施術の感想をいただけました(^^)

本日も施術の感想をいただけましたので紹介します。
痛みで悩んでいる方は参考にしてみてはいかがでしょうか。

いつの頃からか、腰から右足のつけ根辺りの痛みを感じるようになり、数年前からは痛みの為、続けて歩行することが困難な状態となりました。
途中で休み休み、ようやく目的地に辿り着くありさまで、日常の買い物中でも何度も店内で休憩をとらないと買い物が終われませんでした。
知人からの紹介により、当接骨院を知り、治療をしていただきました。
加齢の為とあきらめておりましたが、従来の腰痛の捉え方も変えることができました。
数回の治療で痛みがすっかり軽減し、おかげさまで日常生活から苦痛が消え、快適な日々となっております。   NMさん

素晴らしい感想をいただきましてありがとうございました(^^)
改善して良かったですね。

Nさんは10年も前から痛みに悩まされていたそうです。整形外科レントゲン撮影し坐骨神経痛変形性腰椎症の病名をもらい、加齢からでもう治らないと説明されたそうです。うちに通院していた患者さん達から紹介されていらっしゃいました。

初回右側にかなりつよく傾いていました。疼痛性側弯ですね。
それとアチコチに筋肉の圧痛がありました。
初回の施術には反応があまり良くなく、2回目の治療後痛みが半分ほどになり、本日5回目の施術でしたが痛みが全く出ない時間が増えたとのこと。
楽に生活できているようでとても嬉しそうにお話いただきました。

Nさん痛みが改善して良かったですね。
それにしても10年は大変だったでしょう。

危険信号レッドフラッグ)の無い腰痛にレントゲンやMRIなどの画像検査は無効と言われていますし、腰痛がある方にも無い方にも画像上の変形や神経に対する圧迫は普通に見られるものです。

これだけネットが発達して情報が手に入りやすくなってもなかなか痛みに対する考え方って変わっていかないんですよね。どうしてでしょう?不思議でなりません。

まだまだ考え方が変化していくには時間がかかりそうですから、先に患者さん側が変わって対処した方が早く改善しそうですね。

痛みを知るための本としてうちが今オススメしているのは伊藤かよこ先生の「人生を変える幸せの腰痛学校」ですね。

どこへ行っても良くならない場合、良くならない理由が何処かにあるはずです。
それを見つけるヒントになるかもしれません。

***************************************************************************************************
【おおしま整体院(接骨院)のご案内】

【施術時間】
午前9:00~12:00 午後14:00~18:30(土日は17:30) 水曜定休その他都合でお休み

【場所】
埼玉県蓮田市末広2-1-2
JR宇都宮線(東北本線)蓮田駅西口徒歩1-2分、ダッシュ30秒

【電話】
048-764-1190

初めての方へ 
施術時間アクセス(駐車場8台分あり)
患者さんの喜びの声
施術費用
施術者紹介
よくある質問など

※予約制ではなく来院してお待ち頂いた方から順番で施術をしています。
予約制かどうかの電話は必要ありませんので施術時間内にご来院ください。
また「いつが混んでいるか?」と度々質問をされますがいつが混んでいるかはわかりません。
※保険診療でできることには限りがあり、より良い施術を提供したいという思いから当院では保険診療は行っておりません。

腰部脊柱管狭窄より頸髄圧迫の方が身体機能への影響大きい|2015年_学会レポート|ニュース|Medical Tribune

情報源: 腰部脊柱管狭窄より頸髄圧迫の方が身体機能への影響大きい|2015年_学会レポート|ニュース|Medical Tribune

 

画像上所見のみのLSS診断は禁物

画像上のLSS有病者のうち実際に症状を有する人は1割程度なので,画像所見のみで病気と診断するのは誤り(本文より)

LSS=腰部脊柱管狭窄症

 

画像上脊柱管の狭窄があっても、症状が実際にある方は一割程度だった、というものです。

70歳代の健康な方の六割以上は画像上では脊柱管狭窄症があるというはなしもありますし、画像上脊柱管の狭窄があって神経を圧迫していても症状のない場合心配することはなさそうですね。

