椎間板ヘルニア、脊柱菅狭窄症=痛みではない

椎間板ヘルニアが痛みの原因」と思っている方が多いかと思います。
しかし、椎間板ヘルニアが突出して神経を圧迫しているからといって、必ずしも痛みに繋がらないのはご存知でしょうか?

ある研究論文によると、腰痛未経験の方のMRIを撮影したところ、なんと76%の方に椎間板ヘルニアが認められました。

腰痛では無いにもないにも関わらずです。

腰痛の原因を知りたい方にとって、画像診断はわかりやすく、かつ説得力のある証拠になりますし、今も医療機関では椎間板ヘルニアは痛みの原因と診断されるのですから、そう思ってしまうのも至極当然だと思います。

 

2015年末に放送されたNHKスペシャル腰痛治療革命-見えてきた痛みのメカニズム」では椎間板ヘルニアの90%は放っておいても自然治癒すると解説されていました。

医療機関で診断を受けると何かしら病名がつけられると思いますが、これは必ずしも痛みを引き起こしている原因が分かって付いているわけではないのです。

坐骨神経痛腰部脊柱管狭窄症などは字を見ただけでいかにも恐ろしい病気のような感じがしますが、必ずしも心配し過ぎることはありません。(馬尾症候群麻痺は除く)

骨の変形やヘルニア、脊柱管狭窄などは年を取れば誰でも出てくるものです。

健康な70歳代の腰を画像検査したら60%に脊柱管の狭窄が見られます。ですから、椎間板ヘルニア、坐骨神経痛、腰部脊柱管狭窄症=「痛み」ではないということなのです。

痛みを知ることがカギ

先日放送されたNHKスペシャルでは脳のDLPFC(背外側前頭前野)の衰えが長引く腰痛の原因の一つだと解説されていました。痛みが起きると痛みの情報は電気信号となって神経を伝い、脳へ伝達されます。すると脳では神経細胞が興奮し、痛みの回路が生まれます。

通常であれば原因が治れば痛みは引くのですが、DLPFCが衰えて働きにくくなっているといつまでも痛みが続くことがあります。

では、何がこのDLPFCの働きを衰えさせてしまうのでしょうか。

DLPFC(背外側前頭前野)の働きを衰えさせてしまう原因の一つが、痛みに対する過剰な恐怖不安です。

DLPFCは脳の中で痛みの回路、ネットワークを鎮める役割がありますが、このDLPFCは恐怖、悲しみ、不安などの感情をコントロールする役割もあります。

強い不安や恐怖心が生まれると、DLPFCに強いストレスがかかり、この状態が長く続くとDLPFCはヘトヘトに疲れてしまって本来の働きができなくなってしまいます。

そうすると痛みを鎮める機能が低下してしまい、痛みの回路の興奮が続きやすくなってしまうのです。ではどのように痛みへの恐怖や不安へ対処すれば良いのでしょうか。

まず、痛みに対する過剰な恐怖や不安の一つに痛みを知らない、ということが挙げられます。

例えば、急性腰痛として有名なぎっくり腰

一昔前まではぎっくり腰になったら冷やして安静と言われていました。

 

しかし、現在ではこれは否定されていて、安静を維持すると痛みの慢性化率や再発率が高まるため、できるだけ日常生活動作を維持するように勧められています。

ヨーロッパの腰痛診療ガイドラインでは「余程の激痛でない限り2日以上の安静は指示するべきではない」
日本の腰痛診療ガイドラインでも「腰痛に対して痛みに応じた活動性の維持は、ベッド上の安静よりも疼痛(痛み)を軽減し機能を回復させるのに有効である」と記載されています。

しかしながら、これらのことは全くと言っていいほど浸透していないのが現状です。

  • 腰痛未経験者の腰をMRI撮影したら、腰椎椎間板ヘルニアが76にみられた
  • ヘルニアや脊柱管狭窄症で「手術」と「手術しない治療法」の両者では、数年後の治癒成績はほぼ同一
  • 神経管を圧迫しても痛みは生じないことは、生理学では一般的になっている
  • 脊椎すべり症、椎間板狭小化、変形性脊椎症などは腰痛患者、腰痛未経験者を分けて画像を比較しても同程度に存在する

これらのことをご存知ではなく、この事実に驚かれる方が殆どです。

初めからこれらのことを知っていれば、例え病名をつけられても過剰な恐怖や不安に陥ることは少ないのではないかと思います。痛みに対する過剰な恐怖や不安に囚われると過度に腰を大事にしようとしてしまいます。

