施術の感想をいただけました(^^)

本日も施術の感想をいただけましたので紹介します。
痛みで悩んでいる方は参考にしてみてはいかがでしょうか。

いつの頃からか、腰から右足のつけ根辺りの痛みを感じるようになり、数年前からは痛みの為、続けて歩行することが困難な状態となりました。
途中で休み休み、ようやく目的地に辿り着くありさまで、日常の買い物中でも何度も店内で休憩をとらないと買い物が終われませんでした。
知人からの紹介により、当接骨院を知り、治療をしていただきました。
加齢の為とあきらめておりましたが、従来の腰痛の捉え方も変えることができました。
数回の治療で痛みがすっかり軽減し、おかげさまで日常生活から苦痛が消え、快適な日々となっております。   NMさん

素晴らしい感想をいただきましてありがとうございました(^^)
改善して良かったですね。

Nさんは10年も前から痛みに悩まされていたそうです。整形外科レントゲン撮影し坐骨神経痛変形性腰椎症の病名をもらい、加齢からでもう治らないと説明されたそうです。うちに通院していた患者さん達から紹介されていらっしゃいました。

初回右側にかなりつよく傾いていました。疼痛性側弯ですね。
それとアチコチに筋肉の圧痛がありました。
初回の施術には反応があまり良くなく、2回目の治療後痛みが半分ほどになり、本日5回目の施術でしたが痛みが全く出ない時間が増えたとのこと。
楽に生活できているようでとても嬉しそうにお話いただきました。

Nさん痛みが改善して良かったですね。
それにしても10年は大変だったでしょう。

危険信号レッドフラッグ)の無い腰痛にレントゲンやMRIなどの画像検査は無効と言われていますし、腰痛がある方にも無い方にも画像上の変形や神経に対する圧迫は普通に見られるものです。

これだけネットが発達して情報が手に入りやすくなってもなかなか痛みに対する考え方って変わっていかないんですよね。どうしてでしょう?不思議でなりません。

まだまだ考え方が変化していくには時間がかかりそうですから、先に患者さん側が変わって対処した方が早く改善しそうですね。

痛みを知るための本としてうちが今オススメしているのは伊藤かよこ先生の「人生を変える幸せの腰痛学校」ですね。

どこへ行っても良くならない場合、良くならない理由が何処かにあるはずです。
それを見つけるヒントになるかもしれません。

***************************************************************************************************
【おおしま整体院(接骨院)のご案内】

【施術時間】
午前9:00~12:00 午後14:00~18:30(土日は17:30) 水曜定休その他都合でお休み

【場所】
埼玉県蓮田市末広2-1-2
JR宇都宮線(東北本線)蓮田駅西口徒歩1-2分、ダッシュ30秒

【電話】
048-764-1190

初めての方へ 
施術時間アクセス(駐車場8台分あり)
患者さんの喜びの声
施術費用
施術者紹介
よくある質問など

※予約制ではなく来院してお待ち頂いた方から順番で施術をしています。
予約制かどうかの電話は必要ありませんので施術時間内にご来院ください。
また「いつが混んでいるか?」と度々質問をされますがいつが混んでいるかはわかりません。
※保険診療でできることには限りがあり、より良い施術を提供したいという思いから当院では保険診療は行っておりません。

施術の感想をいただけました(^^)

施術の感想をいただけましたので紹介します。

私は腰の痛みで歩くのも辛く、整形外科に1年半通いました。
しかし痛みが止まらず、色々迷っていた時、久しぶりに知人と出会い、その紹介でおおしま先生をたずねることが出来ました。先生は穏やかに今日までの病状を良く聞いて下さいました。
先生から「①なやまず(ストレス)②痛さは脳で感じる③自身も治す心掛ける」の教え。
治療は体の左右をやさしく触ったり、軽く揉むだけで、他に薬やリハビリ等全くなし、2週間に1回通うだけ。
最初の内は疑心不安でしたが、半年後から痛みがやわらぎ、今は全く痛くありません。
魔法の手、信じられないが元気で80才を迎え、うれしさと感謝の気持ちで一杯です。
先生ありがとう最高によかった!!です。

