施術の感想をいただけました^^

ホームページから施術の感想をいただけました(^^)

ご記入日:2017/6/22
お名前:星野力様
性別:男性
年齢:88
公開:実名可
———————-
Q1:とても良い お世辞も少ない院長のまじめな態度が、私にとってはとても安心感がありました。
Q2:とても良い 
Q3:とても良い 1~2回の治療で殆ど改善されましたが、「18人の神の手を持つ・・ 本に書いてある通りで、とても信頼できる結果でした。
Q4:始めて施療してもらったのはH27.11月で、腰痛(ギック腰?)で救急車を呼ぶほどの痛さが、簡単に治りました。以来1年半後に心配なので6/13に治療していただいた結果、自分の身体状況や生活習慣が理解 できるようになり、日々改善の方向へ向かっております。よって次回6/27治療予定は取止め、毎日20分ほどのウオーキングを取り入れ 様子を見たいと思っています。本当に有難うございました。

そうですね、経過見て問題ないようでしたら次回の施術はしなくて大丈夫と思います。

感想をありがとうございました(^^)
喜んでいただけたようで良かったです。
患者さんの笑顔や喜びの感想をいただける。
この仕事をしていて良かったと思えますし、さらに頑張ろうと思います。

痛みに対する考え方は徐々にですが変わってきているようですね。
テレビでもそうですし、医療機関で受ける説明も変わってきました。

「治してもらおう」から「自分でも積極的に治そう」に考え方が変わると改善しやすくなるかもしれません。

人間の思い込みは強く身体に現れます。
今までそう思っていたことが実は違っていたり。

時代遅れの考え方は捨て、新しい考え方を知る。
それだけで楽になることもあるでしょう。

ということで「痛みを知る」という作業はとても大切ですから、最近うちでは伊藤かよこ先生の「人生を変える幸せの腰痛学校」をオススメしています。自分も主人公の一人になったつもりで読んでみると良いかもしれませんね^^

***************************************************************************************************
【おおしま整体院(接骨院)のご案内】

【施術時間】
午前9:00~12:00 午後14:00~18:30(土日は17:30) 水曜定休その他都合でお休み

【場所】
埼玉県蓮田市末広2-1-2
JR宇都宮線(東北本線)蓮田駅西口徒歩1-2分、ダッシュ30秒

【電話】
048-764-1190

初めての方へ 
施術時間アクセス(駐車場8台分あり)
患者さんの喜びの声
施術費用
施術者紹介
よくある質問など

※予約制ではなく来院してお待ち頂いた方から順番で施術をしています。
予約制かどうかの電話は必要ありませんので施術時間内にご来院ください。
また「いつが混んでいるか?」と度々質問をされますがいつが混んでいるかはわかりません。
※保険診療でできることには限りがあり、より良い施術を提供したいという思いから当院では保険診療は行っておりません。

頚椎ヘルニアで悩んでいる方にー症例

さいたま市よりお越しのAさん、一年前から左手のしびれと首の痛みがありました。
複数の整形外科でMRIを撮影したところ、頚椎椎間板ヘルニアと診断されたそうです。
仕事がとても忙しく、平均睡眠時間も4,5時間程、体温も少し低く35,8℃ほどだそうです。

