寝不足は痛みを増幅させる

寝不足は痛みを強く感じさせてしまうそうです。

慢性的な痛みで悩んでいる方には睡眠障害が合併していることが非常に多く、睡眠障害や寝不足と痛みは関連していると考えられます。

ドイツのハイデルベルク大学のSigrid Schuh-Hofer氏らは、健常人において、全断眠(TSD)は全般的な痛覚過敏を誘発するとともに状態不安を高めることを示した。TSDは睡眠障害の痛覚過敏作用の病理学的機序を解明する疼痛モデルとして役立つ可能性がある、とまとめている。Pain誌2013年9月号(オンライン版2013年5月11日号)の掲載報告。

続きはこちらから

膝の関節が腫れて痛む変形性膝関節症の人は、睡眠が足りないとより強く痛みを感じる。痛みにとらわれているとさらに強く痛みを感じる。良くないスパイラルがあるようだ。米国ジョンズ・ホプキンス大学医学部を含む研究グループが、米国リウマチ学会(ACR)が発行する公式誌アースリティス・ケア・アンド・リサーチ誌オンライン版で2015年6月4日に報告した。

続きはこちらから

全断眠(徹夜)は痛覚過敏を誘発したそうですね。

皆さんも寝不足や徹夜した後に体のどこかが痛かった経験あるでしょ?(笑)

 

痛いと寝られない。

寝られないから痛いのか。

慢性痛を抱えた方は睡眠障害を合併していることが非常に多いです。

痛い→動けない→障害→自尊心の喪失→うつ状態→孤立→ストレス→筋緊張→更に痛いの繰り返し、悪循環

痛みの悪循環

痛みがあると交感神経優位になりますから睡眠障害になるのは想像しやすいですね。

痛みは早くどこかで断ち切らなければならない。

今までハードである骨や神経ばかり治療されていましたが、思ったような結果が出ず痛みを抱える方は減るどころか増えるばかりです。(腰痛患者数はこの20年で約1.5倍)

近年科学の進歩により慢性痛を抱える方はの前頭葉が萎縮することがわかってきたそうです。

画像はネットよりお借りしました

画像はネットよりお借りしました

痛みや感情をコントロールしていると言われている前頭葉の働きが低下すると扁桃体の働きがうまく調整できなくなり、少しの痛みでも強い痛みと感じやすくなってしまいます。

先日放送されたNHKスペシャルキラーストレス」でもそのようなことが言われていたそうですが、今は過剰なストレスに対処しなければならない時代なのですね。

NHKスペシャル「キラーストレス」ページヘ

Intellectual thinker , Human xray with gears for brains

これからはハードである筋肉筋膜)の治療とソフトである脳の治療、二本立てで行う必要があると思います。

  • ソフトの治療→痛みを知る、ストレスの認知、対処
  • ハードの治療→ポリモーダル受容器(痛みセンサー)の沈静化

運動、マッサージ、ストレッチ、整体、ブロック、アロマなど、あうものがあればなんでもいいと思います。

自分にあったものを見つけて、早く痛みを解消しましょう(^^)

 

cropped-cropped-cover_img1.png

痛みを知る=痛みの仕組みを知る

こじれた慢性痛の治療に有効なのは認知行動療法

時代遅れの誤った思い込みを現在わかっている情報へ書き換える。

口では簡単に言えるがこれがなかなか大変な作業だ。
子どもの頃から教わってきたことを覆すのは容易ではない。

しかしヒトの思い込みは体に大きな影響を及ぼす。

ノーシーボ 痛み」

などで検索してもらうとたくさん出てくるが、ヒトは思い込みだけで死んだり火傷したりする。

それ故に

「私の痛みは治らないのでは。」

という誤った認識はすぐにでも正す必要がある。

もちろん全てでは無いが多くの痛みは筋膜性疼痛症候群(トリガーポイントなどで有名だ)と言われるもので、骨の変形や神経への圧迫は痛みがない健常者にも普通に存在することから従来の「損傷モデル」から「生物心理社会的疼痛モデル」へと診断モデルが変化してきている。

