危険信号の無い腰痛に早期の画像検査は足を引っ張る可能性が

■腰痛患者782名を対象としたMRIかCTを早期に使用した場合の臨床転帰と費用対効果に関するRCT(ランダム化比較試験)では、早期画像検査による臨床転帰の改善は認められず費用対効果が低いことが判明。X線撮影だけでなくMRIやCTも役立たない。http://1.usa.gov/s0OkVE

レントゲンもCTもMRIも腰痛の改善には役立たないことが科学的に証明されています。時間とお金の無駄遣いはやめましょう。これはすでに世界の常識なのになぜ日本人だけが知らされていないのか不思議でなりません。

 

■腰痛患者380名をX線撮影群とMRI群に割り付けたRCT(ランダム化較試験)によると、両群間の活動障害・改善率・再発頻度などに差は認められなかった。医師も患者もMRIを好むが手術件数が増えて医療費が高騰する。http://1.usa.gov/sxB3et
レッドフラッグ危険信号)のない腰痛患者に画像診断を行なうと不必要な手術件数が増えて医療費の高騰を招きます。思い込みや先入観は捨てて、そろそろ事実に目を向けるべき時ではないでしょうか。

TMS JAPAN様より

危険信号(レッドフラッグ)のない腰痛にはレントゲンやMRIなどの画像検査は効果が低く、改善には役に立たないことが証明されています。

  • 画像上腰の骨が変形していても痛みの全く無い方はたくさんいます。
  • 画像上椎間板ヘルニアが神経を圧迫していても症状のない方はたくさんいます。
  • 画像上分離すべり症があっても症状のない方はたくさんいます。
  • 画像上脊椎の湾曲が過剰でも減少していても症状のない方はたくさんいます

これらの違いはどこからくるのでしょうか。

役に立たないにもかかわらず、骨の変形や神経の圧迫で説明されれば患者の不安や恐怖を増大させ、治りにくくしてしまうかもしれません。

健康保険のシステムで動いている以上、画像検査は仕方のないことなのかもしれませんが、早くこの状況から脱却して医療費の増大をなるべくおさえたいですね。

当院では

  • 痛みで趣味の運動や登山を諦めてしまったが復帰したい方
  • 仕事が休めないので早く改善したい方
  • 痛みで日常生活がキツイ方

におすすめです!

施術を受けた患者さんの感想です。

anq04痛みは火事に例えられます。
燃え盛って消化しづらくなる前に消火してサヨナラしましょう(^^)

痛みとサヨナラすると

  • 日常生活に自信がつきます!
  • 諦めていた旅行やスポーツが再会できます!
  • 知識が増えることで再発率の低下につながります!情報は痛みの特効薬!

その他の素晴らしい感想はこちら http://s621.com

おおしま接骨院
〒349-0124
埼玉県蓮田市末広2-1-2
電話:048-764-1190
mapcropped-cover_img.png

 

施術の感想をいただけました(首痛・坐骨神経痛・変形性膝関節症の痛み)

Q7
痛くない怖くない。一回目から痛みがやわらぎ不思議。二回目は不思議から確信に変わりました。
安心して任せられる感じでした。院内はリラックスムードです。

Q8
浦和から友人数人を紹介して皆で通っています。
できれば出張治療とか(笑)ジョークです。
たった一度で永年の足のしびれから解放された友人は誰かに教えたくてチラシを大量に持ち歩いているらしいです(笑)

Q9
痛みが取れて治ると通う回数も当然減りますが永年爆弾を抱えた様な体だったので大信頼して一生頼りにしていきます。
これからもよろしくお願いします。

kansou素晴らしい感想をありがとうございました。
顔は少し怖いかもしれませんが、実は優しいんですよ。

手や足、腰や首に発生する痛みやしびれは多くが筋肉の緊張のし過ぎによって起こります。
これを筋膜性疼痛症候群といいますが、最近雑誌などでも「トリガーポイント」などで特集されることもあるようになりましたね。

日本の痛み医療は世界から比べると20年以上遅れをとっているそうです。
今だに関節の変形神経に対する圧迫が痛みやしびれの原因と説明されていますが、多くの場合筋肉が過緊張して起こった筋膜性疼痛症候群(MPSまたはトリガーポイント)です。