症状に関係しそうな病歴はありません。
ただ、首の痛み、右手のしびれの他に口が乾いたり汗を大量にかいたり、体の冷えふらつき、トイレが近いなどの症状があります。

初見時首の胸鎖乳突筋という筋肉が非常に固くなっていて、体のアチコチに押すと痛い場所がありました。無欲顔貌で顔色も少し悪いです。

神経脱落症状は無かったのでもしかしたら筋膜性疼痛症候群(MPS)かもしれないと考え施術を開始しました。

甘いモノが大好きで一日にかなりお菓子を食べているようでしたので、砂糖炭水化物を減らし、たんぱく質脂質をしっかり摂るようにすすめました。

Sick dog with bandages lying on bed

初回の施術でかなり改善したそうですが、朝起きる時にしびれる事があり、頚椎椎間板ヘルニアからしびれがきているのではないかと常に気にしてしまうそうです。

3回目の施術でほぼ当初の症状は消失したため施術は一度終了しましたが、たまに症状が出るようなのでその都度通院されています。

病名をつけられると患者さんはその病名ばかりを気にしてそればかり考えるようになっていきます。
しかし病名ばかりを一日中考えていたり、病名ばかりをネットなどで調べて追いかけるようになると、これが不安を煽り痛みを強化したり難治性にしやすくなってしまいますから、なかなか改善しない場合は難しいかもしれませんが一歩引いてみて本当にその病気なのだろうか、を考えてみるといいと思います。

世の中にはヘルニアや関節の変形があろうと痛みやしびれとは無縁の方がたくさんいます。(麻痺除く)

なぜこのような差がうまれるのでしょうか。

日本の痛み医療は諸外国に比べ20年以上遅れていると言われています。
骨の変形や神経への圧迫は健常者にもかなりの確率で存在することや、生理学では神経を圧迫しても引っ張っても痛みにはならないということが分かってからは変形や神経への圧迫を痛みの原因とする「損傷モデル」からより全人的にみる「生物心理社会的疼痛モデル」へと変化しつつあります。

3d rendered conceptual illustration of head pain

思い込み」の力はとても強く、ガンではないにもかかわらずガン宣告したら衰弱して死んでしまった、熱く熱したアイロンをおでこにつけると思わせて冷たいペン先をくっつけたら水ぶくれを伴う火傷をした、などは有名な話ですね。

オーストラリアで行われた「腰痛に負けるな」のキャンペーンも。

思い込みを修正するだけで快方に向かう方はたくさんいますし、痛みの特効薬は情報と言われるように、時代遅れの古い考え方に縛られることなく、事実に基づいた新しい考え方を知る事によって改善しやすくなっていくと思います。

話がそれてしましましたが、糖質を過剰摂取していると体温が低下し様々な自律神経症状がでやすくなりますし、うつ状態になりやすくなり体の痛みとも関係してきます。

疲れやすい眠れないめまい、ふらつき、口が乾く、汗をかきやすい、のぼせる脱力便秘下痢頻尿微熱、冷え、体の痛みやしびれなどの症状がある場合糖質の過剰摂取が関係しているかもしれません。
もちろん痛みも続けば交感神経優位が続くわけですから自律神経症状はでてきやすくなります。

自律神経失調と言われて安易に薬を飲むことなく、糖質の過剰摂取や痛み、その他生活習慣や考え方を一度見つめなおすと良いかもしれませんね。

cropped-cropped-cover_img1.png

 

情報の受け取り方を考えてみる

痛みに対する誤った思い込みの修正が重要だということは以前からお伝えしているところですが、今一度情報の受け取り方について考えてみましょう。

例えばあなたが病院へ行って「椎間板ヘルニア」や「脊柱管狭窄症」などと診断され病名を告げられたとしましょう。

Radiography of Human Bones医師から言われた言葉を鵜呑みにして「私は椎間板ヘルニアなんだ」、「私は脊柱管狭窄症なんだ」と思い込んでしまうのは少し考えたほうがいいでしょう。

こういった発信をすると

「なんで?医者が言っているから間違いない。」などと仰る方がいます。

骨の変形や神経への圧迫を痛みの原因とする診断モデルを「損傷モデル」」といいます

これは時代遅れの古い考え方で、様々な比較対照試験や生理学の発達から骨の変形や神経への圧迫が痛みやしびれの原因とは考えにくいことから、徐々にではありますが、損傷モデルから生物心理社会モデルへと変化してきています。