大場さんは20年近く前から腰と両足に痛みとしびれがあり、いろんな治療をしたが改善しなかったとのことでした。レントゲンやMRIを撮影して変形性脊椎症脊柱管狭窄症とのこと。

ご友人の紹介で初めて当院を受診したときは痛みで体が曲がっていました。腰をそらすことができない状態でしたが、神経脱落症状はなく、アチコチに筋肉の圧痛があったため、もしかしたら筋膜性疼痛症候群MPS)かもしれないと考え、施術しました。施術後2週間ほどで7割ほど良くなったとのこと。一時良くなったり悪くなったりを繰り返しましたが、現在はほとんど症状はなくなっています。

大場さん、改善して良かったですね。(^^)

感想をいただけると嬉しいですし、また喜んでもらえるように頑張ろうと思えます。
また、同じ様な症状で悩んでいる方は改善例を知ることによってより改善しやすくなります。

よろしければHPをご覧になって参考にしてください(^^) HP患者さんの声

ohbasankansou

cropped-cropped-cover_img1.png

脊柱管狭窄症で悩んでいる方へ 症例

70代の男性Aさん、2年前の9月に中腰で作業をしてから腰から両足が痛くて悩んでいました。整形外科にてレントゲン撮影をしたところ脊柱管狭窄症との診断を受け、服薬で治療をしていました。歩くと足が痛みますが、自転車をこぐのは平気です。

当院にいらっしゃった時は痛みで体が傾いていました。
オオカンガルー

疼痛性側湾ですね。
痛みで筋肉が緊張して傾いた状態です。
痛みが改善してバランスがとれれば傾きは改善します。

その他は腰を伸ばすのがキツイのと、骨盤の仙腸関節周囲にブヨブヨした腫れがありましたが、神経脱落症状はありませんでした。体のアチコチに押すと痛む場所があります。

もしかしたら筋膜性疼痛症候群かもしれないと判断して施術を開始しました。

2回目の施術までは施術後改善するのですが、時間が経つと痛みが戻ってきていました。3回目の施術後からは徐々に回復し始め、4回目の施術後には大分回復したようです。

お忙しい方なので疲れがたまると痛みが出てきますから現在は定期的に施術しています。

最近は筋膜性疼痛症候群についてテレビ雑誌でも特集されているのを目にするようになりました。

痛みの特効薬は「情報」だと言われています。

痛みに対する古い知識、考え方はアンインストールして新しい知識、考え方をインストール、痛みとはサヨナラしたいですね(*^^*)

症候性の腰部脊柱管狭窄症患者をランダムに外科的減圧術群と六週間の理学療法群に割付、二年後の身体機能を比較した臨床試験で両群に有意差がないことが明らかになった。両群とも二年後に身体機能が同程度に回復しており、効果に男女差は見られなかったという。米Pittsburgh大学のAnthony Delitto氏らが、Annals of Internal Medicine誌2015年4月7日号に報告した。 http://annals.org/article.aspx?articleid=2214174

とまあ、こんなデータもあります。

脊柱管狭窄症で苦しんでいる方、多いですよね。
手術するのか、保存的に治療するのか、様々なデータを集めてよく考えてくださいね。

おすすめの書籍



Orthopäde, Rückenuntersuchung

cropped-cropped-cover_img1.png

埼玉県で脊柱管狭窄症の痛みや治療でお困りの方へー症例

70歳代の男性Aさんは20年来腰に痛みがありました。昨年の1月に急に痛みが酷くなり両足にも痛みとしびれが出るようになってしまいました。
複数の整形外科にてMRI検査をしたところ、変形性脊椎症脊柱管狭窄症と診断されたそうです。

初見時痛みのためか体が左側へ傾いていましたが、神経脱落症状などは無く、除外診断も済んでいたことから筋膜性疼痛症候群かもしれないと判断し腰から両足先にかけて施術を開始しました。
痛みに関係しそうな既往歴もありません。