なぜ筋肉が過緊張するに至ったかを考えるのが重要になります。

緊張する時間が長すぎる

対人関係のストレス

悩み

運動不足

栄養欠乏

などは筋膜性疼痛症候群の原因になります。

ただ、矯正して筋肉柔らかくするとそれをキッカケとして治る方も多いんですけどね(笑)

Physiotherapie

cropped-cover_img.png

生活習慣病としての痛み

さいたま市よりお越しのAさん、5ヶ月前より左のお尻から足にかけて痛みとしびれがあります。MRI上は腰椎が変形していて、変形性腰椎症坐骨神経痛と言われたそうです。

当院受診時、痛みのために体が曲がっていたのと、腰が少し浮腫んでいる位で神経脱落症状はありませんでした。あちこちに筋肉の圧痛があります。

先日2回目の施術にいらっしゃいましたが、治療前に話しを聞いたところ、良くなってきたそうです。

腰椎が変形していても痛みがある方と無い方がいますが、この差は一体なんでしょうか。

ある研究によると、腰痛患者200名と健常者200名の腰のレントゲン写真を比較した結果、腰痛患者の20%に、健常者の34%に脊椎の変形が認められたそうです。Fullenlove TM & Williams AJ:Radiology, 1957

変形性腰椎症と言われている方でも痛みが楽になる方はたくさんいます。変形が痛みになるとは考えにくいんですよね。

痛みの多くは筋筋膜性疼痛症候群です。

筋肉が酸欠になってしまって痛みのセンサーが興奮してしまった状態です。

なぜ酸欠を起こすのか。

糖質の過剰摂取、仕事のし過ぎ、睡眠不足や人間関係でのストレスなど、交感神経ばかり緊張している時間が多すぎなんですよね。交感神経の緊張が頻繁に、過剰に行われると筋肉などの組織が酸欠になります。緊張すると手や足先が冷たくなる経験をした方は多いはずです。

その結果が痛みやしびれとなっているわけですね。

要するに痛みやしびれは多くの場合が生活習慣によって引き起こされているわけです。

治療に通って痛みをとるのもいいですが、痛みが発生してしまった生活習慣を見なおして、体を労ってあげることも忘れないで下さいね。

House of paper in hand

年だからしょうがないはそろそろやめよう

痛み、年だからしょうがないとはよく聞く言葉ですね。

ですが、全ての人が年をとるから痛むわけではありませんよ。年をとれば皮膚シワができますが、同じように関節老化して変形したりするのです。

骨の変形や軟骨の摩耗が痛みになるのなら、変形や軟骨の摩耗がある方は全ての方が痛みを抱えていなければおかしいことになりますが、実際はそうではありません。

痛みを抱えた方々と健常者をグループ分けしてレントゲン画像を比較したら同程度変形や軟骨の摩耗が見つかった、なんて研究たくさんあります。

決して変形=痛み

ではないわけです。

それに「年のせいだから」と諦めさせてしまえば、ますます痛みがとれづらくなりやすいのです。

痛みの多くは筋肉靭帯に存在する痛みセンサー(ポリモーダル受容器)の興奮によって起こります。

これをいかに沈静化させるか。

外側からのアプローチとしては、様々な徒手療法ストレッチ、体を動かすなどで良いと思いますが、痛みがこじれてなかなか取れない方は内側からのアプローチが必要になることがあります。

痛みを知る、ということです。

痛みは電気現象です。末端にある痛みセンサーが興奮して発電します。発電された電気は神経管を通ってに到達し、そこで情報解析されて初めて「痛み」として感じます。

・変形があっても痛みのない方がたくさんいること。

・痛みの多くは筋筋膜性疼痛症候群であること。

マッサージや種々の徒手療法によって楽になる方がたくさんいること。

などを知ってもらえれば考え方も変わってくるかと思いますが、考え方が変わることによって痛みがひきやすくなると思います。そういったことを知っていれば余計な不安が軽減しますからね。

今まで痛みがとれてこなかった方はそれではダメだったわけですから、行動しなくてはですよね。

まずは行動をすることです。

Sick dog with bandages lying on bed

もう夏ですね

梅雨時だというのにおかしな天気が続いていますね、日本気候はどうなってしまったのでしょうか。

当院の治療筋肉皮膚などに存在しているセンサーに触刺激を与えて軟部組織(筋肉や皮膚)などを柔らかくする施術方法です。諸説ありますが、何故軽微な触刺激で興奮している痛みセンサー(ポリモーダル受容器)が沈静化するかは分かっていません。

