低血糖症、夜中の噛み締めで頭痛

LINEで送る
Pocket

朝起きて頭やアゴが痛い。
誰でも経験があるのではないでしょうか。

一日の始まりから痛みがあるなんて、憂鬱になってしまいますよね(笑)

もしかしたらそれは寝ている間に歯を噛み締め歯ぎしり歯の食いしばりがあるのかもしれません。

virus_zutsuu

 

噛み締めの原因も色々とあるのですが、その一つに

夜間寝ている間の低血糖症

があります。

低血糖症とはなんでしょう。

低血糖症とは血糖値が低くなってしまう状態のことをいいます。
病院や雑誌、テレビなどで低血糖は糖尿病の方がなるものだと思っている方も多いのではないでしょうか。

しかしながら低血糖症は誰もがなっている可能性があります。

体のだるさや疲労感眠気頭痛動悸、震え、めまい、発汗や動悸、目のかすみや筋肉痛になるなど症状は実に多彩です。

低血糖症の原因はなんでしょうか。

一つは糖分の摂り過ぎ
これが最も多い原因でしょう。
お菓子清涼飲料水、甘い食べ物やジュースには実に多くの糖分が含まれています。
糖分によって上昇した血糖値を下げるために分泌されるのが皆さんご存知のインスリン。
しかしインスリンは強すぎるために血糖値が下がりすぎてしまいます。

sweets_fruit_pafe

下がりすぎてしまうと低血糖になって危ないですから今度は血糖値を上げるためにアドレナリン、ノルアドレナリン、糖質コルチコイドなどのホルモンが分泌されます。

アドレナリン、ノルアドレナリン。
どこかで聞いたことがある名前ですね。
これは別名「闘争ホルモン」と言われており、緊張しているときに分泌されます。

寝ているのに緊張している状態になってしまうのですね。
この時に歯の食いしばりなどが発生すると考えられます。

一つは日々の過剰なストレス
ストレスは血糖のコントロールにかかわる副腎(腎臓の上にある小さな臓器)を疲労させてしまいます。副腎が疲労してしまい、十分にホルモンが分泌できなくなると血糖が挙げられなくなり低血糖の状態になります。

body_jinzou_bad

ではどうしたら?

まずは食生活を見直すといいかもしれませんね。
夕食からは糖質(炭水化物、砂糖など)は摂らないようにするとか。

運動もいいですよ。

趣味がない方は趣味をつくるとか。
大勢で楽しむものと一人で楽しむものがあればいいですね。

もし調子悪るかったら食事に関して指導してもらえる病院を探して一度受診してみると良いかもしれません。

オーソモレキュラー 病院」

糖質制限 病院」

で調べると出てくると思いますよ。

原因を改善して健康的な生活を送ってくださいね(^^)

※糖質制限に関しては専門家の指導を受けることをお勧めします。
この記事を参考にして何かあっても一切責任はとれませんので、もしするなら自己責任でお願い致します。

cropped-cover_img.png

LINEで送る
Pocket

もう夏ですね

LINEで送る
Pocket

梅雨時だというのにおかしな天気が続いていますね、日本気候はどうなってしまったのでしょうか。

当院の治療筋肉皮膚などに存在しているセンサーに触刺激を与えて軟部組織(筋肉や皮膚)などを柔らかくする施術方法です。諸説ありますが、何故軽微な触刺激で興奮している痛みセンサー(ポリモーダル受容器)が沈静化するかは分かっていません。

痛みは電気現象です。痛みを含め、触覚、温冷覚等の感覚は電気信号のやりとりによって成立しています。痛みがあるということはどこかで痛みのセンサーが興奮しているということです。変形神経に対する圧迫がエネルギーを生む訳ではありません。
理論的に考えれば、それが痛みの原因ではないことはお分かり頂けると思います。その多くは軟部組織である筋肉や皮膚、靭帯であることが分かっています。

つまり、発生している多くの痛みやしびれは、軟部組織(筋肉や皮膚)由来のものなのです。

例えば、変形性膝関節症。変形があっても痛みがない方とある方がいますが、その差は一体何でしょうか?
これは椎間板ヘルニア脊柱管狭窄症でも同じことが言えます。もし神経を圧迫して痛みが発生するならば、足の裏の神経や、座り仕事の方の坐骨神経は大変なことになるはずです。

しかしそうならないという事を考えると、どんな答えが出てくるでしょう??
つまり、神経を圧迫して起こるのは「麻痺」であり「痛み」ではないですし、変形=痛みではないわけです。

どのような問題にも言えることですが、人から言われたことを「鵜呑み」にするのではなく、常に「自分で調べ、考えて」行動したいですね。

 

夏の時期に注意したいこと

脱水」と「痛み」には深い関係にあります。実際に、暑い時期になると患者さんが増えます。これは体内の水分消失筋肉痛が関係しているためだと考えられています。
大量にをかくことで、足がつるなどの経験をした方は多いのではないでしょうか。