話は変わるが最近話をしていると泣かれる方が多い。
私の顔が怖いのだろう。普段から感情を押し殺して、我慢して生きているのだろう。

怒り、不安、恐怖、悲しみなどの強い感情はため込むと後に痛みに変換されることがあるし、増強させてしまうことがある。

ため込むことなく、発散する機会を持つようにしたい。

そもそもあなたをネガティブな感情にしてしまう情報や人物へはなるべく近寄らないことだ。

百害あって一利ない。

2015年に放送されたNHKスペシャル腰痛治療革命 見えてきた痛みのメカニズム」の反響が大きく、DVD付きの書籍になりました。

映像を見る+背中をそらす それだけで約6割の方が改善したそうです。

cropped-cropped-cover_img1.png

情報の受け取り方を考えてみる

痛みに対する誤った思い込みの修正が重要だということは以前からお伝えしているところですが、今一度情報の受け取り方について考えてみましょう。

例えばあなたが病院へ行って「椎間板ヘルニア」や「脊柱管狭窄症」などと診断され病名を告げられたとしましょう。

Radiography of Human Bones医師から言われた言葉を鵜呑みにして「私は椎間板ヘルニアなんだ」、「私は脊柱管狭窄症なんだ」と思い込んでしまうのは少し考えたほうがいいでしょう。

こういった発信をすると

「なんで?医者が言っているから間違いない。」などと仰る方がいます。

骨の変形や神経への圧迫を痛みの原因とする診断モデルを「損傷モデル」」といいます

これは時代遅れの古い考え方で、様々な比較対照試験や生理学の発達から骨の変形や神経への圧迫が痛みやしびれの原因とは考えにくいことから、徐々にではありますが、損傷モデルから生物心理社会モデルへと変化してきています。

現在日本の現場で痛みの原因ですと説明されている変形や神経の圧迫は実はあまり痛みやしびれとは関係がないことが多いのです。

medical infographic elements皆さんおなじみのNHKの番組、ためしてガッテンでも椎間板ヘルニアは無罪であると放送されたのは記憶に新しいところです。つい先日もNHKスペシャルで「腰痛治療革命-見えてきた痛みのメカニズム」と題して慢性痛の問題が放送されていましたね。

スクリーンショット 2015-08-07 16.07.43人の思い込みは強く強く体に作用します。

本来痛みとは関係がないものを痛みと関係があると思い込みすぎてしまうと痛みがとれにくくなってしまうばかりか、他の様々な場所にも痛みがでやすくなってしまいます。

参考:人は「思い込み」だけでも死んでしまう!
http://toyokeizai.net/articles/-/77748?page=2

ガンではなかったにもかかわらず、ガンと宣告されたら衰弱して死んでしまったなんて笑えないですよね。

3d  people holding his head with his hands思い込みはそれほど強く作用してしまうのです。

医者から言われたからではなく、色々な情報を集めて痛みを考えてみませんか。

たとえレントゲンMRIで異常が見つかろうとガンや内臓からの痛み、リウマチや結晶誘発性関節炎、膀胱直腸障害や進行性の麻痺などがなければ多くの場合心配ないことが多いのです。

・時代遅れの古い考え方に支配されず、新しい考え方を知りましょう。
日本の痛み医療は諸外国から比べると20年は遅れていると言われています。

・不安、恐怖、怒りなどのネガティブな感情からはなるべく遠ざかりましょう。

・積極的に体を動かし、楽しい、嬉しい、気持ちが良いことをたくさんしましょう。

砂糖タバコアルコールなどの依存物質の摂り過ぎは気をつけましょう。

・早寝早起きして健康的に生活しましょう。

原因があってこそ結果として症状が出ています。言わば体からの警告信号です。
体からの声を聞いて、誤った生活習慣、考え方を知りましょう。

家族cropped-cover_img.png

施術の感想をいただけました(肩と膝の痛み)

施術の感想をいただけましたので掲載します。

Q7
痛さがない

Q8
やさしい対応です

Q9
通院2回での痛みが取れて
先生の神の手は凄いの一言です
本当に感謝しています。

kansou※画像をクリックすると大きく表示されます。

素晴らしい感想をありがとうございました。

さいたま市よりお越しのAさんは、だいぶ前から両肩と両膝に痛みがありました。

整形外科さんでは五十肩神経障害性疼痛と言われたそうです。

Acute pain in kneeうちにいらっしゃった時、肩は肩甲骨の動きがかなり障害されていて、体中のあちこちに筋肉圧痛がありました。

膝は軽い屈曲制限と筋肉の圧痛があるくらいでした。

初回の施術でかなり良くなったみたいでして、先程3回目の施術をおこなったのですがほとんど大丈夫な状態だそうです。

もう大丈夫だと思いますが、心配ならあと1,2回施術、というところでしょうか。

Aさん回復して良かったですね。

3d rendered illustration of an active receptor一般的に言われている急性痛慢性痛は痛みが出ている期間をもとに言いますが、慢性痛でもすぐに痛みがとれる方はたくさんいますし、急性痛でもなかなかとれない方もいます。

