施術の感想をいただけました^^

ホームページから施術の感想をいただけました(^^)

ご記入日:2017/6/22
お名前:星野力様
性別:男性
年齢:88
公開:実名可
———————-
Q1:とても良い お世辞も少ない院長のまじめな態度が、私にとってはとても安心感がありました。
Q2:とても良い 
Q3:とても良い 1~2回の治療で殆ど改善されましたが、「18人の神の手を持つ・・ 本に書いてある通りで、とても信頼できる結果でした。
Q4:始めて施療してもらったのはH27.11月で、腰痛(ギック腰?)で救急車を呼ぶほどの痛さが、簡単に治りました。以来1年半後に心配なので6/13に治療していただいた結果、自分の身体状況や生活習慣が理解 できるようになり、日々改善の方向へ向かっております。よって次回6/27治療予定は取止め、毎日20分ほどのウオーキングを取り入れ 様子を見たいと思っています。本当に有難うございました。

そうですね、経過見て問題ないようでしたら次回の施術はしなくて大丈夫と思います。

感想をありがとうございました(^^)
喜んでいただけたようで良かったです。
患者さんの笑顔や喜びの感想をいただける。
この仕事をしていて良かったと思えますし、さらに頑張ろうと思います。

痛みに対する考え方は徐々にですが変わってきているようですね。
テレビでもそうですし、医療機関で受ける説明も変わってきました。

「治してもらおう」から「自分でも積極的に治そう」に考え方が変わると改善しやすくなるかもしれません。

人間の思い込みは強く身体に現れます。
今までそう思っていたことが実は違っていたり。

時代遅れの考え方は捨て、新しい考え方を知る。
それだけで楽になることもあるでしょう。

ということで「痛みを知る」という作業はとても大切ですから、最近うちでは伊藤かよこ先生の「人生を変える幸せの腰痛学校」をオススメしています。自分も主人公の一人になったつもりで読んでみると良いかもしれませんね^^

***************************************************************************************************
【おおしま整体院(接骨院)のご案内】

【施術時間】
午前9:00~12:00 午後14:00~18:30(土日は17:30) 水曜定休その他都合でお休み

【場所】
埼玉県蓮田市末広2-1-2
JR宇都宮線(東北本線)蓮田駅西口徒歩1-2分、ダッシュ30秒

【電話】
048-764-1190

初めての方へ 
施術時間アクセス(駐車場8台分あり)
患者さんの喜びの声
施術費用
施術者紹介
よくある質問など

※予約制ではなく来院してお待ち頂いた方から順番で施術をしています。
予約制かどうかの電話は必要ありませんので施術時間内にご来院ください。
また「いつが混んでいるか?」と度々質問をされますがいつが混んでいるかはわかりません。
※保険診療でできることには限りがあり、より良い施術を提供したいという思いから当院では保険診療は行っておりません。

体温をあげよう

日本人の平熱が下がっています。
昭和30年代、平均体温は36,89℃でした。

それが現在では36,14℃だそうです。
下がっていますね。

うちにいらっしゃる方は35℃台の方が多く、中には34℃台の方もみられます。

平熱が36℃以下は低体温症だそうですが、低体温になるとなにがまずいのでしょうか。

低体温になると

  1. 免疫力の低下
  2. 基礎代謝の低下
  3. 体内酵素の働きも低下
  4. がん細胞が活発になる
  5. アレルギー症状が出やすい
  6. 組織が酸欠起こすので体の痛みが発生しやすくなる

まあ、良いことはないですよね(笑)

理想的な体温は36,5℃から37,1℃の間と言われており、健康のことを考えるとこの間で体温を維持したほうがよさそうです。

では、どうすれば平熱が上がりやすくなるのでしょうか。
いくつか挙げると、

  • 冷たい飲み物や冷たい食べ物は控える
  • 添加物や農薬はできるだけ避ける
  • 部屋の電気は電球色に替える
  • 体を冷やし過ぎないようにするが、温め過ぎも熱を作らなくなるからダメ
  • 脱力してリラックスする時間を設ける
  • 良質な塩を摂る
  • 良質な油を摂る
  • タンパク質、鉄分を積極的に摂る
  • 南方系の食品は避ける
  • 湯船にしっかりとつかる
  • 適度に運動をする(ウォーキングで充分)
  • 糖質の過剰摂取は気をつける
    など