初回の施術から反応して痛みが軽減しましたが、痛みが出たり引っ込んだりを繰り返し、4回目の施術時にお聞きしたら当初の痛みは7割消失したとのことでした。

後はいつ症状が消失してもおかしくない状態なので、様子を見ながらとお話しています。

Aさんは脊柱管狭窄症、変形性脊椎症と診断されていましたが、トリガーポイント筋膜リリースなどの施術が有効であったことから、痛みの本態は脊柱管狭窄症や変形性脊椎症ではなく、筋膜性疼痛症候群(MPS)だったのかもしれません。

脊柱管狭窄症や変形性脊椎症、椎間板ヘルニア坐骨神経痛などの診断名がついてはいるが、実は症状の本体は筋肉だった、なんてことはよくあることです。

いろんな治療を経験したが変化がない場合、筋肉に目を向けてみてはいかがでしょうか(*^^*)

b0052170_2014498

cropped-cropped-cover_img1.png

 

 

施術の感想をいただけました(肩と膝の痛み)

施術の感想をいただけましたので掲載します。

Q7
痛さがない

Q8
やさしい対応です

Q9
通院2回での痛みが取れて
先生の神の手は凄いの一言です
本当に感謝しています。

kansou※画像をクリックすると大きく表示されます。

素晴らしい感想をありがとうございました。

さいたま市よりお越しのAさんは、だいぶ前から両肩と両膝に痛みがありました。

整形外科さんでは五十肩神経障害性疼痛と言われたそうです。

Acute pain in kneeうちにいらっしゃった時、肩は肩甲骨の動きがかなり障害されていて、体中のあちこちに筋肉圧痛がありました。

膝は軽い屈曲制限と筋肉の圧痛があるくらいでした。

初回の施術でかなり良くなったみたいでして、先程3回目の施術をおこなったのですがほとんど大丈夫な状態だそうです。

もう大丈夫だと思いますが、心配ならあと1,2回施術、というところでしょうか。

Aさん回復して良かったですね。

3d rendered illustration of an active receptor一般的に言われている急性痛慢性痛は痛みが出ている期間をもとに言いますが、慢性痛でもすぐに痛みがとれる方はたくさんいますし、急性痛でもなかなかとれない方もいます。

痛みには様々なものが複雑に関係してきますので、その痛みがどの位でとれるかはなかなか判断できないのです。

痛みは個人の経験ですから。

五十肩や神経障害性疼痛と言われていたけれども実は筋肉の痛みだったなんてことはよくあることです。

痛みに対する恐怖不安は痛みを頑固にして難治にしてしまう傾向があります。

Depressed 3d man sitting in corner of room病名を付けられてしまうとそればかりを考えて一日を痛みばかり考えて過ごしてしまうようになる方がかなりいますね。

読んでいてギクッとした方はいるのではないでしょうか。

痛みのことばかり考えて生活していると痛みがとれづらくなってしまいますよ。

痛みには原因があり、大抵の場合は解決可能なのです。

何ヶ月、何年と痛みが続いている場合、現在の対処が適切で無い可能性があります。
その場合、痛みに対する考え方、捉え方を少し変えてみてはいかがでしょうか。

運動しているシニアの3人組cropped-cover_img.png

 

施術の感想を頂けました(^^)

引き続き、体調維持のためにお世話になると思います。
よろしくお願いいたします。

魔法のように、治療していただくと効果がすぐわかります。
精神的にも安心して運動、仕事ができます。

おおしま接骨院HP「患者さんの声」の最下部に掲載させて頂きました。(上から順番に掲載しています)

おおしま接骨院HP:http://s621.com

患者さんは両足のに痛みがあったのですが、反応がよく1回の治療でかなり痛みが軽減したそうです。整形外科さんではレントゲン検査して足底腱膜炎と言われていました。

仕事や私生活で忙しく、緊張状態が続くと交感神経が休まる暇がありませんので、緊張が続いた結果、体に痛みやしびれとなってでてきてしまうのですね。

うまく気分転換できるようになると良いと思いますが、忙しい中で生活しているとなかなかできませんね。

感想ありがとうございました(^^)

img138

家族

脊椎分離症、腰痛と痛み、スポーツ

腰椎分離症という疾患があります。脊椎の椎体と椎弓の骨の連続性が断たれてしまい、離れてしまった状態を「腰椎分離症」といいます。原因は色々と言われています。使いすぎによる疲労骨折、外傷性、先天性のもの。