痛みには様々なものが複雑に関係してきますので、その痛みがどの位でとれるかはなかなか判断できないのです。

痛みは個人の経験ですから。

五十肩や神経障害性疼痛と言われていたけれども実は筋肉の痛みだったなんてことはよくあることです。

痛みに対する恐怖不安は痛みを頑固にして難治にしてしまう傾向があります。

Depressed 3d man sitting in corner of room病名を付けられてしまうとそればかりを考えて一日を痛みばかり考えて過ごしてしまうようになる方がかなりいますね。

読んでいてギクッとした方はいるのではないでしょうか。

痛みのことばかり考えて生活していると痛みがとれづらくなってしまいますよ。

痛みには原因があり、大抵の場合は解決可能なのです。

何ヶ月、何年と痛みが続いている場合、現在の対処が適切で無い可能性があります。
その場合、痛みに対する考え方、捉え方を少し変えてみてはいかがでしょうか。

運動しているシニアの3人組cropped-cover_img.png

 

睡眠不足は痛覚過敏を誘発する

慢性痛の方は睡眠障害が非常に多いことから、睡眠障害や睡眠不足と痛みの関連解明が重要な研究課題となっているが、これまでのところ、人間における研究では一貫した結果は得られていない。ドイツにあるハイデルベルグ大学のSigrid Schuh-Hofer氏らは、健康な方において、全断眠(徹夜)は痛覚過敏を誘発するとともに、状態不安を高めることを示した。Pain誌2013年9月号http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/23707287

睡眠障害が痛みを誘発するのは現場でお話を聞いていれば分かることです。痛みを訴える方が睡眠不足や睡眠障害を抱えているケースはとても多く、痛みを抱えると睡眠障害にはなりやすいのですね。

体が休まらなければ心が休まらない、心が休まらなければ体も休まらない。心身一如ですね。

睡眠時間を確保できる方は、しっかりと寝た方がよさそうですね。

画像上異常がない左下肢痛

60代女性、3週間前に重いものを持って歩いた後、左下肢に痛みが発生。整形外科にてレントゲン撮影するも異常なし。

受診時左腰と左股関節に痛みを訴えていましたが、関節の腫脹と可動域障害のみで神経脱落症状はありませんでした。治療後は少し痛みが軽減する程度でしたが、その後数日で痛みが無くなったそうです。重いものを持って反射機能がおかしくなったのでしょうね。

急性痛の場合、比較的容易に痛みやしびれはとれる事が多いです。慢性化すると少し難しくなります。

この方の場合、レントゲン撮影しても異常を指摘されなかったのが良かったのかもしれません。異常が無いなら無いで心配になる方もいますが。

下肢痛=神経の症状ではありません。

例えば椎間板ヘルニアは健常者の76%に見つかったというデータもあります。椎間板ヘルニアは生理的な現象であり、無害である可能性があります。PubMedよりhttp://1.usa.gov/iN3oKG

 

おおしま接骨院では椎間板ヘルニアの治療をしています。詳しくはオフィシャルサイトhttp://s621.comを御覧ください。

act therapy explanation

雪道で滑って左股関節を強打

20代女性、昨日の降雪で障害物に足を取られ転倒左股関節強打し、痛みでしばらく動けなくなった方がいらっしゃいました。

左股関節に先天性股関節脱臼からの変形性股関節症を持っており、手術の必要性を指摘されています。

施術前は痛みで座れない状態でしたが、施術後痛みは残るものの、なんとか座れるようにはなりました。午後にお話を聞いたら4/10まで痛みが引いたそうです。経過観察が必要ですが、このまま様子を見るだけで大丈夫でしょう。

変形した関節は正常な関節に比べて、直接ぶつけた際の関節反射のダメージが大きような気がします。この方は受傷後すぐの施術でしたから反応が良かったですね。

痛みは急性痛のうちに治療したほうが治りやすいです。全ての方がそうではないですが、慢性痛になると最初の痛みとは性質が変わりますので少し難しくなります。(痛み発生後すぐに慢性痛の様になる方もいます)

痛みは急性痛のうちに治療するのが重要です。

 

あなたの痛み、教えてください。一緒に頑張りましょう。おおしま接骨院について詳しくはオフィシャルページhttp://s621.comを御覧ください。

act therapy explanation

 

 

 

変化の兆し 其の二

変化の兆し 其の壱の続きです。

20~80歳までの腰痛未経験者67名を対象にMRIで腰部椎間板を分析した結果、椎間板膨隆、椎間板ヘルニアが多数確認された。http://1.usa.gov/knGWuH

健常者の76%に椎間板ヘルニアが、85%に椎間板変性が確認された。http://1.usa.gov/iN3oKG

など、この様なモデルの研究はたくさんあります。

レントゲンやMRIの画像検査はレッドフラッグ(重篤な脊椎疾患の兆候)がない限り行うべきではないといった考え方に移りつつあります。※レッドフラッグに関してはこちらをクリックしてください。ページを移動します。

ここまで読んで、どう思いましたか?

