膝の痛みで階段の登り降りが、動かし始めが痛い

さいたま市よりお越しのAさん、半年前から両膝の痛みがあります。
近医ではレントゲンを撮影して軟骨が減っているからと説明され投薬と電気の治療を受けていたそうです。

動かし始めに痛みがでるのと階段の登り降りがつらいとのこと。

うちにいらっしゃった時は左の膝がわずかに曲がらない状態で、膝の内側と足首周辺に圧痛がたくさんありました。

高齢者と階段

初回の施術では動かしやすくなった程度だったそうですが、先程いらっしゃった時に聞いてみたところ施術を受けた2日後くらいから徐々に痛みが消えたそうです。

当初の痛みより3分の1ほどだそうですから、あともう少しですね。

痛みは多くの場合痛みセンサーと脳とのやりとりですから興奮が沈静化した時点で自覚症状はかわります。その場で劇的に変化する場合もありますが、徐々に変化する場合もあります。

痛みは国際疼痛学会の定義では「感覚性、情動性の体験」とあります。視覚化、数値化できませんのでどのように変化するかはなかなか予測できませんから説明に大変苦労します(汗)

Röntgenbild Kniegelenk

年をとれば膝に痛みが無くても関節の変形はあるものです。
関節の変形=痛みではありません。

 

病名がつけられることによって思考が病名中心になってしまい、恐怖や不安から痛みが強くなってしまうことがあります。

痛みの悪循環

痛みの悪循環

ですから痛みが無い方でも膝や腰の関節の変形はあること、変形性膝関節症と病名がついていても痛みから開放される方がたくさんいることなどを考慮してあまり病名にこだわらないようにすることが必要かもしれません。

膝に痛みがある場合膝の内側の少し上、「内側広筋」という筋肉に圧痛がある場合が多いです。その他は関連する場所として患側の親指と人差し指の間(甲の部分)など。押して痛みがある場合、ほぐすことによって痛みが楽になるかもしれませんね。

画像はネットよりお借りしました

画像はネットよりお借りしました

それと平熱が36℃以下の方は痛みが発生しやすいですから、しっかりと体温を作れるようにすること、よく寝て、よく動き、よく温める。

なかなか痛みが改善しない場合は相談ください(^^)

cropped-cropped-cover_img1.png

 

腰部脊柱管狭窄より頸髄圧迫の方が身体機能への影響大きい|2015年_学会レポート|ニュース|Medical Tribune

情報源: 腰部脊柱管狭窄より頸髄圧迫の方が身体機能への影響大きい|2015年_学会レポート|ニュース|Medical Tribune

 

画像上所見のみのLSS診断は禁物

画像上のLSS有病者のうち実際に症状を有する人は1割程度なので,画像所見のみで病気と診断するのは誤り(本文より)

LSS=腰部脊柱管狭窄症

 

画像上脊柱管の狭窄があっても、症状が実際にある方は一割程度だった、というものです。

70歳代の健康な方の六割以上は画像上では脊柱管狭窄症があるというはなしもありますし、画像上脊柱管の狭窄があって神経を圧迫していても症状のない場合心配することはなさそうですね。

これは他の首や膝、腕なども同じで、

膝が痛くないのに変形性膝関節症の方

腰が痛くないのに変形性腰椎症分離すべり症椎間板ヘルニアなどの方

首が痛くないのに変形性頚椎症などの方

たくさんいらっしゃいます。

世の中非常にゆっくりですが確実に変わってきていますから、そういった情報を見て判断し、自分が良いと思える方法を探してくださいね。

rp_41TbfdhLMrL.jpg写真は生理学者である熊澤孝朗先生の「痛みを知る」です。
痛みに関してわかりやすく書かれていますから、興味のある方はどうぞ(^^)