現在日本の現場で痛みの原因ですと説明されている変形や神経の圧迫は実はあまり痛みやしびれとは関係がないことが多いのです。

medical infographic elements皆さんおなじみのNHKの番組、ためしてガッテンでも椎間板ヘルニアは無罪であると放送されたのは記憶に新しいところです。つい先日もNHKスペシャルで「腰痛治療革命-見えてきた痛みのメカニズム」と題して慢性痛の問題が放送されていましたね。

スクリーンショット 2015-08-07 16.07.43人の思い込みは強く強く体に作用します。

本来痛みとは関係がないものを痛みと関係があると思い込みすぎてしまうと痛みがとれにくくなってしまうばかりか、他の様々な場所にも痛みがでやすくなってしまいます。

参考:人は「思い込み」だけでも死んでしまう!
http://toyokeizai.net/articles/-/77748?page=2

ガンではなかったにもかかわらず、ガンと宣告されたら衰弱して死んでしまったなんて笑えないですよね。

3d  people holding his head with his hands思い込みはそれほど強く作用してしまうのです。

医者から言われたからではなく、色々な情報を集めて痛みを考えてみませんか。

たとえレントゲンMRIで異常が見つかろうとガンや内臓からの痛み、リウマチや結晶誘発性関節炎、膀胱直腸障害や進行性の麻痺などがなければ多くの場合心配ないことが多いのです。

・時代遅れの古い考え方に支配されず、新しい考え方を知りましょう。
日本の痛み医療は諸外国から比べると20年は遅れていると言われています。

・不安、恐怖、怒りなどのネガティブな感情からはなるべく遠ざかりましょう。

・積極的に体を動かし、楽しい、嬉しい、気持ちが良いことをたくさんしましょう。

砂糖タバコアルコールなどの依存物質の摂り過ぎは気をつけましょう。

・早寝早起きして健康的に生活しましょう。

原因があってこそ結果として症状が出ています。言わば体からの警告信号です。
体からの声を聞いて、誤った生活習慣、考え方を知りましょう。

家族cropped-cover_img.png

主犯・椎間板が無罪!?

椎間板ヘルニア腰痛とは関係ないことは以前から分かっていることですが、なかなかこの事実が世の中に広まらないのはなぜなのでしょうか。

Radiography of Human Bones思い込みは人間の体に強く作用します。

あるお医者さんに聞いた話ですが、腰が痛くてMRIを撮影した所ヘルニアが見つかったそうで、その事実を告げると、段々と足がしびれてきたそうです。

「椎間板ヘルニアが突出して神経を圧迫しているから痛みが出るんだ。」と強く思い込むと椎間板ヘルニアという病気のイメージ通りに症状がなっていきやすいんですね。

ですからまずやるべきは「椎間板ヘルニアが痛みを引き起こすという思い込み」を排除することです。

それだけで改善して快方に向かう方もいるんですよ。

Depressed 3d man sitting in corner of room皆さんご存知NHKの健康番組「ためしてガッテン」でも椎間板ヘルニアは無罪と放送をしています。

NHKためしてガッテン様のサイト

これは2011年11月16日放送ですから、もう4年も経っているんですね。
4年も経っているのになかなか広まっていないようです。

早くこの事実が広まって、椎間板ヘルニアで悩む方が一人でも減るといいですね。

cropped-cover_img.png

施術の感想をいただけました(腰痛・坐骨神経痛・足底腱膜炎)