レントゲン検査して分離部を見せられるといかにも痛そうですね。しかし、分離していても痛みがない方がいるのはご存じですか。

こんな論文があります。

・18~50歳までの腰痛患者807名と健常者936名を対象に、腰部X線撮影で脊椎分離症の検出率を比較した結果、腰痛患者群は9.2%、健常者群は9.7%だった。脊椎分離症が腰下肢痛の原因と考えるのは非論理的ではないのか?http://1.usa.gov/j2Jw5aTMSJAPAN長谷川先生より提供

腰痛持ちのグループと、健常者のグループ、どちらも同程度脊椎分離症が認められたというものです。

画像検査で確認できる脊椎すべり症、脊椎分離症、腰仙移行椎変形性脊椎症潜在性二分脊椎ショイエルマン病は腰痛とは無関係で、全腰痛患者の85%以上は原因が特定できない非特異的腰痛(van Tulder MW et al Spine 1997)

画像検査とはレントゲン、CT、MRIなどのことです。画像検査では腰痛の原因は85%以上が特定不能ということです。

青少年の脊椎分離症、すべり症が腰痛の原因となることはまれである
脊椎分離症、辷り症が青少年のスポーツ選手にみつかると、その選手の将来性に関して悲観的な説明をしがちであるが、それは間違いである。Muschikはプロのバレェダンサーの分離辷り症を検索したところ、被験者の32%に発見した。しかし、腰痛の発症率は分離辷り症のないダンサーの腰痛発生率と差がなかったという。また、青少年のスポーツ専門学校で平均10.1%のすべり度をもつ86症例に数年間の集中的トレーニングを行ったが、5年経過の間に腰痛を生じた者はいなかったという。このことから青少年の脊椎分離症、辷り症と腰痛の関係はないといってよい。 「整形外科プライマリケアハンドブック」より

そもそも痛みが出た日に分離したのか、それ以前から分離していたのか、証明することはできません。

脊椎分離症は疲労骨折と言われていますから、分離した当初は痛いと思います。しかし時間が経ったものは分離していてもしてなくても痛みは発生しないのだから、くっつけることに一生懸命にならなくてもよいとは思いませんか。

分離しているから痛いというのは誤った思い込みですよ。

あなたの痛みは本当に分離症による痛みなのでしょうか。

Krankentrage

治療の感想を頂けました(^^)

本日治療感想を頂けました。

私は以前(去年)から原因不明の痛みのため、整形外科に通っていましたが、おおしま先生に診ていただけて、原因もわかり、とても安心しました。ありがとうございました。

おおしま接骨院HPに掲載させて頂きました。 http://s621.com(ページ最下部に掲載)

感想を書いていただきありがとうございました。

この方は何度か通われて、痛みは順調に軽減してきています。

最近感想を頂けることが多く、とても嬉しいです。痛みが引いて喜んでもらえるとこちらも力が湧いてきます。

このブログでも書いていますし、他の方もブログやHPに書いていると思いますが、痛みの多くは筋肉や皮膚、靭帯にあるポリモーダル受容器(痛みセンサー)の興奮によって起こります。

本物の神経症状なんてそんなに多くはないのです。痛みの多くは筋肉や皮膚靭帯由来の痛みです。

早くこの事実に「気づく」事です。

治療は筋肉や皮膚が柔らかくなれば良いのですから、私の治療方法でも良いし、ストレッチマッサージ運動入浴等、なんでも良いのです。

痛みが長く続くと痛みそのものが病気である「慢性痛症」になる場合がありますから、なるべく早く痛みはとるべきです。(痛みが長く続いていてもすぐにとれる方はとれてしまいますが・・・)

