冷房病と痛み

最近は流石に暑くなってきましたので、当院でも冷房を入れるようになりました。

冷房を入れると体調が悪くなる。よく聞く話ですが、そんな経験をしている方は多いのではないでしょうか。

冷房病と言う言葉があります。正式には存在しない病名ですが、強い冷房が効いた空間に長い時間いたり、温度差が激しい所を行き来することによって起こる体調不良と言われています。

実際には冷房との関連はハッキリしないと言われていますが、流石にこれだけ多くの方が訴えるとなると、関係性は否定出来ないと思います。なんでも病氣にする必要もありませんが。

以下はウィキペディアからの引用ですが、人間の体温調節をしている自律神経は、5℃以上の急激な温度変化に対処できないために、それが繰り返されると交感神経副交換神経のバランスが崩れてしまい、自律神経失調類似状態となる、とあります。

なお、冬場暖房でも同様の温度差がありますが、着物などで体温調節機能が補われるため、冷房病の様な症状が発生することは少ないそうですし、これは実際にあまり聞きません。

冷房病の症状は頭痛肩こり神経痛腰痛体の冷え月経不順鼻炎不眠頻尿下痢便秘食欲不振腹痛疲労感浮腫(むくみ)など、様々な症状を引き起こします。

対策としては

・冷房を弱くし、なるべく外氣温との差を5℃以内にする。

・冷房の冷風が直接当たらないようにする。

・適度に運動して体温調節機能を刺激する。

・厚着をする。

・ストレスをためないようにする。

冷房の風が直接当たる方の訴えは多様で、自律神経症状を伴っていることが多いです。職場にお願いしてフラップ付けて直接風が当たらないように対処してもらえるとよいと思いますが、対処してもらえるでしょうか。体調不良のまま仕事をしても効率悪くなりそうです。

さて、最近知ったのですが、空気を冷やしたり温めたりするのに現在のエアコンに替わる機械が発売されているようですね。光冷暖といいますが、興味のある方は光冷暖のサイトをご覧ください。

光冷暖公式サイト http://www.a-hikari.com/

でも、温度差が大きければ同じかな?w

クーラー

施術時間等のお知らせ

電話での問い合わせは多いですが、よく質問される事について説明します。

○当院は予約制ではありません。来院する際は診療時間内にお越しください。なお、初診の方は受け付け終了30分前までに受付していただくと助かります。

○施術時間は下図の通りです。

img1

たまに勉強会などでお休みを頂くことがありますので、最新の情報はオフィシャルホームページで確認いただけますと幸いです。http://s621.com(ページ最下部にカレンダーが表示されています)

○当院の治療方法について

皆さんが経験している多くの痛みしびれは侵害受容性疼痛といって、筋肉や皮膚、関節靭帯や関節包などに存在する「ポリモーダル受容器」の興奮によって発生しています。当院の治療はこの痛みセンサーであるポリモーダル受容器に特殊な刺激で働きかけ、興奮を沈静化して痛みやしびれを取り除く治療方法です。

治療時間は5分ほどで、極微弱な触刺激を皮膚に与える施術ですから「触られているだけ」の感じしかありません。よくあるバキバキボキボキする矯正術や、強い刺激のある治療方法ではありませんので、治療に刺激を求める方や、長い時間の施術を求める方には向いていません。

○当院の治療対象

オフィシャルホームページにも掲載されていますが、

当院で治療対象になるのは

***************************************************************************************************

痛み・しびれ・いわゆる神経痛脱力拘縮コリなど

緊張性頭痛偏頭痛肩こり五十肩肩関節周囲炎腱板炎むち打ち(鞭打ち)・ルーズショルダー胸郭出口症候群など、手の痛みやしびれ

腰痛(腰椎分離症腰椎すべり症変形性脊椎症椎間板ヘルニア・脊柱管狭窄・坐骨神経痛)など体幹部の痛みやしびれ

変形性関節症変形性膝関節症変形性股関節症など

その他原因のはっきりしない痛みやしびれ

筋筋膜性疼痛症候群(MPS:Myofascial pain syndrome)

婦人科領域の諸症状(産後腰痛生理痛月経前症候群など)

***************************************************************************************************

対象にならないのは

神経障害性疼痛(CRPS TypeⅡなど)