Physiotherapie

もう夏ですね

梅雨時だというのにおかしな天気が続いていますね、日本気候はどうなってしまったのでしょうか。

当院の治療筋肉皮膚などに存在しているセンサーに触刺激を与えて軟部組織(筋肉や皮膚)などを柔らかくする施術方法です。諸説ありますが、何故軽微な触刺激で興奮している痛みセンサー(ポリモーダル受容器)が沈静化するかは分かっていません。

痛みは電気現象です。痛みを含め、触覚、温冷覚等の感覚は電気信号のやりとりによって成立しています。痛みがあるということはどこかで痛みのセンサーが興奮しているということです。変形神経に対する圧迫がエネルギーを生む訳ではありません。
理論的に考えれば、それが痛みの原因ではないことはお分かり頂けると思います。その多くは軟部組織である筋肉や皮膚、靭帯であることが分かっています。

つまり、発生している多くの痛みやしびれは、軟部組織(筋肉や皮膚)由来のものなのです。

例えば、変形性膝関節症。変形があっても痛みがない方とある方がいますが、その差は一体何でしょうか?
これは椎間板ヘルニア脊柱管狭窄症でも同じことが言えます。もし神経を圧迫して痛みが発生するならば、足の裏の神経や、座り仕事の方の坐骨神経は大変なことになるはずです。

しかしそうならないという事を考えると、どんな答えが出てくるでしょう??
つまり、神経を圧迫して起こるのは「麻痺」であり「痛み」ではないですし、変形=痛みではないわけです。

どのような問題にも言えることですが、人から言われたことを「鵜呑み」にするのではなく、常に「自分で調べ、考えて」行動したいですね。

 

夏の時期に注意したいこと

脱水」と「痛み」には深い関係にあります。実際に、暑い時期になると患者さんが増えます。これは体内の水分消失筋肉痛が関係しているためだと考えられています。
大量にをかくことで、足がつるなどの経験をした方は多いのではないでしょうか。

現代は糖質過多ミネラルが足りていない方が多いです。ですから、水分とミネラルの補給は重要になってきます。
暑い日が増え、汗をかくようになれば、水に天日海塩などの塩をひとつまみ溶かして飲むといいでしょう。但し、食卓塩などは生成する際にミネラルが失われていますので、お勧めしません。もちろん食事から摂取するのも忘れずにしましょう。

もう一つ、夏の時期に注意したいことといえば蚊取り線香などの殺虫剤でしょうか。最近では色々なタイプの製品が出ていますね。玄関先などにかけているお家 もかなり見るようになりました。蚊取り線香などに使用されている薬品神経毒です。有機リン系ネオニコチノイドを使った防虫剤、殺虫剤は神経伝達を狂わ せ、体に様々な症状を発生させる可能性がありますから、使用はなるべく控えたいところです。

WS000129

【画像クリックで拡大】

ネオニコチノイドの毒性の説明はサイト「ミツバチからの警告」様より

続く。

bee on echinops

変形性膝関節症と痛み

さいたま市よりお越しのAさん、3年前より右膝の内側に痛みがあります。

医療機関でレントゲン検査したところ、変形性膝関節症と言われました。歩き始める時や、正座した時に痛みが走ります。

来院時少し腫れていましたが、その他は特に問題ありませんでした。

Aさんは反応がよく、その場で痛みが軽減して歩きやすくなったそうです。

・変形しているから痛い

・軟骨がすり減っているから痛い

・関節がズレたり、ゆがんでいるから痛い

・筋力が無いから痛い

これらは間違った考え方、思い込みです。

・13歳から76歳の無症状の膝をMRI撮影し、加齢に伴う半月板の変性と変形性膝関節症との関連を調べた研究では、半月板の変性は加齢と共に増加し、60歳以上では41,7%に内側半月板の断裂を示した。(加茂整形外科様のHPより引用させて頂きました。 http://goo.gl/do7vy9 )

・50歳以上の膝MRI、89%に何らかの異常所見 http://goo.gl/1XsFHH

・変形性膝関節症患者180名を関節鏡手術群、関節内洗浄群、模擬手術群に割付けたRCTによると、関節鏡手術の成績は2年間にわたって模擬手術と同等だった。http://t.co/TbB5ddK

