthy-mind/mind-body/article/power-negative-thinking

ポジティブな言葉をかけて治療したほうが、ネガティブな言葉をかけて治療するよりもはるかに経過が良い http://www.bmj.com/content/294/6581/1200

痛みに関連した言葉と痛み刺激が組み合わされるとプライミング効果で痛みが増す。http://1.usa.gov/mFRvuz

施術の感想を頂けました(^^)

先日口コミサイトエキテン!さんに治療の感想を頂けました。

行ってよかった
ぎっくり腰発症4日目でようやく困難ながらも歩けるようになり、縋る思いでこちらの院に行きました。
駐車場も8台分あり外観もきれいで女性一人でも通院出来そうな雰囲気。一歩入ると院内も清潔で明るい印象です。
先生は丁寧に症状を聞いてくれ、こちらの質問にも分かりやすく答えてくれます。
施術は触られている程度で全く痛くありません!横向きで横になり右下左下と交互に施術していただき、寝返りをするたびに痛みが取れていくのが実感できました!
終わって立ってみると右に傾いていた身体がまっすぐに立っている感覚…
本当にびっくりしました。
痛みも体の傾きもまだありますが、頑張って通院して治して行きたいと思えました。

 

エキテン!様サイト おおしま接骨院ページ http://www.ekiten.jp/

最近感想頂けることが多いですね、大変嬉しいです!

ぎっくり腰に限らず、肩の痛み足の痛みも同じです。痛みはその多くが痛みセンサー(ポリモーダル受容器)の興奮によって起こります。

場所が変わるから特別なことはあまりありません。

膝に水がたまる

に水がたまる」とはよく聞くものです。膝に水がたまるとは、膝の関節を包んでいる袋、関節胞に関節内の液体(関節液)が溜まってしまう状態です。

この関節液は平常時より少量関節胞に存在していますから、皆さんの膝にも必ずあります。通常は無色透明から若干黄色がかった色です。関節が滑らかに動くように潤滑油の様な働きをしたり、関節内に栄養を与える働きをしています。

この関節液は滑膜で新しく作られたり吸収されていますが、関節周囲のセンサー(受容器)等に異常が発生すると、滑膜から滑液が過剰に分泌されてしまい、その結果関節胞に関節液が溜まってしまいます。

これがいわゆる「膝に水が溜まった」状態です。

この様な状態になると、量にもよりますが、関節胞に圧力がかかり外側に膨らむ力が加わるため、物理的に痛みセンサーを刺激して痛みになったり、違和感やだるさを感じることになります。

水が溜まる原因は様々で、無色透明ややや黄色がかった色でしたら関節内外の受容器障害が考えられますし、赤い場合やギラギラ油の混じった様な状態は関節内出血を考えなければで、白く濁っていたりしたら細菌感染を考えなければいけません。

この中で一番多いのは無色透明から黄色がかった関節液の貯留ですが、皮膚や関節胞等の軟部組織に刺激を与えることでその場で水腫が小さくなる、吸収されるという現象をよく目にします。これは施術前、施術後で超音波観察機で何例も確認しています。

昨日も膝に関節水腫がある方を施術した所、その場でとても小さくなりましたので、驚いていました。(もちろん全例がその場で変化するわけではないですよ)

これで何が考えられるかというと、関節液の量は関節周囲のセンサー(受容器)が管理している可能性がある、ということです。ですからセンサー(受容器)に機能障害が発生すると吸収と排出のバランスが崩れて関節液が貯留してしまうのでしょう。

どの受容器(センサー)を刺激することによってこの様な状態になるかは現在のところ分かりませんが、もし筋肉や皮膚にある受容器(センサー)を刺激することによって余計に溜まってしまった関節液が消退するならば、ご自身で改善できる可能性はありますね。

 

安心は痛みを和らげる

埼玉県内よりお越しのAさん、約1年前より左の痛みと両足底しびれがあります。レントゲン検査では椎間板の間が狭い、いわゆる椎間板狭小化と説明されたそうです。あまり変化がないのでいらっしゃいました。

左膝周囲と足の第4、第5中足骨間と足の裏に強い圧痛がありました。トリガーポイントですね。

治療後は少ししびれと痛みが変化したそうです。1~2回で治療終了しそうな感じですが、どう経過するでしょうか。

痛みやしびれがあるとやはり不安になりますよね。目では見えないし、他人からは理解されづらい。一人で抱え込んでしまって悩んでいる方も多いと思います。

そんな時は気分転換するのが良いとお思いますよ。気分転換して痛みに気が向かいないようにするのも立派な治療ですからね。医療機関にかかるばかりが治療じゃないですよ。

趣味に没頭したり、旅行へ行ったり、痛みについて誰かに話しを聞いてもらうのも良いと思います。泣いたり、笑ったり、感情を表に出すのも大切ですね。感情を開放する事によって楽になることもありますからね。何かと抑圧されることが多い世の中ですからw

抑圧された感情が体の痛みになってしまうこともあるんです。心理社会的要因=ストレス

今日も話をしただけで症状が緩和した方が数人いました。私ももう少しうまく喋れるようになると良いのですが、苦手なところですw

安心は痛みを軽減させます。

痛みに気持ちで負けちゃ駄目ですよ

の痛みで悩まされていたSさんからお礼のお手紙をいただきました。

詳しくは書けませんが、一度の治療で階段の昇り降りがとても楽になったそうです。

良かったですね。お手紙をいただけると大変嬉しいですし、また頑張ろうと思えます。患者さんから元気を頂いています。(本来逆な気がしますが)

もちろん、一度の治療で改善する方ばかりではありません。本人の気質や体質、普段どのような生活をしているかによっても変化します。Sさんは非常に治療に積極的でした。して良いことや悪いことなどを熱心に聞いてきました。こういった積極的な方は改善するのが早い気がしますが・・・。

Sさんは変形性膝関節症と言われて長いこと痛みと戦っていたわけですが、痛みが楽になったのは変形から痛みが発生していていなかったからです。

変形=痛みではありません。

変形があっても痛みのない方はたくさんいます。

今日も電話で3件程どのような治療なのか?と聞かれました。当院での治療は関節や軟部組織にある受容器に働きかけ、機能を回復させる手技療法です。

関節周囲や軟部組織にある受容器が機能異常を起こすと痛みやしびれが発生する事が多いですから、受容器に対して極僅かに触れたり圧迫したりして刺激をしていきます。

関節のズレや骨格の矯正手技ではありませんから、施術中は触れられている感じしかしません。治療に刺激を求める方には物足りないでしょうね(笑)

 

診療時間や駐車場などの情報はオフィシャルサイトをご覧ください。こちらをクリックするとページを移動します。

act therapy explanation