内臓からの痛み・悪性腫瘍・化膿性関節炎等

***************************************************************************************************

わからないことがある場合は電話でお問い合わせください。

腰椎椎間板ヘルニア

50代女性、2年前より症状が出たり引っ込んだりしていたそうです。3週間前から増悪、両足にしびれがでてきました。整形外科ではMRIで腰椎椎間板ヘルニアを指摘されています。

仙腸関節部に浮腫、可動域制限、下肢に数カ所のトリガーポイントを認めました。神経脱落症状はありません。この方はとても反応が良く、その場で改善しました。このまま問題なければ数週間で治ると思いますが、何があるかわかりませんからね、経過観察です。

2年前より神経の可塑化もなく、急性痛の状態を保っていたのでしょうか。慢性痛症と併せて急性痛が存在したのでしょうか。経過をみる必要がありますね。

椎間板ヘルニアは全く症状の無い方にも存在するんです。論文によっては健常人の75%からヘルニアが検出されたというのもあります。

熊澤孝朗先生の著書「痛みを知る」で正常な神経管は圧迫されても痛みは発生しないとあります。

また、横田敏勝先生の著書「臨床医のための痛みのメカニズム」では

神経痛一般の発生機序

痛覚繊維の生理的興奮は、その末梢の自由終末にある痛覚受容器(侵害受容器)が刺激されたときにみられる。

自由終末と脊髄を継ぐ部分からインパルスが発生することはめったにない。

痛覚受容器を介さずに神経線維からインパルスが発生することを異所性興奮という。異所性興奮を生じる可能性が高いのは、脱髄部および傷害された末梢神経の側芽と神経腫である。

神経根痛

脊髄後根を圧迫すると神経根痛(radicular pain) がでて、圧迫された後根の支配領域に痛みが走るとみられている。しかし、この考えは特別な場合にしか通用しない。たとえば、脱髄繊維を含む脊髄後根への機械刺激は神経根痛を誘発するが、正常な脊髄神経根の圧迫は痛みを生じない。

a.実験動物の正常な脊髄後根を圧迫しても、痛みを伝える侵害受容繊維を含めた求心性繊維の持続的発射活動は誘発されない。しかし、あらかじめ傷害しておいた脊髄後根を機械刺激すると、持続的なスパイク発射が誘発される。(Howe, Loser and Calvin,1977)

バルーンカテーテルを使って正常人の脊髄神経根を圧迫すると、錯感覚(paresthesia)と感覚鈍麻が誘発されるが痛みはでない。正常な脊髄後根を牽引しても痛くない。しかし、傷害歴のある脊髄神経根を鑷子(じょうし)で圧迫したり、縫合糸をかけて牽引したりすると、特徴的な神経根痛が走る。Kuslichら(1991)は、局所麻酔下に椎間板ヘルニア、脊柱管狭窄症の減圧手術を受けた患者193例を対象にして、局所麻酔薬を次第に追加しながらいろいろな組織を刺激したときに誘発される感覚を調べた。正常な脊髄神経根に触れても痛みはなかった。

とあります。

ヘルニアがあっても症状が無い方。ヘルニアが無くても症状がある方。

保存療法や運動で治る方。

手術してみたらヘルニアが無かったが、痛みがとれる方々。

この差はどこで生じてしまうのでしょうね。

生理学で有名なPatric Wallは著書、疼痛学序説(Pain the science of suffering)でヘルニア神話は終わったと言っています。

診療時間とアクセス

診療時間(受付時間)

img1

土曜日と日曜日は午後五時半で受付終了です。

予約制ではありませんので、診療時間内にお越しください。初診再診の場合、少し時間に余裕を持ってお越しください。

 

地図駐車場の案内

〒349-0124

埼玉県蓮田市末広2-1-2

JR東北本線(宇都宮線)蓮田駅西口下車徒歩1~3分、auショップ様の並び

map


大きな地図で見る

駐車場写真2

第一駐車場に四台、第二駐車場に四台停めるスペースがあります。治療時間自体短いので満車でもすぐに空きますが、近くにコインパーキングも点在しています。

 