これらの意識や行動は「恐怖回避思考」と言われますが、これは腰痛を回復しにくくするばかりか、再発率を高めてしまうことに繋がります。

ですから痛みに立ち向かうためには、

1.痛みの基になっている認知(恐怖や不安)を変える=痛みを知る

2.無理のない範囲で動かす

といったことが、とても重要になるのですね(*^^*)

今回は腰のお話でしたが、基本的に肩でもヒザでも同じことが言えるのです(^^)
痛みの悪循環

***************************************************************************************************
【おおしま整体院(接骨院)のご案内】

【施術時間】
午前9:00~12:00 午後14:00~18:30(土日は17:30) 水曜定休その他都合でお休み

【場所】
埼玉県蓮田市末広2-1-2
JR宇都宮線(東北本線)蓮田駅西口徒歩1-2分、ダッシュ30秒

【電話】
048-764-1190

初めての方へ 
施術時間アクセス(駐車場8台分あり)
患者さんの喜びの声
施術費用
施術者紹介
よくある質問など

※予約制ではなく来院してお待ち頂いた方から順番で施術をしています。
予約制かどうかの電話は必要ありませんので施術時間内にご来院ください。
また「いつが混んでいるか?」と度々質問をされますがいつが混んでいるかはわかりません。
※保険診療でできることには限りがあり、より良い施術を提供したいという思いから当院では保険診療は行っておりません。

椎間板ヘルニア=痛みではないの続き

前回の続きです(*^^*)

DLPFC(背外側前頭前野)の働きを衰えさせてしまう原因の一つが痛みに対する過剰な恐怖不安です。

DLPFCは脳の中で痛みの回路、ネットワークを鎮める役割がありますが、このDLPFCは恐怖、悲しみ、不安などの感情をコントロールする役割もあります。

強い不安や恐怖心が生まれると、DLPFCに強いストレスがかかり、この状態が長く続くとDLPFCはヘトヘトに疲れてしまって本来の働きができなくなってしまいます。

そうすると痛みを鎮める命令が出にくくなり、痛みの回路の興奮が続きやすくなってしまうのですね。

ではどのように痛みへの恐怖や不安へ対処すれば良いのでしょうか。

まず、痛みに対する過剰な恐怖や不安の一つに痛みを知らない、ということが挙げられます。

例えば、急性腰痛として有名なぎっくり腰
一昔前まではぎっくり腰になったら冷やして安静と言われていましたね。

しかし現在ではこれは否定されていて、安静を維持すると慢性腰痛に移行しやすくなることから、日常生活動作を維持するように勧められています。

ヨーロッパの腰痛診療ガイドラインでは「余程の激痛でない限り2日以上の安静は指示するべきではない。」
日本の腰痛診療ガイドラインでも「腰痛に対して痛みに応じた活動性の維持は、ベット上の安静よりも疼痛(痛み)を軽減し機能を回復させるのに有効である。」と書かれています。

考え方が変わってきているのですね。
しかしながらお話を聞いているとまだまだこれらのことは全くと言っていいほど浸透はしていなく、痛くなったら冷やせばいいと、安静冷却してしまう方が多いのが現状です。

  • 腰痛未経験者の腰をMRI撮影したら腰椎椎間板ヘルニアが76%にみられた
  • ヘルニアや脊柱管狭窄症の手術と保存療法を実施しても数年後治療成績は同じ
  • 生理学では神経管を圧迫しても痛みは生じないと書いてある
  • 脊椎すべり症、椎間板狭小化、変形性脊椎症などは腰痛患者、健常者を分けて画像を比較しても同程度に存在する

・・・ご存知でしたでしょうか?

これらのことをお伝えするとやはりまだまだ知らない方が多く、驚かれる方が多いですね。

始めからこれらのことを知っていればたとえ病名をつけられても過剰な恐怖や不安に陥ることは少ないのではないでしょうか?

痛みに対する過剰な恐怖や不安にとらわれると過度に腰を大事にしようとしていまいます。
これらの意識や行動は恐怖回避思考と言われますが、これは腰痛を回復しにくくするばかりか、再発率を高めてしまう結果につながります。

画像はネットよりお借りしました

画像はネットよりお借りしました

ですから痛みに立ち向かうためには、

  1. 痛みのもとになっている認知(恐怖や不安)を変える=痛みを知る
  2. 無理のない範囲で動かす

といったことがとても重要になるのですね(*^^*)

cropped-cropped-cover_img1.png

 