痛みは電気現象です。痛みを含め、触覚、温冷覚等の感覚は電気信号のやりとりによって成立しています。痛みがあるということはどこかで痛みのセンサーが興奮しているということです。変形神経に対する圧迫がエネルギーを生む訳ではありません。
理論的に考えれば、それが痛みの原因ではないことはお分かり頂けると思います。その多くは軟部組織である筋肉や皮膚、靭帯であることが分かっています。

つまり、発生している多くの痛みやしびれは、軟部組織(筋肉や皮膚)由来のものなのです。

例えば、変形性膝関節症。変形があっても痛みがない方とある方がいますが、その差は一体何でしょうか?
これは椎間板ヘルニア脊柱管狭窄症でも同じことが言えます。もし神経を圧迫して痛みが発生するならば、足の裏の神経や、座り仕事の方の坐骨神経は大変なことになるはずです。

しかしそうならないという事を考えると、どんな答えが出てくるでしょう??
つまり、神経を圧迫して起こるのは「麻痺」であり「痛み」ではないですし、変形=痛みではないわけです。

どのような問題にも言えることですが、人から言われたことを「鵜呑み」にするのではなく、常に「自分で調べ、考えて」行動したいですね。

 

夏の時期に注意したいこと

脱水」と「痛み」には深い関係にあります。実際に、暑い時期になると患者さんが増えます。これは体内の水分消失筋肉痛が関係しているためだと考えられています。
大量にをかくことで、足がつるなどの経験をした方は多いのではないでしょうか。

現代は糖質過多ミネラルが足りていない方が多いです。ですから、水分とミネラルの補給は重要になってきます。
暑い日が増え、汗をかくようになれば、水に天日海塩などの塩をひとつまみ溶かして飲むといいでしょう。但し、食卓塩などは生成する際にミネラルが失われていますので、お勧めしません。もちろん食事から摂取するのも忘れずにしましょう。

もう一つ、夏の時期に注意したいことといえば蚊取り線香などの殺虫剤でしょうか。最近では色々なタイプの製品が出ていますね。玄関先などにかけているお家 もかなり見るようになりました。蚊取り線香などに使用されている薬品神経毒です。有機リン系ネオニコチノイドを使った防虫剤、殺虫剤は神経伝達を狂わ せ、体に様々な症状を発生させる可能性がありますから、使用はなるべく控えたいところです。

WS000129

【画像クリックで拡大】

ネオニコチノイドの毒性の説明はサイト「ミツバチからの警告」様より

続く。

bee on echinops

ナゼ腰痛は減らないのだろう

厚生労働省国民生活基礎調査によると、腰痛の有病率は年々増加し、約30年前の約1,5倍にまで増えているそうだ。

ナゼ腰痛を抱える方は増えていくのだろう?

世の中には腰痛で苦しんでいる方が大勢いる。原因は様々だが、変形神経への圧迫が痛みの原因であると洗脳され、刷り込まれていることに気がついていない。

ナゼ皆さんは腰痛有病率が年々増加しているのを考慮しないのだろう?ナゼ骨の変形や神経への圧迫で痛みが発生していると言われながらもストレッチマッサージ徒手療法、読書で痛みの知識を得ることなどで改善する方が多いことを考慮しないのだろうか。

ナゼ皆さんは腰痛が生物学的損傷(変形性腰椎症腰椎分離すべり症椎間板症腰椎椎間板ヘルニア腰部脊柱管狭窄症等)などと考えてしまうのだろうか?

ナゼそうなるのか?ナゼ人から言われたままを信じこんでしまうのだろうか?

痛みが起きるには原因があり、根本的な問題は皆さんの生活の中にある。しかし皆さんは根本的な原因究明ではなく、表面上起こった痛みにしか興味がないし、人から「治してもらおう」などと思うからなかなか解決できないのだ。

タンザニアのハザ族の人々は、打撲などの怪我以外で腰が痛くなることが無いらしい。彼らは1日平均15キロを移動しながら狩猟をしているそうだが、彼らにあって私達にないものはなんだろう。

どの問題にしてもそうだが、人が言っていたことを鵜呑みにしていないで、自分で調べ、考え、行動する必要があるのではないか。

Monument Valley

 

 