これは他の首や膝、腕なども同じで、

膝が痛くないのに変形性膝関節症の方

腰が痛くないのに変形性腰椎症分離すべり症椎間板ヘルニアなどの方

首が痛くないのに変形性頚椎症などの方

たくさんいらっしゃいます。

世の中非常にゆっくりですが確実に変わってきていますから、そういった情報を見て判断し、自分が良いと思える方法を探してくださいね。

rp_41TbfdhLMrL.jpg写真は生理学者である熊澤孝朗先生の「痛みを知る」です。
痛みに関してわかりやすく書かれていますから、興味のある方はどうぞ(^^)

Physiotherapie

生活習慣病としての痛み

さいたま市よりお越しのAさん、5ヶ月前より左のお尻から足にかけて痛みとしびれがあります。MRI上は腰椎が変形していて、変形性腰椎症坐骨神経痛と言われたそうです。

当院受診時、痛みのために体が曲がっていたのと、腰が少し浮腫んでいる位で神経脱落症状はありませんでした。あちこちに筋肉の圧痛があります。

先日2回目の施術にいらっしゃいましたが、治療前に話しを聞いたところ、良くなってきたそうです。

腰椎が変形していても痛みがある方と無い方がいますが、この差は一体なんでしょうか。

ある研究によると、腰痛患者200名と健常者200名の腰のレントゲン写真を比較した結果、腰痛患者の20%に、健常者の34%に脊椎の変形が認められたそうです。Fullenlove TM & Williams AJ:Radiology, 1957

変形性腰椎症と言われている方でも痛みが楽になる方はたくさんいます。変形が痛みになるとは考えにくいんですよね。

痛みの多くは筋筋膜性疼痛症候群です。

筋肉が酸欠になってしまって痛みのセンサーが興奮してしまった状態です。

なぜ酸欠を起こすのか。

糖質の過剰摂取、仕事のし過ぎ、睡眠不足や人間関係でのストレスなど、交感神経ばかり緊張している時間が多すぎなんですよね。交感神経の緊張が頻繁に、過剰に行われると筋肉などの組織が酸欠になります。緊張すると手や足先が冷たくなる経験をした方は多いはずです。

その結果が痛みやしびれとなっているわけですね。

要するに痛みやしびれは多くの場合が生活習慣によって引き起こされているわけです。

治療に通って痛みをとるのもいいですが、痛みが発生してしまった生活習慣を見なおして、体を労ってあげることも忘れないで下さいね。

House of paper in hand

ナゼ腰痛は減らないのだろう

厚生労働省国民生活基礎調査によると、腰痛の有病率は年々増加し、約30年前の約1,5倍にまで増えているそうだ。

ナゼ腰痛を抱える方は増えていくのだろう?

世の中には腰痛で苦しんでいる方が大勢いる。原因は様々だが、変形神経への圧迫が痛みの原因であると洗脳され、刷り込まれていることに気がついていない。

ナゼ皆さんは腰痛有病率が年々増加しているのを考慮しないのだろう?ナゼ骨の変形や神経への圧迫で痛みが発生していると言われながらもストレッチマッサージ徒手療法、読書で痛みの知識を得ることなどで改善する方が多いことを考慮しないのだろうか。

ナゼ皆さんは腰痛が生物学的損傷(変形性腰椎症腰椎分離すべり症椎間板症腰椎椎間板ヘルニア腰部脊柱管狭窄症等)などと考えてしまうのだろうか?

ナゼそうなるのか?ナゼ人から言われたままを信じこんでしまうのだろうか?

痛みが起きるには原因があり、根本的な問題は皆さんの生活の中にある。しかし皆さんは根本的な原因究明ではなく、表面上起こった痛みにしか興味がないし、人から「治してもらおう」などと思うからなかなか解決できないのだ。

タンザニアのハザ族の人々は、打撲などの怪我以外で腰が痛くなることが無いらしい。彼らは1日平均15キロを移動しながら狩猟をしているそうだが、彼らにあって私達にないものはなんだろう。

どの問題にしてもそうだが、人が言っていたことを鵜呑みにしていないで、自分で調べ、考え、行動する必要があるのではないか。

Monument Valley