この様に、無症状の膝をMRI撮影してもかなりの効率で「異常所見」が発見されます。変形していても痛みが無い方がたくさんいます。変形していなくても痛い方がたくさんいます。この方々の違いって一体なんでしょうね。

痛みは末端で受け取った刺激を痛みセンサーが電気信号化して神経を通って脳に伝達されます。そこで脳が情報を読み込んで「痛い」と判断してるのです。大抵の場合、膝周囲の筋肉や皮膚、靭帯等の痛みセンサーが興奮してしまい、痛みを発生させています。

あなたの痛みは本当に変形によるものなのですか?

変形=痛み ✕

変形と痛みは別だと思いますよ。なんでも「テレビでやっていたから。」「医者が言っていたから。」じゃなくて、常識を疑って、自分で調べて実践することが大切だと思います。

ストレッチやマッサージ、運動や徒手療法などで痛みから開放されている方はたくさんいますからね。

Radiography of Human Bones

 

治療の感想を頂けました(^^)

本日も治療の感想を頂けました。

Q9
治療についての細かな説明で安心しています
Q10
痛みの原因を知り、自分でコントロールも出来ています。
安心しておまかせしています。
知人にも話のですが説明がむずかしいです。パンフレット等があれば良いかもですね。

Aさんはと右が痛くて昨年末来院されました。3年ほど前より痛みがあったそうですが、整形外科さんでは腰椎すべり症変形性膝関節症と言われていたそうです。来院前に右下肢にしびれがでてきていました。

2回目の治療前にお話を聞くと、8割ほど回復したそうです。肩こりもあるとのことで2回目の治療から肩こりも一緒に治療しています。

本日6回目の治療をしましたが、あと一歩ですね。

Aさん、パンフレットに関しては、「紹介したいけど説明が難しい。」と要望をたくさん頂いていますので、現在作成中です(^^)

もう少々お待ちください・・・。

木を見て森を見ず

本日は膝痛を訴えて来院する方が多かったですね。最近膝痛の方が多く来院しているような気がします。

膝痛で来院する方は何かしら病名が付けられている場合が多いですが、やはり一番多いのは変形性膝関節症という病名でしょうか。その他は鵞足炎だったり、腸脛靭帯炎だったり。

意外と「異常なし」と言われてくる方も多いです。

現代の医療は痛みの原因をレントゲンMRIなどの画像上の変化から決めることが多いのですが、先の記事にも書きましたがレントゲンやMRIなどの画像検査では痛みは写りませんし、そもそも関節の変形などは年をとれば普通に見られます。

以前米国マサチューセッツ州でレントゲン所見で変形性関節症を認めない50歳以上の方の膝についてMRI(磁気共鳴画像診断検査)を行い、変形性関節症の有病率を観察したところ、骨棘軟骨損傷などの有病率は実に89%だったという研究が行われています。http://www.nanbyo.or.jp/update/bunken/2012/bunken_0030.html

年をとれば皮膚に皺ができますが、皺ができたからといって大騒ぎするでしょうか?(女性はするかもしれませんが・・・)年をとれば骨だって関節だって変化するのですよね。

大分話が脱線しましたw

膝に痛みを感じているからといって、必ずしも原因が膝にあるとは限らないのです。

本日の患者さんお二人を例に出しますと、お一人は膝自体には大した所見もなく、腰に伸展制限や筋肉の圧痛が見つかりました。もう一人は膝に変形があって、屈曲と伸展の制限がありましたが、患側の中足部に強い圧痛がありました。幸いお二人共その場で症状が改善しました。(全員がすぐに良くなるわけではないですけどね)

