経験しなければわからないこと

春日部市よりお越しのAさん(50代男性)、右肩の痛みと可動域障害右上肢痛に悩んでいます。 レントゲン検査したところ、頚椎椎間板狭小化がみられたそうです。

首や腕の筋肉を押すとあちこちに痛みを訴えました。健康上腕リズムもかなり低下しています。斜角筋棘下筋を圧迫したら右手の痛みが再現できました。

治療に対する反応はとてもよく、すぐに肩は挙がるようになりました。手の痛みが少し残りましたが、これも徐々にとれるでしょう。

加須市よりお越しのBさん(40代女性)、数カ月前より右肩の痛みに悩んでいます。レントゲン検査したところ、石灰沈着性腱板炎と言われたそうです。この方も全身あちこちに圧痛が有りました。健康上腕リズムもかなり低下していました。

治療に対する反応は痛みは改善したのですが、可動域は少し改善したにとどまりました。

徐々に改善するでしょうが、様子をみたいところです。

どこの痛みやしびれでもそうですが、すぐに改善する方とそうでない方がいます。ですが大抵の場合、痛みの改善があると安心して良くなっていくものです。痛みに対する恐怖や不安が痛みを増幅させたり、治りづらくしていますから。

痛みの本態は筋肉や靭帯関節包、皮膚などの痛みセンサー(ポリモーダル受容器等)の興奮であることが非常に多いのですが、これが意外に知られていないのです。

ですから施術して改善があると驚く方が多いです。自分が思い込んでいたものとは全く違ったわけですからね。

色々な治療してもなかなか改善しない場合、原因は筋肉や靭帯にあるかもしれませんね。