経験しなければわからないこと

春日部市よりお越しのAさん(50代男性)、右肩の痛みと可動域障害右上肢痛に悩んでいます。 レントゲン検査したところ、頚椎椎間板狭小化がみられたそうです。

首や腕の筋肉を押すとあちこちに痛みを訴えました。健康上腕リズムもかなり低下しています。斜角筋棘下筋を圧迫したら右手の痛みが再現できました。

治療に対する反応はとてもよく、すぐに肩は挙がるようになりました。手の痛みが少し残りましたが、これも徐々にとれるでしょう。

加須市よりお越しのBさん(40代女性)、数カ月前より右肩の痛みに悩んでいます。レントゲン検査したところ、石灰沈着性腱板炎と言われたそうです。この方も全身あちこちに圧痛が有りました。健康上腕リズムもかなり低下していました。

治療に対する反応は痛みは改善したのですが、可動域は少し改善したにとどまりました。

徐々に改善するでしょうが、様子をみたいところです。

どこの痛みやしびれでもそうですが、すぐに改善する方とそうでない方がいます。ですが大抵の場合、痛みの改善があると安心して良くなっていくものです。痛みに対する恐怖や不安が痛みを増幅させたり、治りづらくしていますから。

痛みの本態は筋肉や靭帯関節包、皮膚などの痛みセンサー(ポリモーダル受容器等)の興奮であることが非常に多いのですが、これが意外に知られていないのです。

ですから施術して改善があると驚く方が多いです。自分が思い込んでいたものとは全く違ったわけですからね。

色々な治療してもなかなか改善しない場合、原因は筋肉や靭帯にあるかもしれませんね。

 

安心は痛みを和らげる

埼玉県内よりお越しのAさん、約1年前より左の痛みと両足底しびれがあります。レントゲン検査では椎間板の間が狭い、いわゆる椎間板狭小化と説明されたそうです。あまり変化がないのでいらっしゃいました。

左膝周囲と足の第4、第5中足骨間と足の裏に強い圧痛がありました。トリガーポイントですね。

治療後は少ししびれと痛みが変化したそうです。1~2回で治療終了しそうな感じですが、どう経過するでしょうか。

痛みやしびれがあるとやはり不安になりますよね。目では見えないし、他人からは理解されづらい。一人で抱え込んでしまって悩んでいる方も多いと思います。

そんな時は気分転換するのが良いとお思いますよ。気分転換して痛みに気が向かいないようにするのも立派な治療ですからね。医療機関にかかるばかりが治療じゃないですよ。

趣味に没頭したり、旅行へ行ったり、痛みについて誰かに話しを聞いてもらうのも良いと思います。泣いたり、笑ったり、感情を表に出すのも大切ですね。感情を開放する事によって楽になることもありますからね。何かと抑圧されることが多い世の中ですからw

抑圧された感情が体の痛みになってしまうこともあるんです。心理社会的要因=ストレス

今日も話をしただけで症状が緩和した方が数人いました。私ももう少しうまく喋れるようになると良いのですが、苦手なところですw

安心は痛みを軽減させます。