もっと単純に考えよう

痛みやしびれはほとんどが筋肉由来のものです。

現代医学は幸か不幸か、画像診断機器が発達してしまったおかげで痛みの原因を骨の変形神経への圧迫に求めるようになってしまいました。

確かに、体の内部を画像化することで救われる方もいます。しかし痛みに関してはなかなかうまくいっていないのです。

それはすでに様々な研究により明らかにされていますが、知らない方はまだまだ多いようです。

昨年末日本でも腰痛診療ガイドラインが発表されましたね。「腰痛の発症と慢性化には心理社会的因子(ストレス)が関与していて、危険信号(レッドフラッグ)がない限り画像検査は不要」とされたものです。http://www.nankodo.co.jp/wasyo/search/syo_syosai.asp?T_PRODUCTNO=2269421

「痛みの発症と慢性化に心理社会的因子が関与する。」

これは腰痛に限ったことではありません。肩や膝などでも同じことです。

心が痛いと体も痛い」

まさにその通り、心身一如なんですね。

ストレスで胃潰瘍十二指腸潰瘍になることは皆さんご存知だと思います。

しかし全てではないですが、心理社会的要因が原因で手や足などの運動器に痛みが出ることは以外に知られていません。様々な要因によりココロに問題が生じ、体の生理的な機能が障害を起こす。逆もまた然り。体の痛み→不安恐怖でストレス→痛み増強が多いのですが。

それが胃に出れば胃炎や胃潰瘍などと言われるし、手や足などの運動器に出れば五十肩や腰痛、坐骨神経痛などと言われます。

体にでる症状は生理的な機能の障害なのです。

昔は画像診断機器も無かったし、軟骨や神経などという概念もありませんでした。しかしかえってその方が重く考えることもないし、苦労なく治っていたのではないでしょうか。痛みが出たら近所のマッサージ指圧鍼灸などで治癒したことでしょう。運動器に発生する痛みやしびれはその多くが筋肉や関節包靭帯などの軟部組織由来だからです。

ですから、筋肉が柔らかくなれば多くの痛みは消えます。

もっと単純に考えましょう。複雑に考えることにより治癒が難しくなるケースが多々見られます。人は不安や恐怖が増すと痛みを制御する機能が低下して痛みの強度が増すからです。

骨の変形や神経への圧迫で痛みは発生しにくいのです。強い力で締め付ける(絞扼する)と麻痺になります。これはそうそう見るものでもないです。知覚鈍麻知覚脱失神経原性筋萎縮など、見ればすぐに分かるものです。

痛みに対する不安や恐怖が痛みを雪だるま式に増やします。だからそうならないためにも、なかなか治らない方は痛みに対する知識のアップデートや運動が必要になります。

 

 

 

痛みへの理解は重要ですよ

お陰様で先月も100名近くの方が紹介でいらっしゃいました。紹介して頂いた患者さんにはこの場を持ちまして再度お礼申し上げますm(__)m

紹介いただけるのは大変嬉しいですし、頑張って期待に応えようと思います。(紹介じゃない方の手を抜くって意味じゃないですよw)

 

さて、本日は痛みへの理解について。

痛みへの理解があるかないかで治療の進み具合が明らかに違います。

やはり痛みの原因を生物学的損傷だと思い込んでいると自分で痛みのスパイラルに陥ってしまうのでしょうか。

不安が強い・痛みの事ばかり考える → プライミング効果 → 痛み増強 → 不安増大 → 痛み増強

動作恐怖が強い → 動かないために筋肉が硬くなる → 痛み増強 → 更なる動作恐怖 → 痛み増強

痛みへの不理解(一度変化した構造は治らないという恐怖) → 治療効果が現れにくい → 治らないと諦める → 医療機関を転々とする → 医療不信 → どんどん治りづらくなる

これらに陥らないようにするためにはやはり自分自身で痛みのメカニズムを理解する必要があります。

痛みのメカニズムを理解する → 恐怖から解き放たれる → 自信を持って動く → 自信がつく → 筋肉が柔らかくなり痛みが軽減する → 治癒

自分自身の痛みがなんなのか知るのはとても重要です。先の記事にも書きましたが、私は痛みの治療は痛みのメカニズムが理解できれば半分は成功だと考えています。後は皮膚・筋・関節の反射機能を正常化して痛みセンサーの興奮を抑えれば痛みはどんどんと引いてく事が多いですよ。侵害受容性疼痛(痛みセンサーの興奮による痛み)に限りますが。

