肘の肘内障

肘内障について。 親が子供の手を急に引っ張ったりして起こる亜脱臼です。
亜脱臼を起こした後は手をだらんと下げて動かさなくなります。(痛いので)

ほとんどの場合引っ張られたことにより亜脱臼のみですみますが、注意しなければならない事として、受傷機転が不明確な場合に鎖骨骨折肩関節脱臼橈骨頭骨折等があります。

来院したときには大体定型的な肢位をとっていますので診断的治療として内障の整復動作を試みますが、私の場合一応親が同席していた場合受傷機転をよく聴き、肘内障以外の外傷が無いか確認してから整復します。
希に上記にもあるように肩関節脱臼や橈骨頭骨折があります。
それに、子供はいきなり痛い肘を触ろうとすると恐がり泣き出したり、触らせなくなりますので肘より離れた鎖骨や肩を触診してからの方が整復動作には入りやすいです。

肘内障である場合患児に「どこが痛いの?」と聞くとよく「手首」と答えが返ってきますが、これは痛いところを触られたくないというわけではなく、肘内障は「関節のセンサーの異常」を伴っていますから、関連痛が手首に現れるわけです。
関連痛は肘内障整復と同時に消失しますから分かりやすいですね。

 

その痛み、我慢しないで私達に相談してください。詳しくはおおしま接骨院オフィシャルサイトを御覧ください。http://s621.com

act therapy explanation

 

テニス肘(上腕骨外側上顆炎)

テニス肘(外側上顆炎)の治療

の外側が痛くなって病院や整形外科にかかり、「テニス肘」と診断される事もありますが、テニス肘の正式名称は上腕骨外側上顆炎と言います。

ここは手首を伸ばす筋肉が複数くっついている場所で、力がかかりやすく痛めやすいとされています。主な症状は動かした時の痛み、外側上顆を押した際の圧痛などです。

原因は使いすぎが多いのですが、肘にではなく腰にあります。(当院で治療した事がある方はわかりやすいですね)

テニス肘(外側上顆炎)は骨盤にある仙腸関節の反射機能がおかしくなり、ネットワークが乱れて痛みが発生します。発生しやすい場所には特徴があり、

1,以前怪我をしたか痛みが出た場所

2,普段使ってストレスをかけている関節

に痛みやしびれが発生しやすいです。

治療は骨盤の仙腸関節を調整しますが、数回の治療でよくなる事が多い疾患です。

 

テニス肘(上腕骨外側上顆炎)の原因と治療について詳しくはおおしま接骨院オフィシャルサイトを御覧ください。http://s621.com