◯診療カレンダー

http://s621.com(Mobile用はこちらhttp://s621.com/mb)のページ最下部に表示されています。勉強会等で急に診療予定が変更になることもありますので、来院前は確認いただけますと助かります。

 

◯治療対象

◯当院で治療対象となるのは
・整形外科領域の諸症状(痛み・神経痛・しびれ・凝りなど)
緊張性頭痛 肩こり五十肩 胸郭出口症候群 むちうち
腰痛脊柱管狭窄症、腰椎椎間板ヘルニア腰椎分離症すべり症変形性脊椎症等)
坐骨神経痛
変形性膝関節症 変形性股関節症 その他原因がはっきりしない手や足のしびれ全般
・婦人科領域の諸症状(産後腰痛生理痛など)
・筋筋膜性疼痛症候群(MPS)
◯治療対象とならないのは
本物の神経の痛み(本物の神経痛は少ないです)
内臓からの痛み 悪性腫瘍 化膿性関節炎等

詳しい病名や症例はブログに書いてありますので、そちらを参照ください。

分からないことがあればお気軽にお電話ください。 電話 048-764-1190

uketuke

坐骨神経痛の治療 その2

坐骨神経痛の治療について その2

画像診断機器の結果と症状は一致するとは限りません。今までは坐骨神経に対する圧迫で坐骨神経痛の症状は発生すると考えられてきましたが、画像診断機器の発達とともに色々な矛盾が発見されるようになりました。

例えば、椎間板ヘルニアが圧迫している神経根と症状が発生している場所が合わなかったり、画像上は右の神経根を圧迫しているのに症状は左側に発生していたり、椎間板ヘルニアが神経根を圧迫しているのに全く痛みやしびれの症状が無かったりと、「椎間板ヘルニアが神経を圧迫して下肢痛が発生する。」は説明ができない事が多いのです。

 

例えば、今までに下記のような研究結果が報告されています。

■腰痛のある200名と腰痛のない200名のレントゲン写真を比較した研究によると、両グループ間に変形性脊椎症などの異常検出率に差は認められなかった。老化による骨の変形が腰痛とは関係ないと結論づけられた。http://1.usa.gov/jb0ly3

 

坐骨神経痛の治療 その3に続きます

 

坐骨神経痛の原因と治療について詳しくはおおしま接骨院オフィシャルサイトを御覧ください。http://s621.com

坐骨神経痛の治療

坐骨神経痛の治療について その1

まず坐骨神経とは、腰椎と仙椎から出ている数本の末梢神経がまとまって太い一本の神経になり、お尻を通って足先までいきます。末梢神経の中では最も太く、その太さは大人の小指ほどあります。

坐骨神経痛とは、病名ではなく症状名になります。坐骨神経の走行と支配領域に痛みやしびれのあるものが坐骨神経痛と呼ばれます。

様々な症状を呈しますが、主な症状は下肢の痛みとしびれでしょう。その他、感覚異常、脱力、可動域障害などです。関節反射の異常により発生している坐骨神経痛が多く、その場合は時間と共に症状が消退します。生活しがたい位の激痛、進行性の麻痺、サドル麻痺(肛門や会陰部の感覚麻痺)や、排尿排便障害が発生した場合は手術の適応です。

今から約104年前、突出した椎間板ヘルニアが神経を圧迫すると腰下肢痛が起こりえると仮説をたてた方がいます。(腰椎椎間板ヘルニア診療ガイドライン参照)
当時は神経興奮のメカニズムがまだ解明されていなかった為、椎間板ヘルニアにより神経根が圧迫されると痛みやしびれが発生するという考え方が広まりました。

それ以来椎間板ヘルニアが坐骨神経痛を起こすと考えられて来ましたが、近年生理学の目覚ましい発展により神経は圧迫しても痛みを生じないこと。腰痛のない方でも普通に椎間板ヘルニアは存在すること。椎間板ヘルニアを手術しても保存的に治療しても数年後の治療成績は差がないことなどから今では椎間板ヘルニア犯人説は否定的になってきています。

NHKためしてガッテンでも椎間板ヘルニアは犯人ではないと放送していましたね。

 

坐骨神経痛の治療について その2に続きます

 

坐骨神経痛の原因と治療について詳しくはおおしま接骨院オフィシャルサイトを御覧ください。http://s621.com