すぐにできるものもありますね。

体温が上がれば免疫力も上がりますし、病気になりにくい状態にするのも痛みから開放されるのには大切ではないでしょうか。

慢性痛で悩んでいる方は日本人の5人に1人だそうです。
とても多いですよね。

腰痛に関してもここ20年間で腰痛患者は1,5倍に膨れ上がっています。
医療技術は発展していますが、患者さんは増える一方。
見るべきところが違っていたんですよね。

私は皆さんに痛みから脱して笑顔になってほしい。
だからこれからもいろんな情報を掲載していきますね!
日本猿の冬の日課

cropped-cropped-cover_img1.png

Tarzanトリガーポイント特集

今月の雑誌Tarzan」はトリガーポイントの特集がされていますね。

読んでみましたが、各筋肉に対してのマッサージの仕方などが掲載されていましたから、痛みで悩んでいる方は読んでみては。

きっと役に立ちますよ。

スクリーンショット 2015-02-28 22.50.42

4月12日から25日までは春の防痛安心週間です。

詳細決まりましたらこちらのページでお知らせします。

防痛

cover_img

日本人が昔より培ってきたものを今こそ守るべき

隣に住んでいる人の顔も分からない時代、人と人との繋がりが少なくなってきていますね。

私が子どもの頃はよく近所のおじさんおばさんに引っ叩かれて怒られたものですw

そうやって日本は昔から地域のコミュニティが発達していて、様々な助け合いや交流などを通じて人と人との間で信頼や安心という資本が蓄積されてきていますが、この信頼や安心感が少ない地域ほど犯罪が多く、健康度も低いことがアメリカの調査で分かっているそうです。

まあ考えてみれば常に緊張して生活しなければならないですから、当然といえば当然ですね。

これはもちろん痛みにも関係しているわけです。

働き過ぎ、摂取する栄養の偏り、誤った考え方の刷り込み、農薬殺虫剤の問題などもそうです。

我々は交感神経緊張状態になりやすい生活を送らされています。

そこで他人が信用できない、孤独となれば様々な疾病や痛みになっても不思議ではないのではないでしょうか。

今こそ一人一人が考え方を改め、痛みを知り、日本人が昔より築いてきた信頼関係を取り戻していきたいものですね。

空を見上げる3世代家族

ニコアン・セラピーで痛みもアンインストール

痛みを知る、という点でおすすめしたい書籍がこちらです。

六本木タツヤ氏著書の「ニコアン・セラピー
禁煙しないでタバコをやめる! ニコアン・セラピー

痛みの話なのになんでニコチン!?と思う方もいるかもしれませんね(笑)

タバコと痛み、言葉を置き換えて読んでもらうとスッキリすると思います。

痛みを知るってこの事なんですよね。

この「ニコアン・セラピー」はヘビースモーカーの弟にプレゼントするのに買ったのですが、読み終えて「これって痛みにも言えてるよね。」って思ったんです。

それ以来、患者さんに勧めています。

健康は情報によって「作られて」います。はやくこの事に「気づく」事です。

気づけば行動が変わります。

行動が変われば習慣が変わります。

習慣が変われば痛みも変わります。

でも、行動しなければ何も変わりません。

治療院に来て「はいどーぞ」と体差し出すだけではダメですよ。

3d rendered toon character - cute baby

年だからしょうがないはそろそろやめよう

痛み、年だからしょうがないとはよく聞く言葉ですね。

ですが、全ての人が年をとるから痛むわけではありませんよ。年をとれば皮膚シワができますが、同じように関節老化して変形したりするのです。

骨の変形や軟骨の摩耗が痛みになるのなら、変形や軟骨の摩耗がある方は全ての方が痛みを抱えていなければおかしいことになりますが、実際はそうではありません。

痛みを抱えた方々と健常者をグループ分けしてレントゲン画像を比較したら同程度変形や軟骨の摩耗が見つかった、なんて研究たくさんあります。

決して変形=痛み

ではないわけです。

それに「年のせいだから」と諦めさせてしまえば、ますます痛みがとれづらくなりやすいのです。

痛みの多くは筋肉靭帯に存在する痛みセンサー(ポリモーダル受容器)の興奮によって起こります。

これをいかに沈静化させるか。

外側からのアプローチとしては、様々な徒手療法ストレッチ、体を動かすなどで良いと思いますが、痛みがこじれてなかなか取れない方は内側からのアプローチが必要になることがあります。