口コミサイトエキテン!様に施術の感想をいただけましたので掲載させて頂きます。

口コミサイトエキテン!様サイト http://www.ekiten.jp/shop_567482/review/

治りました~ヽ(*´▽)ノ♪
腰痛坐骨神経痛と足底筋膜炎で、立っていることすら苦痛でした。他の整骨院や整体へ行っても良くなりませんでした。こちらの施術を受けるようになってか ら少しづつ回復していき、全治1ヶ月でした。途中不安になったり、好転反応があったりで2週間に1回のペースなのに多目に行ってしまいましたが、快く施術 して頂きました。その間はアドバイス通り電子書籍で読書療法したり、暖めたりして過ごしていました。
お陰様で今は外回りの仕事も問題なくこなせています。
また予防にでもお邪魔させてください。ありがとうございました。
素晴らしい感想をありがとうございました。
痛みがとれて良かったですね(^^)
Aさんには先日発売した電子書籍を購入いただきましたが、
痛みを知るってとても大切な事です。
ご存知の通り、人間の体には「思い込み」が強く作用します。
ですから「坐骨神経が痛いんだ」、「足底腱膜炎症を起こしているんだ」
などという誤った思い込みはマイナスに作用しますから、早い段階で修正したほうがいいのです。
誤った思い込みをして、自らなかなか治らないようにしていませんか。
3d rendered toon character - funny penguin全国のメディアで紹介されている日本防痛安心協会による防痛安心週間、先日は私が埼玉新聞社様に取材されましたが、こんどは下野新聞様に日本防痛安心協会が取材され、新聞に掲載されました。
これからは痛みが出てから悩むよりも、いかに痛みを出さないようにするのか、ですね。
春の防痛安心週間は先日終了しましたが、夏の防痛安心週間が7月18日より31日まで開催されます。
夏の防痛安心週間でチェックするのは頭痛・腰痛・生理痛です。
施設により対応する項目が違いますので、電話などで確認してからチェックを受けるようにしてください。
防痛安心協会ロゴ大嶋大輔初の電子書籍好評発売中です。購入はこちら http://jellyfish1978.cart.fc2.com/スクリーンショット 2015-03-12 22.14.52cropped-cover_img.png

思い込みが強いと治りづらいかも?

人の思い込みは強すぎると体に影響します。

例えば腰椎椎間板ヘルニアで神経を圧迫されているから痛いと思い込んでいて種々の治療を受けるのと、実は腰椎椎間板ヘルニアは健常者にもたくさんあり、生理学では神経を圧迫して痛みが発生するとは証明されていないこと、実は筋肉や靭帯皮膚の痛みセンサー(ポリモーダル受容器)が興奮して痛みがでているのがとても多いことなどを理解して治療を受けるのでは治療に対する反応や経過が全く違います。多くの方を見ていてそう思います。

もちろんこれにはプラシーボ効果なども加わるからですが。

人間の思い込みの力は強い、例えばこんな話があります。

思い込むとやけどする

ニューヨークのコロンビア大学医学部のハーバート・スピーゲルが実験したことだ。イマジネーションの実験で、米軍のある伍長を被験者にした。氏はこの被験者に催眠術をかけて催眠状態にしたうえで、被験者の額にアイロンで触れると宣言した。しかし実際にはアイロンのかわりに鉛筆の先で被験者の額に触れただけだった。しかしその額に触れた瞬間、被験者は「熱い!」と叫んだ。そしてみるみるうちに額にはヒブクレができ、かさぶたができた。この実験はその後4回繰り返されたが、いずれも全く同じ結果が得られた。

「心の潜在力プラシーボ効果」より

思い込みでやけどをする。不思議な現象ですね。

「治る」と信じることでプラシーボ効果が発生するように、「治らない」と思い込むことでノーシーボ効果が発生する。

変な思い込みをしていませんか?

体の痛みやしびれは多くが筋肉や靭帯皮膚由来のものです。もちろん全ての方がそれで解決するわけではありませんが、多くの方は治療して痛みが軽減するとそれをきっかけに治っていくものです。

自分から積極的に治療に参加するのがとても大事だと思います。もし思い込みが強いようなら痛みに対する知識を習得してみましょう。それだけで治っていく方がいますよ。

痛みは個人の経験ですから。

***************************************************************************************************痛みの定義(IASP)

An unpleasant sensory and emotional experience associated with actual or potential tissue damage, or described in terms of such damage.

不快な感覚性・情動性の体験であり、それには組織損傷を伴うものと、そのような損傷があるように表現されるものがある。

***************************************************************************************************