腰痛と左下肢痛(椎間板ヘルニア脊柱管狭窄症)

久喜市よりお越しのAさん、以前より腰痛と左下肢に痛みがありました。来院する3ヶ月前より痛みが強くなり、整形外科を受診したそうです。整形外科さんでは椎間板ヘルニア脊柱管狭窄症と言われたそうです。

当院受診時は痛みで体が曲がっていました。疼痛性側湾ですね。その他腰の伸展制限、筋肉の圧痛が多数ありましたが、神経脱落症状はありませんでした。

先ほど4回目の施術をしましたが、大分良くなってきたそうです。現在30分ほど歩くと痛くなりますが、今後歩ける距離と時間も回復とともに伸びていくと思います。

色々な病名が存在しますが、痛みの本態は実は筋肉や靭帯などからだったというのはよくあることです。ですからうちでの施術で回復するのです。

関節神経ばかりに目が行き、肝心な軟部組織の異常は注目されていないのです。もっと筋肉や靭帯、皮膚などの異常に目を向けてはいかがでしょうか。

 

今年も残り僅かですね、皆さん今年はどんな年だったのでしょうか(^^)

患者さんからの手紙

おおしま接骨院

先月首痛で治療して頂きましたAです。

首が痛くて動かすたびに痛くて、2か所の整形外科で診てもらいましたが、全然治らなく、仕事にも支障が出るような状態でした。

インターネットで専門の病院はないかと探していたときに、おおしま接骨院を見つけました。

お客様の声を読んで、まさに神にも頼るような思いで、大嶋先生の所に行きました。

初めに治療していただいた次の日あたりから、首の感じがすこしずつ変わってきました。1週間後に診ていただいたころには、痛みはほとんどありませんでした。

あの痛みはどこへ行ってしまったのか。不思議でした。まさに神の手の大嶋先生のおかげと感謝しています。ありがとうございました。

同僚の母親が腰痛と聞き、大嶋先生のこと話しました。近日中にも伺うと思いますので、よろしくお願いします。

これからも痛みで悩んでいる多くの方々を治していただきますよう、先生のますますのご活躍をご祈念申し上げます。

Aさんお手紙ありがとうございました。治って良かったですね。

Aさんは旅行中に寝ちがえたのですが、その痛みがなかなかとれなかったのです。

環境が変わると痛みになる方がいます。

 

変化の兆し 其の壱

70代女性、1年前より右下肢痛を発症。近所の整形外科にてレントゲン等の検査をするも異常なし。リハビリ整体カイロプラクティックなどの治療院を複数回ったが回復しなかった為、紹介で来院されました。

来院時右足を引きずって来院しました。腰の仙腸関節周囲に浮腫と可動域障害があるのみで、神経症状はありませんでした。この方は非常に反応が良く、治療している最中から変化があり、本人も痛みが引いてくのを自覚していました。

治療後痛みは大分引いたみたいでしたが、びっこを引くのは少し残りました。順調に行けば後1,2回の治療で完治すると思います。(反応の良い方ばかりではありませんが)

レントゲンやMRI狭窄変形などの構造の異常が無くても痛みを抱えている方達はたくさんいます。逆に骨や関節に変形や狭窄があっても何も症状がない方もたくさんいます。

この差は一体どうして生じるのでしょうか?

 

変化の兆し 其の二に続きます。(クリックすると移動します)

 

 

おおしま接骨院について、詳しくはおおしま接骨院オフィシャルサイトを御覧ください。http://s621.com

act therapy explanation

腰痛にストレス関与、安静は有効と限らない

腰痛ストレス関与、安静、有効と限らず 学会が診療指針 2012/12/30

http://www.nikkei.com/(クリックするとページを移動します)

 

日本整形外科学会と日本腰痛学会が診療ガイドラインをまとめたそうです。

それによると

重篤な脊椎疾患の兆候(レッドフラッグ)が無い限り、全ての患者さんにレントゲンやMRIによる画像検査の必要性は無い。(レッドフラッグに関してはこちらをクリック

1,悪性腫瘍や外傷、感染などの重い脊椎疾患の疑われるもの

2,まひやしびれ、筋力の低下など神経症状を伴うもの

3,原因が特定できない非特異的腰痛

上記3つに分類することが重要とした。

 

