幸せホルモンセロトニン

LINEで送る
Pocket

最近注目されているセロトニンというホルモンはご存知でしょうか?
このホルモンは幸せホルモンと言われることもあるんです。
なぜ幸せホルモンと言われるのか、どうしたら分泌を増やすことができるのかを今回は書いてみます。

セロトニンとは脳内伝達物質の一つで、アドレナリンドーパミンの二つが過剰になって暴走しないように調整していたり、気分や食欲、睡眠、痛みをコントロールしています。

ストレスがかかると放出されるノルアドレナリンは自律神経に働きかけて心拍数を上げたり、血液量を増やしたりして身体が活動しやすい状態を作ります。
一方、ストレスになるような辛い状況を乗り越えたときの達成感、嬉しい気持ち、快感をもたらすのがドーパミンで、この二つをコントロールして気持ちを安定させるのがセロトニンです。
ストレスによる心身のダメージを減らすにはそれぞれの脳内物質のバランスが重要です。

セロトニンが不足すると気分が落ち込んだり、食欲がおかしくなったり、寝付きが悪くなったり、痛みのコントロールがしにくくなったりと生きていく上で不快な状態になります。ですから、セロトニンの分泌を増やすことはそれらの不快な状態を抑えることができるため、幸せホルモンと言われているのですね。

しかしながら日本人はセロトニンの利用があまり上手くないことが研究で分かってきました。ですから心と体の安定をはかるためにもセロトニンは意識してみたほうが良いかもしれません。

ではどの様にしたらセロトニンの分泌が増えるのでしょうか?

セロトニンの分泌を増やすには

  • 太陽の光を浴びる(特に朝日)
  • リズム運動 歩行、呼吸、踏み台昇降、手振運動など
  • 食べ物をよく噛む(咀嚼)
  • グルーミング スキンシップ、マッサージなど
  • 親しい人との会話
  • 湯船にしっかり浸かる
  • 日本古来の呼吸方法

などがあります。
どれも少し頑張ればできそうですね。
これらは毎日でなくてもいいので、とにかく続けることです。全部やる必要もありません。

書籍「セロトニン脳」健康法によれば、昭和の時代の様な生活がセロトニンの分泌を促していたとのこと。そう言えば昭和の時代の生活ってなんだか良かったような気がしますね(笑)

あなたも今日から幸せホルモンセロトニンを増やす生活をしてみませんか?

参考図書「セロトニン脳」健康法

***************************************************************************************************
【おおしま整体院(接骨院)のご案内】

【施術時間】
午前9:00~12:00 午後14:00~18:30(土日は17:30) 水曜定休その他都合でお休み

【場所】
埼玉県蓮田市末広2-1-2
JR宇都宮線(東北本線)蓮田駅西口徒歩1-2分、ダッシュ30秒

【電話】
048-764-1190

初めての方へ 
施術時間アクセス(駐車場8台分あり)
患者さんの喜びの声
施術費用
施術者紹介
よくある質問など

※予約制ではなく来院してお待ち頂いた方から順番で施術をしています。
予約制かどうかの電話は必要ありませんので施術時間内にご来院ください。
また「いつが混んでいるか?」と度々質問をされますがいつが混んでいるかはわかりません。
※保険診療でできることには限りがあり、より良い施術を提供したいという思いから当院では保険診療は行っておりません。
※交通事故の治療は全て自賠責保険を使用しての治療になります。健康保険を使用しての事故の治療は行っておりません。

LINEで送る
Pocket

体温をあげよう

LINEで送る
Pocket

日本人の平熱が下がっています。
昭和30年代、平均体温は36,89℃でした。

それが現在では36,14℃だそうです。
下がっていますね。

うちにいらっしゃる方は35℃台の方が多く、中には34℃台の方もみられます。

平熱が36℃以下は低体温症だそうですが、低体温になるとなにがまずいのでしょうか。

低体温になると

  1. 免疫力の低下
  2. 基礎代謝の低下
  3. 体内酵素の働きも低下
  4. がん細胞が活発になる
  5. アレルギー症状が出やすい
  6. 組織が酸欠起こすので体の痛みが発生しやすくなる

まあ、良いことはないですよね(笑)

理想的な体温は36,5℃から37,1℃の間と言われており、健康のことを考えるとこの間で体温を維持したほうがよさそうです。

では、どうすれば平熱が上がりやすくなるのでしょうか。
いくつか挙げると、

  • 冷たい飲み物や冷たい食べ物は控える
  • 添加物や農薬はできるだけ避ける
  • 部屋の電気は電球色に替える
  • 体を冷やし過ぎないようにするが、温め過ぎも熱を作らなくなるからダメ
  • 脱力してリラックスする時間を設ける
  • 良質な塩を摂る
  • 良質な油を摂る
  • タンパク質、鉄分を積極的に摂る
  • 南方系の食品は避ける
  • 湯船にしっかりとつかる
  • 適度に運動をする(ウォーキングで充分)
  • 糖質の過剰摂取は気をつける
    など