でも多くの方は痛みへの理解がなくても治療して痛みが軽減しますから、それをきっかけにして治るんですよねw

慢性痛症や、医療機関を転々としている方、治療の反応が悪い方は暇な時は時間が許す限り痛みのメカニズムを理解することの重要性を説明しています。しかし細かくは話しません。やはり自分で理解することが重要ですし、細かく話していたら何時間もかかりますからね、診療時間内には無理です。

少しでも皆さんの痛みがとれるように頑張ります。皆さんも頑張りましょう(^^)

腰痛と変形性股関節症、捻挫後の痛み

腰痛変形性股関節症捻挫後の痛み

栃木県からいらっしゃったAさん、数年前より腰痛と股関節痛に悩まされています。病院では変形性股関節症で手術が必要との説明。

可動域の制限とそこら中に圧痛がありました。最初は治療に対する反応が悪かったですが、3回目の治療でようやく改善してきました。痛みをあまり深く考え過ぎないことと、押して痛い筋肉のマッサージをお願いしました。このまま治っていけばいいですが。

千葉県からいらっしゃったBさんは足首を捻挫した後にいつまでも痛みが続いています。右足にびまん性の浮腫、皮膚の色調変化、圧痛を認めました。恐らくCRPSです。初回の治療で皮膚の色はだいぶ良くなりました。圧痛と浮腫は変わりませんでしたが、このまま落ち着いていくと思います。

股関節が変形していても痛みがある方とない方がいます。

変形の程度の差でしょうか?

それは恐らく違います。手術を宣告された方でも痛みが無くなる方はたくさんいます。急性痛なのか、それとも痛みの回路が可塑化してしまった慢性痛症なのか、動作恐怖が強いのか、痛みに対する不安が強いのか、痛みに対する理解の程度や、普段の生活も関係してきます。

多くの方は変形や損傷が修復されると痛みがとれると考えがちですが、そうではありません。

確かに修復と共に痛みが無くなる方もいますが、組織の修復が済んでも痛みや腫れが続いている方は案外多いものです。

痛みは痛みで対処をし、修復すべき組織の損傷があるならばそれも並行して治療する。そうすればいつまでも痛みで悩む方が増えないですむと思います。

act therapy explanation

変化の兆し 其の壱

70代女性、1年前より右下肢痛を発症。近所の整形外科にてレントゲン等の検査をするも異常なし。リハビリ整体カイロプラクティックなどの治療院を複数回ったが回復しなかった為、紹介で来院されました。

来院時右足を引きずって来院しました。腰の仙腸関節周囲に浮腫と可動域障害があるのみで、神経症状はありませんでした。この方は非常に反応が良く、治療している最中から変化があり、本人も痛みが引いてくのを自覚していました。

治療後痛みは大分引いたみたいでしたが、びっこを引くのは少し残りました。順調に行けば後1,2回の治療で完治すると思います。(反応の良い方ばかりではありませんが)

レントゲンやMRI狭窄変形などの構造の異常が無くても痛みを抱えている方達はたくさんいます。逆に骨や関節に変形や狭窄があっても何も症状がない方もたくさんいます。

この差は一体どうして生じるのでしょうか?

 

変化の兆し 其の二に続きます。(クリックすると移動します)

 

 

おおしま接骨院について、詳しくはおおしま接骨院オフィシャルサイトを御覧ください。http://s621.com

act therapy explanation

変形性股関節症の痛みはどこから

今日は変形性股関節症について。

50代女性、3ヶ月前より痛み発生。整形外科にてレントゲン撮影し右変形性股関節症と診断される。右足を引きずって来院されました。

来院時右股関節の軽度可動域障害と運動時痛、腰部の可動域低下、仙腸関節部に腫脹を認めた。2回の治療でわずかに改善したが、大きく改善はしなかった。3回目の治療より急激に回復し、6回目の治療でペインスケール1まで改善。以後様子を見ることになった。

変形性股関節症は股関節が変形して痛みが発生する、とされている病気ですが、変形があっても痛みがない方も多く、関節反射の治療で痛みが取れることが多い事から、そんなに変形=痛みと考え込まないほうが良いと思います。

変形性股関節症と診断されたからといって落ち込まないようにしてください。気持ちが落ち込むと疼痛抑制系の働きが低下して痛みも強くなる傾向にあります。

痛みさえとれれば変形していても大丈夫ですよ!

 

 

変形性股関節症の痛みは我慢しないで私達に相談してください。詳しくはおおしま接骨院オフィシャルサイトを御覧ください。http://s621.com

act therapy explanation