原因のある場所と違う場所に発生する痛みを関連痛と言います。胃がおかしいと背中が痛くなる、心臓に異変があると左肩や手に痛みが発生するなどとはよく聞くとは思いますが、筋肉や皮膚、靭帯が異変を起こしても関連痛というのは発生します。これはかなり多いのではないのでしょうか。

ですから、痛いと思っていた場所を治療してもなかなか良くならない場合、関連痛も疑ってみてくださいね。それと関節や神経ばかりでなく、一応筋肉や皮膚の異常も疑ってみてくださいw

木を見て森を見ずという言葉があります。

事物の末梢的部分にこだわりすぎて,本質や全体をとらえられないことのたとえだそうです。

不安恐怖が強いと治りにくい

さいたま市よりお越しのAさん、3年前、足を挙げた時より腰痛と右膝に痛みがありました。病院で検査をした所、腰はすべり症、膝は変形性膝関節症と言われています。最近になり右足にしびれが発生するようになっていました。体が疲れると症状が強くなります。

腰は痛みのためか横に傾いていました。可動域は伸展のみ制限されていましたが、神経脱落症状はありませんでした。膝は少し伸展制限があるのと、ももの筋肉が硬くなっていました。

Aさんはとても反応が良く、2回目の施術前にお話を聞いた所、最初に比べて約8割の症状が消失したそうです。その後肩こりもあるとのことで現在肩こりの治療も同時にしていますが、反応は良好です。

すぐに痛みが引いていく方とそうでない方がいます。この差は一体何から生じるのでしょうか。

急性痛や急性痛が長引いたものであれば特に苦労なく治ることが多いですが、痛みそのものが病気の状態、慢性痛症になってしまった場合、色々とやらなければいけないことが出てきます。生理学者の熊澤先生は痛みの知識習得が大事だと述べていますし、私もそう思います。(ここでの慢性痛症とは期間が長引いただけのいわゆる慢性痛とは意味合いが少し違います)

間違った認識のまま恐怖不安でいると治りにくいですよね。

このブログでも何度か書いていますが、痛みの知識を習得して患者さんの不安が軽減すれば治療の半分は成功なのです。痛みに対する余計な不安や恐怖が痛みを強くしているのですから。

膝の痛み

膝の痛みを訴える方は多いですね。

春日部市よりお越しのAさん。数年前より両膝の内側に痛みがあります。変形性膝関節症といわれてます。

来院時外から触ってまあ、変形はありました。可動域の障害は曲げるのが少しできなくなっています。これだと正座はもう厳しいでしょうか。後は内転筋部、四頭筋部に筋肉の硬結と圧痛を認めました。

この方は反応が良く、その場で痛みが改善して歩きやすくなったそうです。そのまま1回で痛みが治まるかもしれませんし、後数回施術が必要かもしれません。

膝の変形が必ずしも痛みにつながるとは限りません。

痛みは皮膚や靭帯関節包、筋肉などの軟部組織にあるポリモーダル受容器という痛みセンサーの興奮で発生することが多い事が分かってきています。

この痛みセンサーの興奮を抑えれば痛みは無くなっていく事が多いですよ。方法は何でも良いのです。うちの方法でも良いし、マッサージ、ストレッチ等、柔らかくなれば良いのですから。

筋肉のコリでも力が入らなくなる

さいたま市からお越しのAさん。明け方右肘の痛みで目が覚めました。来院時右肘外側の痛みと、右手の握力低下を訴えていました。最近字を書くことが多く、手が疲れていたそうです。

肘と手首の動く範囲が少し健康な方に比べて低下していました。右肘外側と母指、人差し指周囲の筋肉に圧痛がありました。

その場でモミモミマッサージしたら楽になったそうです。筋肉のコリが原因の症状ですね。筋筋膜性疼痛症候群(MPS)などといったりするのでしょうか。その後矯正したら更に楽になり、握力も回復しました。

筋肉が凝っていたり、関節間の連携が悪くなっていると力が入りづらくなったり、力が抜ける事はよくあります。例えば肩こり五十肩テニス肘などでは手指に力が入りづらくなることはよくあることです。