すぐにできるものもありますね。

体温が上がれば免疫力も上がりますし、病気になりにくい状態にするのも痛みから開放されるのには大切ではないでしょうか。

慢性痛で悩んでいる方は日本人の5人に1人だそうです。
とても多いですよね。

腰痛に関してもここ20年間で腰痛患者は1,5倍に膨れ上がっています。
医療技術は発展していますが、患者さんは増える一方。
見るべきところが違っていたんですよね。

私は皆さんに痛みから脱して笑顔になってほしい。
だからこれからもいろんな情報を掲載していきますね!
日本猿の冬の日課

cropped-cropped-cover_img1.png

LINEで送る
Pocket

慢性疼痛は健康状態だけでなく経済的損失にも関与~日本人のデータ|医師・医療従事者向け医学情報・医療ニュースならケアネット

LINEで送る
Pocket

 日本人の10~20%は慢性疼痛を有しており、慢性疼痛は健康状態の悪化と関連することが知られている。大阪大学大学院 医学系研究科医療経済産業政策学寄附講座 教授の田倉 智之氏らは、日本人において慢性疼痛が及ぼす経済的影響について調査した。結果、慢性疼痛は健康状態のみならず労働生産性日常生活活動障害、医療資源の使用および経済的負担と有意に関連していることを明らかにし、「治療率の向上と集学的なアプローチが生活の質を改善し経済的負担を減らす可能性がある」と報告した。Journal of Orthopaedic Science誌オンライン版2015年5月12日号の掲載報告。

情報源: 慢性疼痛は健康状態だけでなく経済的損失にも関与~日本人のデータ|医師・医療従事者向け医学情報・医療ニュースならケアネット

日本人のおよそ六人に一人が慢性疼痛を抱えているそうです。

当然といえば当然ですが、体に痛みを抱えていると痛みで仕事に集中できないですから仕事の効率は低下して経済的な損失となりますよね。

労働者自体や労働環境を提供する経営者側にも意識を変えていただく必要がありそうですね。

3d man sitting with backache over white backgroundcropped-cover_img.png

LINEで送る
Pocket

日本人が昔より培ってきたものを今こそ守るべき

LINEで送る
Pocket

隣に住んでいる人の顔も分からない時代、人と人との繋がりが少なくなってきていますね。

私が子どもの頃はよく近所のおじさんおばさんに引っ叩かれて怒られたものですw

そうやって日本は昔から地域のコミュニティが発達していて、様々な助け合いや交流などを通じて人と人との間で信頼や安心という資本が蓄積されてきていますが、この信頼や安心感が少ない地域ほど犯罪が多く、健康度も低いことがアメリカの調査で分かっているそうです。

まあ考えてみれば常に緊張して生活しなければならないですから、当然といえば当然ですね。

これはもちろん痛みにも関係しているわけです。

働き過ぎ、摂取する栄養の偏り、誤った考え方の刷り込み、農薬殺虫剤の問題などもそうです。

我々は交感神経緊張状態になりやすい生活を送らされています。

そこで他人が信用できない、孤独となれば様々な疾病や痛みになっても不思議ではないのではないでしょうか。

今こそ一人一人が考え方を改め、痛みを知り、日本人が昔より築いてきた信頼関係を取り戻していきたいものですね。

空を見上げる3世代家族

LINEで送る
Pocket

増え続ける腰痛患者

LINEで送る
Pocket

腰痛日本人の自覚症状の第一位であり、統計開始から24年間で57%増加している。(厚生労働省 国民生活基礎調査2010)

医学が発達しているはずの現代で、腰痛の有病率が年々増加傾向にあるそうです。

なぜなのか?

様々な対照試験体系的レビューの結果、画像所見と腰痛とはあまり関連が無い事が分かっています。(悪性腫瘍や骨折、感染症による腰痛は別)

近年、診断モデルが従来の「損傷モデル」から「生物心理社会的疼痛モデル」へと大きくシフトしています。昨年末日本でも腰痛診断ガイドラインができましたね。テレビを持っていないので私は見ていませんが、痛みとストレスに関してようやく放送しだしたみたいですね。やはりメディアの力は大きいですからね、どんどん放送してほしいです。

生物心理社会疼痛モデルについては先の記事を参照してください。

しかし、今までずっと痛みの原因を関節の変形や神経への圧迫で説明されてきたのだからそう簡単には浸透しないですね。全国の医療機関もこの点が一番苦労しているでしょう。周りと違いすぎる事を言うと悪評が流れ、患者数の減少にもつながりかねない。だからあえて言わない所もあるかもしれないですね。

私の院でもこの点を説明するのが一番大変な仕事ですw

ですが、痛みのメカニズムを理解するのは痛みの治療において非常に重要です。この痛みのメカニズムを理解するだけで私は治療の半分はもう達成できると考えています。実際に話をしただけで回復していく患者さんがたまにいます。認知の歪みを正すことはそれほど重要なことなのです。

だからこそ、痛みの難民にならない為にも従来の損傷モデルから新しい生物心理社会的疼痛モデルへと知識のアップデートをして頂きたいのです。何も難しい医学書を読んでほしいと言っているのではない、一般向けにも良書はたくさんあります。

このブログの右サイドにもいくつか本を掲載していますが、生理学者熊澤孝朗先生の「痛みを知る」、TMS JAPAN長谷川淳史先生の「腰痛ガイドブック」はオススメです。(生物心理社会的疼痛モデルについて書いてある本を読んでください)

治療に大切なのは受け身の姿勢ではなく攻めの姿勢です。

「この人に治してもらうんだ」ではなく「私が頑張って治すんだ」という強い気持ちを持つ。

最新かつ最良のエビデンスの学習。

痛みに注目しない、マイナスな言葉を発しない。

痛みでできない事ではなく、できた事に注目する。

痛みがありながらも徐々に行動範囲を広げていく。

治った方の話を積極的に聞く。

治療者は患者の状況を見極めて適切な医療を提供する。

 

痛みが無くなったらなにがしたいですか?痛みが無くなった時の事を常に考えてください。行きたい温泉や観光地の写真を持って眺めるのも良いですね。楽しい事がいっぱい待ってますよ。治った際のイメージトレーニングも非常に大事です。

当たり前ですが、くよくよ気分が落ち込んでいるよりも、ウキウキ楽しい事ばかり考えていた方が治りが早いからです。これは実験でも証明されています。

皆さんの痛みが一日でも早く良くなりますように^^

LINEで送る
Pocket