施術時間等のお知らせ

電話での問い合わせは多いですが、よく質問される事について説明します。

○当院は予約制ではありません。来院する際は診療時間内にお越しください。なお、初診の方は受け付け終了30分前までに受付していただくと助かります。

○施術時間は下図の通りです。

img1

たまに勉強会などでお休みを頂くことがありますので、最新の情報はオフィシャルホームページで確認いただけますと幸いです。http://s621.com(ページ最下部にカレンダーが表示されています)

○当院の治療方法について

皆さんが経験している多くの痛みしびれは侵害受容性疼痛といって、筋肉や皮膚、関節靭帯や関節包などに存在する「ポリモーダル受容器」の興奮によって発生しています。当院の治療はこの痛みセンサーであるポリモーダル受容器に特殊な刺激で働きかけ、興奮を沈静化して痛みやしびれを取り除く治療方法です。

治療時間は5分ほどで、極微弱な触刺激を皮膚に与える施術ですから「触られているだけ」の感じしかありません。よくあるバキバキボキボキする矯正術や、強い刺激のある治療方法ではありませんので、治療に刺激を求める方や、長い時間の施術を求める方には向いていません。

○当院の治療対象

オフィシャルホームページにも掲載されていますが、

当院で治療対象になるのは

***************************************************************************************************

痛み・しびれ・いわゆる神経痛脱力拘縮コリなど

緊張性頭痛偏頭痛肩こり五十肩肩関節周囲炎腱板炎むち打ち(鞭打ち)・ルーズショルダー胸郭出口症候群など、手の痛みやしびれ

腰痛(腰椎分離症腰椎すべり症変形性脊椎症椎間板ヘルニア・脊柱管狭窄・坐骨神経痛)など体幹部の痛みやしびれ

変形性関節症変形性膝関節症変形性股関節症など

その他原因のはっきりしない痛みやしびれ

筋筋膜性疼痛症候群(MPS:Myofascial pain syndrome)

婦人科領域の諸症状(産後腰痛生理痛月経前症候群など)

***************************************************************************************************

対象にならないのは

神経障害性疼痛(CRPS TypeⅡなど)

内臓からの痛み・悪性腫瘍・化膿性関節炎等

***************************************************************************************************

わからないことがある場合は電話でお問い合わせください。

診療時間とアクセス

診療時間(受付時間)

img1

土曜日と日曜日は午後五時半で受付終了です。

予約制ではありませんので、診療時間内にお越しください。初診再診の場合、少し時間に余裕を持ってお越しください。

 

地図駐車場の案内

〒349-0124

埼玉県蓮田市末広2-1-2

JR東北本線(宇都宮線)蓮田駅西口下車徒歩1~3分、auショップ様の並び

map


大きな地図で見る

駐車場写真2

第一駐車場に四台、第二駐車場に四台停めるスペースがあります。治療時間自体短いので満車でもすぐに空きますが、近くにコインパーキングも点在しています。

 

◯診療カレンダー

http://s621.com(Mobile用はこちらhttp://s621.com/mb)のページ最下部に表示されています。勉強会等で急に診療予定が変更になることもありますので、来院前は確認いただけますと助かります。

 

◯治療対象

◯当院で治療対象となるのは
・整形外科領域の諸症状(痛み・神経痛・しびれ・凝りなど)
緊張性頭痛 肩こり五十肩 胸郭出口症候群 むちうち
腰痛脊柱管狭窄症、腰椎椎間板ヘルニア腰椎分離症すべり症変形性脊椎症等)
坐骨神経痛
変形性膝関節症 変形性股関節症 その他原因がはっきりしない手や足のしびれ全般
・婦人科領域の諸症状(産後腰痛生理痛など)
・筋筋膜性疼痛症候群(MPS)
◯治療対象とならないのは
本物の神経の痛み(本物の神経痛は少ないです)
内臓からの痛み 悪性腫瘍 化膿性関節炎等

詳しい病名や症例はブログに書いてありますので、そちらを参照ください。

分からないことがあればお気軽にお電話ください。 電話 048-764-1190

uketuke

産後腰痛で苦しんでいる方、多いですね。

産後腰痛で悩んでいる方は多いですね。

産後腰痛とはそのままなのですが、出産後の腰痛です。赤ちゃんの出産には大きな痛みを伴います。その痛みの入力と共に、赤ちゃんが産道を通る際、骨盤仙腸関節周囲の反射が障害され、痛みの元になります。

骨盤の仙腸関節は全身の関節のまとめ役なので、ここがおかしくなると手首が痛くなったり膝が痛くなったりと、体の色々な場所に痛みやしびれの症状が発生しやすくなります。出産直後は心身ともに不安定ですし、心理的な事も関係してきます。

産後腰痛は心理社会的な問題が強く影響していなければ比較的痛みが引きやすい疾患です。(どなたにも多少はありますが)

ホルモンのバランスや、出産後の体力の関係で矯正は産後1ヶ月経ってから受け付けていますが、痛みは入力が長く続くと慢性痛に移行しやすくなりますので、なるべく早い段階で痛みの治療が大切です。慢性化しても大半の方は痛みがとれるのですが、一部痛みがとれづらい状況になる方がいるからです。

 

妊娠している方としていない方の腰部椎間板をMRIで比較した結果、どちらも椎間板膨隆、椎間板ヘルニアに差はなかったhttp://1.usa.gov/luz28A

 

腰痛発症後1年以内の144名と腰痛の無い方138名を対象に骨盤の歪みなどを測定して腰痛との関わりを調べた結果、骨盤の歪みと腰痛とは関連していないことが分かった。http://1.usa.gov/kIBHZm

 

おおしま接骨院では産後腰痛の治療をしています。

おおしま接骨院について、詳しくはオフィシャルサイトhttp://s621.comを御覧ください。

act therapy explanation