脚であれば膝痛(変形性膝関節症など)の方は膝崩れ現象(力が抜けてカクっとなること)、腰椎椎間板ヘルニア母趾背屈力低下などです。

これらは筋肉や関節間の問題が原因で起こることが多いですから、神経の問題ではないことが多いです。もちろん本物の神経の症状の場合がありますから、注意深く観察しなければですが。

なんでもかんでも神経のせいにしないことです。筋肉のコリでも脱力は発生します。

 

施術時間等のお知らせ

電話での問い合わせは多いですが、よく質問される事について説明します。

○当院は予約制ではありません。来院する際は診療時間内にお越しください。なお、初診の方は受け付け終了30分前までに受付していただくと助かります。

○施術時間は下図の通りです。

img1

たまに勉強会などでお休みを頂くことがありますので、最新の情報はオフィシャルホームページで確認いただけますと幸いです。http://s621.com(ページ最下部にカレンダーが表示されています)

○当院の治療方法について

皆さんが経験している多くの痛みしびれは侵害受容性疼痛といって、筋肉や皮膚、関節靭帯や関節包などに存在する「ポリモーダル受容器」の興奮によって発生しています。当院の治療はこの痛みセンサーであるポリモーダル受容器に特殊な刺激で働きかけ、興奮を沈静化して痛みやしびれを取り除く治療方法です。

治療時間は5分ほどで、極微弱な触刺激を皮膚に与える施術ですから「触られているだけ」の感じしかありません。よくあるバキバキボキボキする矯正術や、強い刺激のある治療方法ではありませんので、治療に刺激を求める方や、長い時間の施術を求める方には向いていません。

○当院の治療対象

オフィシャルホームページにも掲載されていますが、

当院で治療対象になるのは

***************************************************************************************************

痛み・しびれ・いわゆる神経痛脱力拘縮コリなど

緊張性頭痛偏頭痛肩こり五十肩肩関節周囲炎腱板炎むち打ち(鞭打ち)・ルーズショルダー胸郭出口症候群など、手の痛みやしびれ

腰痛(腰椎分離症腰椎すべり症変形性脊椎症椎間板ヘルニア・脊柱管狭窄・坐骨神経痛)など体幹部の痛みやしびれ

変形性関節症変形性膝関節症変形性股関節症など

その他原因のはっきりしない痛みやしびれ

筋筋膜性疼痛症候群(MPS:Myofascial pain syndrome)

婦人科領域の諸症状(産後腰痛生理痛月経前症候群など)

***************************************************************************************************

対象にならないのは

神経障害性疼痛(CRPS TypeⅡなど)

内臓からの痛み・悪性腫瘍・化膿性関節炎等

***************************************************************************************************

わからないことがある場合は電話でお問い合わせください。

レントゲンで異常がない膝痛が増えている

アメリカ症候性変形性膝関節症の急増が年齢、肥満に関係するかを研究。膝痛がある方は年齢、BMIとは関係なしに、過去20年間で大幅に増えたが、肥満は原因の極一部に過ぎない事が示唆された。症候性変形性膝関節症は急増したが、レントゲン検査上の変形性膝関節症は増えていなかった。

Annals of Internal Medicineよりhttp://annals.org/article.aspx?articleid=1033191

***********************************************************************************************

NHANES研究参加者では膝の痛みの年齢とBMI調整、有病率は1974年から1994年まで非ヒスパニック系白人とメキシコ系アメリカ人の男女、アフリカ系アメリカ人女性で約65%増加した。

FOA研究参加者におけるX線上の変形性膝関節症有病率の頻度では差は見られない。年齢、BMI補正後、膝痛や変形性膝関節症の有病率は10%~25%減少した。

膝の痛みの有病率は年齢、BMIとは独立し、この20年間で大幅に増加していることを示唆している。症候性の変形性膝関節症は増加したが、X線上の変形性膝関節症は増加していない。