痛みを知る、ということです。

痛みは電気現象です。末端にある痛みセンサーが興奮して発電します。発電された電気は神経管を通ってに到達し、そこで情報解析されて初めて「痛み」として感じます。

・変形があっても痛みのない方がたくさんいること。

・痛みの多くは筋筋膜性疼痛症候群であること。

マッサージや種々の徒手療法によって楽になる方がたくさんいること。

などを知ってもらえれば考え方も変わってくるかと思いますが、考え方が変わることによって痛みがひきやすくなると思います。そういったことを知っていれば余計な不安が軽減しますからね。

今まで痛みがとれてこなかった方はそれではダメだったわけですから、行動しなくてはですよね。

まずは行動をすることです。

Sick dog with bandages lying on bed

スーパーライザーと自律神経失調、痛み

スーパーライザーとは、近赤外線治療器です。

近赤外線は温熱効果に優れ、マッサージでは届かない体の奥深いところまで届きます。太陽光に含まれる光ですから、人間にとって安全で無害な光です。

若葉と木漏れ日

スーパーライザーで発生させたレーザーを当院では主に喉の奥にある星状神経節という場所に照射します。これによって交感神経の興奮を抑え、血液の流れを改善し、痛みを軽減させる効果が期待できます。

ondohenka

・ほんわか温かく、全く痛くありません

・照射時間は10分程です

・血流が良くなると体がぽかぽかします

・血流が良くなると痛みがとれやすくなります

・重いストレスやイライラ、不安悲しみ恐怖心などが原因で自律神経に乱れがある場合、星状神経節へスーパーライザーを照射することにより解消することがあります。(これらのストレスが強い場合、体の痛み治療が難航することがありますから、ストレスが強い方はスーパーライザーのご利用をお勧めします。)

痛い、ツライなど一切ない体に優しい治療方法です。

是非ご利用ください(^^)

スクリーンショット 2015-08-25 15.38.23

糖質の過剰摂取と筋肉痛

糖質の過剰摂取と様々な症状については近頃色々なメディアで言われるようになりましたから、ご存知の方も多いのではないでしょうか。

昔と違い、現代の人々は食生活に問題を抱えている方が多いです。特に大きい問題は糖質の過剰摂取です。

糖質の過剰摂取は低血糖症を引き起こします。そしてインスリンの過剰分泌が起こるようになると、糖代謝や血糖値を上昇させる各ホルモンの分泌が亢進します。この際体内に蓄えられているタンパク質ビタミンミネラルなどが消費されてしまいます。

更に、白米やパンなどの糖質主体の食品には体に必要なビタミンやミネラルがほとんど含まれていませんから、糖質を過剰に摂取する食生活を送っている方は栄養欠乏も起こしてしまいます。(糖質の代謝にはビタミンB1、B2、カルシウム等を消費)

書籍「心療内科に行く前に食事を変えなさい」によると、体調不良を訴えて心療内科を訪れた300人中なんと296人が糖負荷試験の結果、低血糖症だったといいます。

また、栄養成分を見てもらうとわかりますが、昔の食物に比べて現代の野菜などはミネラルの含有量が非常に少なくなっているそうです。

ただでさえミネラルの摂取が不足しているのに、糖質を大量に摂取すれば、ミネラル不足になるのは容易に想像できますね。

糖質の過剰摂取 = ビタミンB1、B2、カルシウム等の欠乏。

糖質の過剰摂取 → 血糖値急上昇 → インスリン分泌 → 血糖値急降下 → アドレナリンノルアドレナリン糖質コルチコイドなどが分泌 → 血糖値上昇 → 糖質を摂取する度繰り返す