腰痛のほとんどは上記の3です。

しびれ=麻痺ではありません。関節や軟部組織の反射異常でもしびれや感覚異常、筋力低下や筋萎縮は発生します。もちろん症状が進行していく場合や、明らかに麻痺の症状である場合には検査が必要になります。

しかし、こうして腰痛の診断ガイドラインが出たことで少しは私も奇人変人扱いされなくなるでしょうか、期待です。

 

あなたの痛み、教えてください。一緒にがんばりましょう。詳しくはおおしま接骨院オフィシャルサイトをご覧ください。http://s621.com

act therapy explanation

初めて来院する患者さんへ

数多くの接骨院整骨院の中からおおしま接骨院を選んで頂きありがとうございます。

おおしま接骨院では治療方針や治療内容を知ってもらう為にホームページがあります。(http://s621.com)今まで多くの質問を電話やメールなどで受けてきましたが、質問の多かったものについて書いていきます。

 

Q,予約が必要ですか?

A,予約制ではありませんので、都合の良い時間に来院ください。

 

Q,病院整形外科で治療を受けましたが良くなりません。診てもらえますか?

A,おおしま接骨院では病院や整形外科の治療で良くならない患者さんがたくさん来院しています。整形外科ではレントゲンやMRIなどの画像を元に病名を決めますが、画像に原因が写ることは少ないです。おおしま接骨院では関節反射の治療を専門に行い、痛みやしびれの原因を治療しています。ただし、関節反射以外に原因があり医療機関を受診する必要があると判断した場合は転院していただく事もあります。

 

Q,どんな治療方法ですか?

A,関節に備わっている反射機能の治療です。

関節の周囲には複数のセンサーがあり、このセンサーが動きや筋肉の緊張などを監視、コントールしています。このセンサーが何らかの原因で障害されると、痛みやしびれとなって発生します。関節反射の治療をすると椎間板ヘルニアや変形性脊椎症、変形性膝関節症、その他の方も症状が消退することが多い事から、関節反射の痛みが多いということがわかっています。治療はセンサーの備わっている関節包や靭帯に極微弱な刺激を与えるだけですから、治療中に痛みを感じることはありません。治療も5分ほどで終わります。

 

 

Q,おおしま接骨院への行き方は?

A,JR宇都宮線(東北本線)蓮田駅西口より徒歩1~2分です。

電車で来院する場合は、蓮田駅西口を下、ロータリーを左に曲がり直進してください。一つ目の信号を過ぎるとすぐ右手におおしま接骨院があります。車などの来院方法はこちら→http://s621.com

車で来院する場合、院の目の前と斜向かいに専用駐車場があります。

 

Q,交通事故で負った怪我は治療できますか?

A,治療できます。人身事故の患者さんは保険会社から治療費が払われるため、窓口での負担は通常ありません。

Q,事故の怪我で他の病院から転院したいのですが、できますか?

A,転院できます。治療の途中でも整形外科や病院、接骨院は自由に選べますので転院は可能です。安心してご来院ください。

 

Q,小さな子供は連れて行けますか?

A,大人しく待っていられる子や、大人二人が交代で見ていられる場合は大丈夫です。

 

Q,妊娠中は治療できますか?

A,ホルモンなどの関係で妊娠中の治療はできません。産後1ヶ月経ってから治療できるようになります。産後腰痛の治療は得意ですから安心してご来院ください。

 

他にも患者さんが知りたいことは他にもたくさんあると思います。質問がある方は遠慮なく電話048-764-1190や、ホームページからのお問い合わせへ連絡してください。

一日も早く痛みのない生活を送れるように、おおしま接骨院と一緒に頑張りましょう!

 

 

体の痛みやしびれの治療について詳しくはおおしま接骨院オフィシャルサイトを御覧ください。http://s621.com