誤った思い込みを矯正すること

先日NHKスペシャルで「腰痛治療革命・見えてきた痛みのメカニズム」というタイトルで腰痛に関して放送されていましたね。

NHKスペシャル様のサイト

backacheその中でも述べられていましたが、痛みに対する不安恐怖が脳の機能を低下させ、痛みをとれづらくさせてしまう。

誤った思い込みが恐怖や不安を招いているのです。

多くの場合、腰痛は改善しますから心配のないものです。

骨の変形は心配ありません。

神経に対する圧迫麻痺がなければ心配ありません。

Radiography of Human Bones痛みは様々なものが組み合わさって起こりますが、
不安、恐怖、怒り悲しみ焦りは痛みを永続化させるきっかけになってしまう可能性があります。

・誤った思い込み

・痛みに対する恐怖や不安

はなるべく早く解消しましょう。

事実を知れば考えが変わります。
考えが変われば行動が変わります。
行動が変われば痛みが変わります。

事実を知り、痛みを乗り越え楽しく生活しましょう。

dramatized x ray of a hand thumbs upcropped-cover_img.png

 

施術の感想をいただけました(肩と膝の痛み)

施術の感想をいただけましたので掲載します。

Q7
痛さがない

Q8
やさしい対応です

Q9
通院2回での痛みが取れて
先生の神の手は凄いの一言です
本当に感謝しています。

kansou※画像をクリックすると大きく表示されます。

素晴らしい感想をありがとうございました。

さいたま市よりお越しのAさんは、だいぶ前から両肩と両膝に痛みがありました。

整形外科さんでは五十肩神経障害性疼痛と言われたそうです。

Acute pain in kneeうちにいらっしゃった時、肩は肩甲骨の動きがかなり障害されていて、体中のあちこちに筋肉圧痛がありました。

膝は軽い屈曲制限と筋肉の圧痛があるくらいでした。

初回の施術でかなり良くなったみたいでして、先程3回目の施術をおこなったのですがほとんど大丈夫な状態だそうです。

もう大丈夫だと思いますが、心配ならあと1,2回施術、というところでしょうか。

Aさん回復して良かったですね。

3d rendered illustration of an active receptor一般的に言われている急性痛慢性痛は痛みが出ている期間をもとに言いますが、慢性痛でもすぐに痛みがとれる方はたくさんいますし、急性痛でもなかなかとれない方もいます。

痛みには様々なものが複雑に関係してきますので、その痛みがどの位でとれるかはなかなか判断できないのです。

痛みは個人の経験ですから。

五十肩や神経障害性疼痛と言われていたけれども実は筋肉の痛みだったなんてことはよくあることです。

痛みに対する恐怖不安は痛みを頑固にして難治にしてしまう傾向があります。

Depressed 3d man sitting in corner of room病名を付けられてしまうとそればかりを考えて一日を痛みばかり考えて過ごしてしまうようになる方がかなりいますね。

読んでいてギクッとした方はいるのではないでしょうか。

痛みのことばかり考えて生活していると痛みがとれづらくなってしまいますよ。

痛みには原因があり、大抵の場合は解決可能なのです。

何ヶ月、何年と痛みが続いている場合、現在の対処が適切で無い可能性があります。
その場合、痛みに対する考え方、捉え方を少し変えてみてはいかがでしょうか。

運動しているシニアの3人組cropped-cover_img.png

 

副腎疲労症候群と痛み

副腎疲労症候群(アドレナルファティーグ)というのはご存知でしょうか。

■副腎疲労症候群とは

副腎は左右の腎臓の上にある臓器で、様々なホルモンを分泌しています。副腎疲労症候群とは、文字通り副腎が疲労してしまう病気のことです。疲労してホルモンの分泌に異常をきたすと体に倦怠感うつ状態筋肉痛などの様々な症状が現れますが、日本ではまだそんなに認知されていないみたいですね。

 

ここで「医者も知らない アドレナル・ファティーグ」より引用してみましょう。

アドレナルファティーグを患う人は、低血糖症を伴うことが多い。そして機能性低血糖症を持つ人は、たいてい副腎機能が低下していることが多い。副腎機能低下があれば、アレルギー関節炎の痛み、免疫反応の低下を招きやすく、女性は月経前症候群更年期障害に悩むことが多い。副腎は精神状態にも影響を与える。結果として、アドレナルファティーグのある人は、恐怖不安、うつ状態が強まる傾向がある。そして、混乱したり、集中できなくなったり、記憶力が冴えなくなったりする。正常な時よりも忍耐力がなくなり、イライラしやすくなる。副腎が適量のホルモンを分泌していないときには、不眠症も引き起こす。