 

骨の変形や軟骨の摩耗(構造の異常)=痛みではありません。

神経圧迫しびれではありません。

 

痛みやしびれには、関節反射が関与しているケースがとても多いです。最近は関節反射だけでなく、軟部組織にも極軽い刺激に反応して筋緊張の変化や運動機能の改善、痛みの減弱などの現象が確認でき、軟部組織や皮膚にも何らかの形で運動機能や痛みに関与しているのではないかという事が分かってきました。

しかし、関節反射や軟部組織の反応だけで全ての症状が解決するのかと言うとそうではありません。長い間痛みが続いた慢性痛には感情なども関与してきます。楽しいことをしている最中には痛みが和らいだり、感じなかった経験や、気持ちが沈んでいる 時や、やりたくない事をしている最中痛みを強く感じた経験をしたことはありませんか?お話を聞いていると、この様な経験をしている方は大勢います。

病名にこだわっている方や、歩けなくなるのではないかなど恐怖で体を動かす事を避けている方、一日中痛みの事ばかり考えるようになっている方などは治療に反応しづらい傾向にあります。(慢性痛に関しては今後少しずつ書いていきます)

こういった場合は今までの変形や狭窄、神経に対する圧迫が痛みを発生する、といった認知を少しずつ変えてみたほうが良いかもしれません。

つい先日、日本でも腰痛診断ガイドラインがまとまりました。

「腰痛にストレス関与 安静有効と限らず 画像検査大半不要」             http://www.tokyo-np.co.jp/(クリックするとページを移動します)

これからどんどん腰痛の治療は変わっていきます。

 

おおしま接骨院について、詳しくはおおしま接骨院オフィシャルサイトを御覧ください。http://s621.com

act therapy explanation

ぎっくり腰含め、痛みは早期の除痛が必要

寒い日が続きますね、今日は暖房をつけてもなかなか部屋が暖まりませんでした。

寒い所に長時間いると痛みにつながりやすいことがあります。これは関節や皮膚、軟部組織にある受容器にとって、急激な気圧気温の変化、長時間の寒冷暴露が外的ストレスになり、機能が低下しやすいからだと考えられます。

機能が低下すると筋緊張や皮膚の硬化、関節包内運動の異常が発生しやすくなります。機能異常が発生して痛み刺激がへ到達すると下記の様な状態になって痛みが増悪していくことがありますから痛みが発生した場合、なるべく早く除痛することが重要になります。

例えば今日のような非常に寒い日ですと長時間の寒冷暴露や気温気圧の急激な変化で関節や軟部組織の反射機能は低下しやすくなります。機能が低下すると軟部組織の筋緊張や関節包内の運動をうまくコントロールすることが難しくなるため、異常が発生すると痛みの症状が発生します。

 

関節反射や軟部組織の反射機能の異常が発生

侵害受容器が興奮、電気刺激を作成

感覚を感じる領域へ痛みの入力

筋緊張及び交感神経緊張(関節や皮膚、軟部組織の反射はより障害される)

血液循環不良により酸欠

痛みの増強

↓(痛みの強さ、時間の経過が関係)

末梢性感作、中枢性感作の発生(痛みに過敏になること)

痛みの悪循環

痛みへの不安抑うつ不眠

痛みの増強

 

長期間に渡り痛み入力が続くと痛みの悪循環が発生、痛みに過敏になり痛みを強く感じるようになります。長く続く痛みは抑うつ状態を喚起し、下行性疼痛抑制系の働きが低下してより痛みを強く感じさせます。この痛みの悪循環が慢性痛です。(経験のある方はなんとなく分かるかもしれません)

痛みは急性痛なら比較的簡単にとれます。慢性痛になると上記のようになりますので、少しむずかしくなり、場合によっては複数の治療が必要になります。しかし、痛みが続いている時間が長いと全ての場合取れづらいのかというと、そうでもありません。20年来痛みを抱えていた方でも1回の治療で治ることもありますし、痛みが発生して間もない方でも時間がかかるケースもあります。患者さんの状態によります。

 

おおしま接骨院では上記の痛みの悪循環を断つ為に、軟部組織の反射機能を正常化し、痛みの早期改善を目指しています。

 

痛みはできるだけ早く取り除きましょう。もし慢性痛になっていても大丈夫、一緒にがんばりましょう。最善の方法をコンサルティングさせて頂きます。

 

その痛み、諦めないで。おおしま接骨院は痛みやしびれの駆け込み寺的存在を目指しています。おおしま接骨院について詳しくはホームページを御覧ください。http://s621.com

act therapy explanation