***********************************************************************************************

肥満と変形性膝関節症の痛みはよく言われていますが、実は原因の極一部の可能性であるということですね。

極端に重たければ筋肉や靭帯に負荷はかかるでしょうから痛みは発生しやすいような気がしますが、どうでしょうかね。

ヒアルロン酸もはや推奨せず【米国整形外科学会】

米国整形外科学会(AAOS)は6月4日、変形性膝関節症治療に関する診療ガイドラインの改訂版を発表し、ヒアルロン酸の使用を推奨しないと明記した。

変形性膝関節症は摩擦による軟骨の消耗が原因の関節炎として知られ、65歳以上に発症することが多い。

米国では約3300万人が変形性関節症にかかり、身体障害の主因になっている。

http://newsroom.aaos.org/media-resources/Press-releases/aaos-releases-revised-clinical-practice-guideline-for-osteoarthritis-of-the-knee.htm

そうなんですね。

これはお隣アメリカでのお話ですので、お間違えのないようにお願いしますよ。

研究が進むにつれて変わっていきますね。

10年後、20年後の痛み医療はどうなっているでしょうか。

中高年の膝関節、89%に何らかの異常

レントゲン撮影で変形性膝関節症の所見がない50歳以上の710人を対象にMRIによる膝の異常検出を検証した所、異常所見は89%で見られ、高齢者層で多かった。http://www.bmj.com/content/345/bmj.e5339

年をとるとほとんどの方に関節に何らかの異常が発生するのですね。それが必ずしも痛みとは結びつかないわけですが。

変形性膝関節症と言われていても、痛みが無い方はたくさんいます。

変形が無い方でも痛みがある方はたくさんいます。

ストレッチや運動、整体やカイロプラクティク、治療院での施術で痛みが無くなる方がたくさんいます。

この差は一体どこから生じるのでしょうね。

軟骨がすり減ってレントゲン上は変形性膝関節症でも、痛みの原因は実は筋肉や靭帯のものだった、なんてことは非常によくあることです。

しつこい痛みとサヨナラして、登山や運動を再開しましょう!

変形性膝関節症が急増したが・・・。

症候性の変形性膝関節症が増加

米国で変形性膝関節症の急増が年齢と肥満に関係するかを研究。ひざ痛有病率は年齢、BMIとは無関係にこの20年間で大幅に増加し、肥満は原因の極一部に過ぎない事が示唆された。症候性変形性膝関節症は急増したが、レントゲン上の変形性膝関節症にこの傾向は見られなかった。http://annals.org/article.aspx?articleid=1033191 (annals of internal medicineより)

この20年間で膝の痛い方は急増したが、肥満は原因の極一部で、レントゲン上の変形性膝関節症は変化が無かった、ということですね。

勉強になりますね、私も痩せなくて良さそうですw

レントゲン上変形があっても痛くない方はたくさんいます。そもそも痛みは電気現象ですから、電気信号が発生しなければ痛みは発生しないと思います。(痛みセンサーの興奮)

ということはどこかで電気信号が発生しているということになりますが、多いのが関節包や靭帯、筋肉、皮膚に存在している侵害受容器、つまり痛みセンサーの興奮です。(侵害受容性疼痛)ですから、色々な治療をしても痛みが消失する方がいるわけです。筋肉の緊張がとれれば楽になるわけですから。

変形や軟骨の摩耗自体は電気エネルギーを生み出すわけではありませんから、それが痛みにつながるとは考えにくいわけです。

膝の痛みを抱えている方は大抵膝周囲の筋肉が硬くなったり、押すと痛みがあります。(トリガーポイント)これを柔らかくすることで、痛みが和らぐ方がたくさんいますよ。

家庭でできる対処であれば、膝周りの筋肉をマッサージすること、ももの筋肉をストレッチすることですね。後は痛くてもできる限り日常生活動作を維持して歩いてみる事が大事だと思いますよ。