アドレナルファティーグが悪化するにつれ、頻発する呼吸器感染、アレルギー、鼻炎、喘息、風邪などの表面上関連のないようにみえる疾患や、線維筋痛症、慢性疲労症候群、低血糖症、成人発症の糖尿病、自己免疫疾患、アルコール依存症など数多くの健康問題を招く。アドレナルファティーグを患っている人々は、家族や友人から、怠け者で、やる気がないように見えたり、野心を失ったかのように見えるかもしれないが、実際は正反対である。日常的な作業をこなすために、健康な人よりも努力して、体に鞭打って頑張ることを余儀なくされているのである。

■副腎疲労症候群のチェックリスト

WS000089

上記項目に複数当てはまる場合、副腎疲労症候群の可能性があります。

■副腎疲労症候群の原因

副腎疲労症候群の原因はストレスだといわれています。慢性的なストレスが、副腎から発する抗ストレスホルモンであるコルチゾールの分泌低下を招きます。

・糖質過剰(砂糖・お米、小麦など)
・化学物質
・慢性的なストレス
・過度の労働
・過度の喫煙、飲酒
・その他

などが体のストレスになるわけです。副腎が疲労してしまい、正常に機能しなくなると慢性的な疲労や倦怠感、うつ状態、筋痛症などの色々な症状に悩まされるようになるわけですね。

■コルチゾールの働き

・血圧を上げる
・血糖値を上げる
・抗炎症、抗アレルギー作用
・精神的、肉体的ストレスに対向する

■どうしたらよいのか

・糖質制限
・カフェインの摂取を控える
・良い塩を摂ること
・必要なミネラルの摂取

一番上に糖質制限を持ってきましたが、これは第一に考えたいことです。砂糖や白米、小麦を摂取すると血糖値が急激に上がります。血糖値が急激に上がると、皆さんご存知のインスリンが分泌され、その後急激に血糖値が下がります。そうすると今度は下がりすぎた血糖値を上げるために副腎からコルチゾールが分泌されます。

糖質の摂取 → 血糖値が上昇 → インスリンの分泌 → 血糖値が下がる
→ 下がりすぎた血糖値を上げるためにコルチゾール分泌 → 副腎への負担が増え、疲労して分泌量低下 → 副腎疲労 → 糖質の摂取 → より悪化

となってしまいます。疲れた時に甘い物を摂取すると回復したり幸せな気持ちに感じますが、一瞬セロトニンというホルモンが分泌されているためで、すぐに消費されて結局は血糖値の上昇を招きますので、全く解決になりません。

糖質の摂取=副腎に負担

糖質制限=副腎の負担軽減

ということですね。どこへ行っても改善しない場合は副腎疲労症候群や低血糖症が関係している場合がありますから、参考にしてみてください。

 

参考文献

・医者も知らない アドレナル・ファティーグ
・しつこい疲れは副腎疲労が原因だった
・副腎疲労症候群

3d rendered illustration of human red blood cells

不安恐怖が強いと治りにくい

さいたま市よりお越しのAさん、3年前、足を挙げた時より腰痛と右膝に痛みがありました。病院で検査をした所、腰はすべり症、膝は変形性膝関節症と言われています。最近になり右足にしびれが発生するようになっていました。体が疲れると症状が強くなります。

腰は痛みのためか横に傾いていました。可動域は伸展のみ制限されていましたが、神経脱落症状はありませんでした。膝は少し伸展制限があるのと、ももの筋肉が硬くなっていました。

Aさんはとても反応が良く、2回目の施術前にお話を聞いた所、最初に比べて約8割の症状が消失したそうです。その後肩こりもあるとのことで現在肩こりの治療も同時にしていますが、反応は良好です。

すぐに痛みが引いていく方とそうでない方がいます。この差は一体何から生じるのでしょうか。

急性痛や急性痛が長引いたものであれば特に苦労なく治ることが多いですが、痛みそのものが病気の状態、慢性痛症になってしまった場合、色々とやらなければいけないことが出てきます。生理学者の熊澤先生は痛みの知識習得が大事だと述べていますし、私もそう思います。(ここでの慢性痛症とは期間が長引いただけのいわゆる慢性痛とは意味合いが少し違います)

間違った認識のまま恐怖不安でいると治りにくいですよね。

このブログでも何度か書いていますが、痛みの知識を習得して患者さんの不安が軽減すれば治療の半分は成功なのです。痛みに対する余計な不安や恐怖が痛みを強くしているのですから。

