もう夏ですね

梅雨時だというのにおかしな天気が続いていますね、日本気候はどうなってしまったのでしょうか。

当院の治療筋肉皮膚などに存在しているセンサーに触刺激を与えて軟部組織(筋肉や皮膚)などを柔らかくする施術方法です。諸説ありますが、何故軽微な触刺激で興奮している痛みセンサー(ポリモーダル受容器)が沈静化するかは分かっていません。

痛みは電気現象です。痛みを含め、触覚、温冷覚等の感覚は電気信号のやりとりによって成立しています。痛みがあるということはどこかで痛みのセンサーが興奮しているということです。変形神経に対する圧迫がエネルギーを生む訳ではありません。
理論的に考えれば、それが痛みの原因ではないことはお分かり頂けると思います。その多くは軟部組織である筋肉や皮膚、靭帯であることが分かっています。

つまり、発生している多くの痛みやしびれは、軟部組織(筋肉や皮膚)由来のものなのです。

例えば、変形性膝関節症。変形があっても痛みがない方とある方がいますが、その差は一体何でしょうか?
これは椎間板ヘルニア脊柱管狭窄症でも同じことが言えます。もし神経を圧迫して痛みが発生するならば、足の裏の神経や、座り仕事の方の坐骨神経は大変なことになるはずです。

しかしそうならないという事を考えると、どんな答えが出てくるでしょう??
つまり、神経を圧迫して起こるのは「麻痺」であり「痛み」ではないですし、変形=痛みではないわけです。

どのような問題にも言えることですが、人から言われたことを「鵜呑み」にするのではなく、常に「自分で調べ、考えて」行動したいですね。

 

夏の時期に注意したいこと

脱水」と「痛み」には深い関係にあります。実際に、暑い時期になると患者さんが増えます。これは体内の水分消失筋肉痛が関係しているためだと考えられています。
大量にをかくことで、足がつるなどの経験をした方は多いのではないでしょうか。

現代は糖質過多ミネラルが足りていない方が多いです。ですから、水分とミネラルの補給は重要になってきます。
暑い日が増え、汗をかくようになれば、水に天日海塩などの塩をひとつまみ溶かして飲むといいでしょう。但し、食卓塩などは生成する際にミネラルが失われていますので、お勧めしません。もちろん食事から摂取するのも忘れずにしましょう。

もう一つ、夏の時期に注意したいことといえば蚊取り線香などの殺虫剤でしょうか。最近では色々なタイプの製品が出ていますね。玄関先などにかけているお家 もかなり見るようになりました。蚊取り線香などに使用されている薬品神経毒です。有機リン系ネオニコチノイドを使った防虫剤、殺虫剤は神経伝達を狂わ せ、体に様々な症状を発生させる可能性がありますから、使用はなるべく控えたいところです。

WS000129

【画像クリックで拡大】

ネオニコチノイドの毒性の説明はサイト「ミツバチからの警告」様より

続く。

bee on echinops

天気と痛みの関係

こんな時期ですから天気に影響されて調子を崩している方がよくいらっしゃいます。

昔から天気と痛みの関係は言われていますね、古傷が痛むから明日は天気が悪いとか。一般的な天気による痛みは関節包靭帯に存在する種々の受容器が関係しています。

臨床医のための痛みのメカニズムより

大気圧と関節内圧の間の圧力勾配が変わって、関節包の張力が高まると、関節痛が発生する。すでに痛みがあると、痛みが増強する。

関節包の張力が高まって生じる痛みは、化学物質が関与しない痛みである。関節内の滲出液増加や出血、大気圧の著しい下降によって関節包の張力が高まると、関節包に分布する侵害受容繊維の自由終末がもつ特殊な蛋白質が変形してNa+イオンを通すようになる。その結果、間質液からNa+イオンが流入し、脱分極電位(起動電位)が発生する。この電位が引き金になって侵害受容繊維から活動電位が発生し、中枢神経系に向かって伝導する。関節炎が発症すると、関節に分布する侵害受容器の機械刺激に対する感受性が高まる。慢性関節痛患者は、気圧が下がると健常者よりも早く痛みを感じる。

◯ポイント 気圧が急激に変化すると関節痛が発生します。

これから梅雨ですから嫌な時期になりそうですが、がんばって早めに治しましょう。

act therapy explanation

天気と痛みの関係

患者さんから「明日は天気悪いね、関節が痛いから。」と聞くことがあります。

天気が悪いと古傷が痛むとは昔からいわれていますが、何故でしょうか?

それは恐らく、関節に多数存在しているセンサー(感知器)が関係していると私は考えています。

関節の靭帯や関節を包む袋状の組織(関節包)には数種類のセンサー(感知器)が散在しています。このセンサー(感知器)が何らかの原因で機能障害を起こすと、関節内の滑液(関節の滑りを良くするための液体)が過剰に排出され、関節水腫になります。

これがいわゆる「関節に水がたまった」状態です。

何故センサーが関係していると考えるのかというと、一部を除く関節反射の障害を起こした患者さんのほぼ全例でこの関節に水がたまった症状を確認できます。全例ではありませんが、かなりの確率で矯正後すぐにこの関節水腫が消退して小さくなる、あるいは消失するという現象が起こる為、関節周囲にあるセンサー(感知器)は関節内の滑液量を管理していると考える事ができます。

そのセンサー(感知器)が何故天気の影響を受けて痛みなどの症状を発生させるのか?

それは恐らく機能障害を起こして本来の機能が低下しているセンサーが気温と気圧の急激な変化についていけず関節内部の状態を常に一定に保てなくなってしまい、その結果痛みなどの症状を発生させているのではないでしょうか。

ですから台風低気圧の接近に伴い関節反射が低下している方は色々な症状が発生するのです。(と、私は考えています。)

 

体の痛みやしびれ、我慢しないで私達に相談してください。詳しくはおおしま接骨院オフィシャルサイトを御覧ください。http://s621.com