低血糖症になった結果交感神経が興奮を続ける状態になってしまい、その結果異常な疲労感、昼食後の眠気、集中力の欠如、めまいふらつき物忘れが酷い、目のかすみ、日光がまぶしい、甘いものが欲しくなる胃腸が弱い、口臭、起床時の疲れ、偏頭痛手足の冷え、呼吸が浅い、眼の奥が痛む、動悸がする、頻脈、狭心症に似た症状、手足の筋肉の痙攣、失神発作、月経前緊張症、手指の震えなど、様々な症状が出てきてしまうのですね。

興味がある方は「低血糖症 症状」や「低血糖症 筋痛」などで調べてください。

清涼飲料水お菓子加工食品などにはたくさんの砂糖が使われています。全く摂るなとは言いませんが、痛みがなかなか引かない方はこういうこともあるのだと頭の片隅に入れておいてくださいね。

フルーツタルト

治療の感想を頂けました(^^)

本日も治療の感想を頂けました(^^)

Q7
1,治療時間が短いが、効果がとても感じられ、とてもソフトな施術で負担が少なかったです。
2,明るく清潔で、落ち着きました。

Q9
つらかった痛みが日に日に良くなってきたのが感じれられ、行って良かったと思います。

Q10
大雪の翌日に治療に行った時には駐車場に雪が全くなく、きれいに雪かきがされていてびっくりしました。
前日に先生が雪かきをされたとのことで、患者さんのために危なくないよう、一生懸命にやってくださったのだと感動しました。
予約でなく、治療を受けることができ、いざという時に頼れると思いとても心強いです。
先生も受付の方もお身体に気をつけて、これからもがんばってください。

おおしま接骨院HP「患者さんの声」に掲載させて頂きました。(ページ最下部に掲載) http://s621.com

MKさん感想ありがとうございました。

これからも雪かき頑張ります(^^)

施術時間等のお知らせ

電話での問い合わせは多いですが、よく質問される事について説明します。

○当院は予約制ではありません。来院する際は診療時間内にお越しください。なお、初診の方は受け付け終了30分前までに受付していただくと助かります。

○施術時間は下図の通りです。

img1

たまに勉強会などでお休みを頂くことがありますので、最新の情報はオフィシャルホームページで確認いただけますと幸いです。http://s621.com(ページ最下部にカレンダーが表示されています)

○当院の治療方法について

皆さんが経験している多くの痛みしびれは侵害受容性疼痛といって、筋肉や皮膚、関節靭帯や関節包などに存在する「ポリモーダル受容器」の興奮によって発生しています。当院の治療はこの痛みセンサーであるポリモーダル受容器に特殊な刺激で働きかけ、興奮を沈静化して痛みやしびれを取り除く治療方法です。

治療時間は5分ほどで、極微弱な触刺激を皮膚に与える施術ですから「触られているだけ」の感じしかありません。よくあるバキバキボキボキする矯正術や、強い刺激のある治療方法ではありませんので、治療に刺激を求める方や、長い時間の施術を求める方には向いていません。

○当院の治療対象

オフィシャルホームページにも掲載されていますが、

当院で治療対象になるのは

***************************************************************************************************

痛み・しびれ・いわゆる神経痛脱力拘縮コリなど

緊張性頭痛偏頭痛肩こり五十肩肩関節周囲炎腱板炎むち打ち(鞭打ち)・ルーズショルダー胸郭出口症候群など、手の痛みやしびれ

腰痛(腰椎分離症腰椎すべり症変形性脊椎症椎間板ヘルニア・脊柱管狭窄・坐骨神経痛)など体幹部の痛みやしびれ

変形性関節症変形性膝関節症変形性股関節症など

その他原因のはっきりしない痛みやしびれ

筋筋膜性疼痛症候群(MPS:Myofascial pain syndrome)

婦人科領域の諸症状(産後腰痛生理痛月経前症候群など)

***************************************************************************************************

対象にならないのは

神経障害性疼痛(CRPS TypeⅡなど)

内臓からの痛み・悪性腫瘍・化膿性関節炎等

***************************************************************************************************

わからないことがある場合は電話でお問い合わせください。