もっと単純に考えよう

痛みやしびれはほとんどが筋肉由来のものです。

現代医学は幸か不幸か、画像診断機器が発達してしまったおかげで痛みの原因を骨の変形神経への圧迫に求めるようになってしまいました。

確かに、体の内部を画像化することで救われる方もいます。しかし痛みに関してはなかなかうまくいっていないのです。

それはすでに様々な研究により明らかにされていますが、知らない方はまだまだ多いようです。

昨年末日本でも腰痛診療ガイドラインが発表されましたね。「腰痛の発症と慢性化には心理社会的因子(ストレス)が関与していて、危険信号(レッドフラッグ)がない限り画像検査は不要」とされたものです。http://www.nankodo.co.jp/wasyo/search/syo_syosai.asp?T_PRODUCTNO=2269421

「痛みの発症と慢性化に心理社会的因子が関与する。」

これは腰痛に限ったことではありません。肩や膝などでも同じことです。

心が痛いと体も痛い」

まさにその通り、心身一如なんですね。

ストレスで胃潰瘍十二指腸潰瘍になることは皆さんご存知だと思います。

しかし全てではないですが、心理社会的要因が原因で手や足などの運動器に痛みが出ることは以外に知られていません。様々な要因によりココロに問題が生じ、体の生理的な機能が障害を起こす。逆もまた然り。体の痛み→不安恐怖でストレス→痛み増強が多いのですが。

それが胃に出れば胃炎や胃潰瘍などと言われるし、手や足などの運動器に出れば五十肩や腰痛、坐骨神経痛などと言われます。

体にでる症状は生理的な機能の障害なのです。

昔は画像診断機器も無かったし、軟骨や神経などという概念もありませんでした。しかしかえってその方が重く考えることもないし、苦労なく治っていたのではないでしょうか。痛みが出たら近所のマッサージ指圧鍼灸などで治癒したことでしょう。運動器に発生する痛みやしびれはその多くが筋肉や関節包靭帯などの軟部組織由来だからです。

ですから、筋肉が柔らかくなれば多くの痛みは消えます。

もっと単純に考えましょう。複雑に考えることにより治癒が難しくなるケースが多々見られます。人は不安や恐怖が増すと痛みを制御する機能が低下して痛みの強度が増すからです。

骨の変形や神経への圧迫で痛みは発生しにくいのです。強い力で締め付ける(絞扼する)と麻痺になります。これはそうそう見るものでもないです。知覚鈍麻知覚脱失神経原性筋萎縮など、見ればすぐに分かるものです。

痛みに対する不安や恐怖が痛みを雪だるま式に増やします。だからそうならないためにも、なかなか治らない方は痛みに対する知識のアップデートや運動が必要になります。

 

 

 

笑いと治癒力

痛みの九十%ぐらいは自己限定生であるということ、痛みは常に健康不良のしるしとは限らないということ、また痛みはたいていの場合、緊張ストレス煩悶、怠情、倦怠欲求不満内攻した怒り睡眠不足暴飲暴食、不均衡な食事、喫煙運動不足換気不足、その他現代社会で人体が遭遇する一切の悪条件の結果であることなどについての知識ははるかに乏しい。痛みを除く最善の道は、その原因となっている悪条件を除くことだが、痛みについてのあらゆる事実の中でこれほどおざなりにされている事実はない。

 

ノーマン・カズンズ著「笑いと治癒力」より

痛みは自己限定生で、特に治療しなくてもある一定の経過を経て終息する事が多いということですね。

痛みはストレスととても関係があります。(不安恐怖など)このブログを見てうちにいらっしゃった方にはそれを説明しやすいですが、それ以外の方は説明しづらいですね。

大抵の方はストレス=心理社会的要因を複数お持ちです。

これが原因で各種症状で悩まされるのが一番多いんです。大抵の方はこの話をしなくても治療すれば軽快しますから、それをきっかけに治癒していくものです。痛みは外からの刺激に良く反応しますからね。

どこへ行っても改善しない、なにをしてもダメという方は生物学的損傷が痛みを引き起こすことは稀であること、心理社会的要因が原因で起こされるものが多いということを理解する必要があります。

本日も3度の治療で反応が悪かった方に不安やストレスに感じていることはないかと聞いたところ、色々とありました。その事を話した途端に少し楽になったそうです。

そうです、痛みは内に秘めた怒りや不安が生理的機能を傷害して発生するものが多いのです。緊張して下痢したり具合が悪くなったことあるでしょう?

治療が成功するか失敗するかはここを理解できるかできないかにかかっていると言っても問題ないぐらい、これは重要な事なのです。

この事実にいい加減に気づく時がきています。

 

笑いと治癒力 (岩波現代文庫―社会)