現代は糖質過多ミネラルが足りていない方が多いです。ですから、水分とミネラルの補給は重要になってきます。
暑い日が増え、汗をかくようになれば、水に天日海塩などの塩をひとつまみ溶かして飲むといいでしょう。但し、食卓塩などは生成する際にミネラルが失われていますので、お勧めしません。もちろん食事から摂取するのも忘れずにしましょう。

もう一つ、夏の時期に注意したいことといえば蚊取り線香などの殺虫剤でしょうか。最近では色々なタイプの製品が出ていますね。玄関先などにかけているお家 もかなり見るようになりました。蚊取り線香などに使用されている薬品神経毒です。有機リン系ネオニコチノイドを使った防虫剤、殺虫剤は神経伝達を狂わ せ、体に様々な症状を発生させる可能性がありますから、使用はなるべく控えたいところです。

WS000129

【画像クリックで拡大】

ネオニコチノイドの毒性の説明はサイト「ミツバチからの警告」様より

続く。

bee on echinops

LINEで送る
Pocket

副腎疲労症候群と痛み

LINEで送る
Pocket

副腎疲労症候群(アドレナルファティーグ)というのはご存知でしょうか。

■副腎疲労症候群とは

副腎は左右の腎臓の上にある臓器で、様々なホルモンを分泌しています。副腎疲労症候群とは、文字通り副腎が疲労してしまう病気のことです。疲労してホルモンの分泌に異常をきたすと体に倦怠感うつ状態筋肉痛などの様々な症状が現れますが、日本ではまだそんなに認知されていないみたいですね。

 

ここで「医者も知らない アドレナル・ファティーグ」より引用してみましょう。

アドレナルファティーグを患う人は、低血糖症を伴うことが多い。そして機能性低血糖症を持つ人は、たいてい副腎機能が低下していることが多い。副腎機能低下があれば、アレルギー関節炎の痛み、免疫反応の低下を招きやすく、女性は月経前症候群更年期障害に悩むことが多い。副腎は精神状態にも影響を与える。結果として、アドレナルファティーグのある人は、恐怖不安、うつ状態が強まる傾向がある。そして、混乱したり、集中できなくなったり、記憶力が冴えなくなったりする。正常な時よりも忍耐力がなくなり、イライラしやすくなる。副腎が適量のホルモンを分泌していないときには、不眠症も引き起こす。

アドレナルファティーグが悪化するにつれ、頻発する呼吸器感染、アレルギー、鼻炎、喘息、風邪などの表面上関連のないようにみえる疾患や、線維筋痛症、慢性疲労症候群、低血糖症、成人発症の糖尿病、自己免疫疾患、アルコール依存症など数多くの健康問題を招く。アドレナルファティーグを患っている人々は、家族や友人から、怠け者で、やる気がないように見えたり、野心を失ったかのように見えるかもしれないが、実際は正反対である。日常的な作業をこなすために、健康な人よりも努力して、体に鞭打って頑張ることを余儀なくされているのである。

■副腎疲労症候群のチェックリスト

WS000089

上記項目に複数当てはまる場合、副腎疲労症候群の可能性があります。

■副腎疲労症候群の原因

副腎疲労症候群の原因はストレスだといわれています。慢性的なストレスが、副腎から発する抗ストレスホルモンであるコルチゾールの分泌低下を招きます。

・糖質過剰(砂糖・お米、小麦など)
・化学物質
・慢性的なストレス
・過度の労働
・過度の喫煙、飲酒
・その他

などが体のストレスになるわけです。副腎が疲労してしまい、正常に機能しなくなると慢性的な疲労や倦怠感、うつ状態、筋痛症などの色々な症状に悩まされるようになるわけですね。

■コルチゾールの働き

・血圧を上げる
・血糖値を上げる
・抗炎症、抗アレルギー作用
・精神的、肉体的ストレスに対向する

■どうしたらよいのか

・糖質制限
・カフェインの摂取を控える
・良い塩を摂ること
・必要なミネラルの摂取

一番上に糖質制限を持ってきましたが、これは第一に考えたいことです。砂糖や白米、小麦を摂取すると血糖値が急激に上がります。血糖値が急激に上がると、皆さんご存知のインスリンが分泌され、その後急激に血糖値が下がります。そうすると今度は下がりすぎた血糖値を上げるために副腎からコルチゾールが分泌されます。

糖質の摂取 → 血糖値が上昇 → インスリンの分泌 → 血糖値が下がる
→ 下がりすぎた血糖値を上げるためにコルチゾール分泌 → 副腎への負担が増え、疲労して分泌量低下 → 副腎疲労 → 糖質の摂取 → より悪化

となってしまいます。疲れた時に甘い物を摂取すると回復したり幸せな気持ちに感じますが、一瞬セロトニンというホルモンが分泌されているためで、すぐに消費されて結局は血糖値の上昇を招きますので、全く解決になりません。

糖質の摂取=副腎に負担

糖質制限=副腎の負担軽減

ということですね。どこへ行っても改善しない場合は副腎疲労症候群や低血糖症が関係している場合がありますから、参考にしてみてください。

 

参考文献

・医者も知らない アドレナル・ファティーグ
・しつこい疲れは副腎疲労が原因だった
・副腎疲労症候群

3d rendered illustration of human red blood cells

LINEで送る
Pocket